「ギター弾きの恋」のネタバレあらすじ結末

ギター弾きの恋の紹介:1999年公開のアメリカ映画。ジャズ黄金時代に、自堕落的な生活を送るギタリストの恋の行方を描いている。監督・脚本はウディ・アレンが務め、ショーン・ペン主演で贈る作品。アカデミー賞ではショーン・ペンが主演男優賞に、サマンサ・モートンが助演女優賞にノミネートされた。

この映画を無料で観る

ギター弾きの恋の主な出演者

エメット・レイ(ショーン・ペン)、ハッティ(サマンサ・モートン)、ブランチ・ウィリアムズ(ユマ・サーマン)、アル・トリオ(アンソニー・ラパーリア)、ビル・シールズ(ブライアン・マーキンソン)エリー(グレッチェン・モル)ミスター・ハインズ(ジョン・ウォーターズ)

ギター弾きの恋のネタバレあらすじ

【起】- ギター弾きの恋のあらすじ1

エメット・レイは無名のギタリストで、1930年代のごく一時期に活動し、RCAからレコードを出しました。伝説のギタリストのジャンゴ・ラインハルトの継承者として、ジャズ愛好家の間で知られる人物です。
著名人は、彼を派手好きの変人と語ります。世界で2番目に輝いていて、1番のジャンゴはエメットにとっても憧れる人物です。
エメットは彼と2度出会ったことがあり、2度とも失神をしました。恋人のハッティとのロマンスも有名で、彼はシカゴで演奏をしていました。
エメットと契約した店は、彼が中々出番になっても来なくて怒り心頭です。何をやってるかと言えば、賭けビリヤードをしていました。
裏の顔として、娼婦の元締めもしていたエメットは、今日の稼ぎを女性に渡すように頼みます。30ドルぼっちで文句を言っていると、呼び出されて演奏に行きます。
待ちぼうけしていた客たちの前に現れ、エメットの演奏が始まります。彼の演奏の前に客たちは聞き入り、美しい音色から盛大な拍手を贈ります。
エメットの趣味は銃でネズミを撃つことでした。ネズミが溜まっているゴミ溜めに行って、仕留めるのです。
アメリカにレコーディングに行った時、手癖の悪いエメットはH・カーマイケルの目覚ましを盗もうとします。他にも欲しいわけでもないのに、パーティで盗んでは捨てるといった行為をします。
ある時、エメットは三日月に乗ってステージに出ることを考えます。自費で月を作ってもらい、派手に登場したいのです。
賭けビリヤードの相手に、三日月のロマンを語るエメットでしたが、あほくせぇと言われます。ジャンゴを除けば、自分は大物で洒落ているとエメットは自負します。
さて、三日月が完成してセットしますが、落ちたら首の骨が折れるかもしれないと危険性を説明されます。びびってしまったエメットは、いざ出番の前になると緊張してカチコチになります。
あまりに不安なので、ポケットに銃を持ってくる始末です。中々登場しないエメットに、客たちはやっぱり待ちぼうけです。
酒を飲んで気は紛れますが、体はガチガチしながら月に乗ります。左右にぶんぶん揺れてますが、バンドメンバーが見守る中、乗ることに成功です。
しかしまあ、ひどい登場となり、客たちはシーンとなっています。ひどく横に揺れながら、結局自分で早めに降りてきたような登場です。
演奏を始めると、上から月が降ってきて凄い音がします。夢はいつか終わるものだと、言い聞かせながら、エメットは月をボコボコにして焼き捨てます。 この映画を無料で観る

【承】- ギター弾きの恋のあらすじ2

ハッティとの出会いは、エメットがドラマーのビルと海岸にナンパしに行った時です。二人がナンパしても、海岸の女性たちは振り向くことはありません。
そんな中で、グレーシーとハッティの二人が笑ってくれます。これはイケるぞと、エメットとビルはどっちをいただくか相談します。段々譲らなくなり、コインで決めることにします。
エメットはハッティに、ビルは赤毛でボインなグレーシーに決まります。二人が追いかけて声をかけ、一緒に観光することになります。
誤算だったことに、ハッティは喋ることができませんでした。エメットは休日なのに喋れないとは、退屈で仕方ありません。貧乏くじをひいたと嘆き、ビルに交換してくれと頼みます。
グレーシーから聞くところによると、ハッティは子供の時に高熱を出したことから、口が聞けなくなり、頭も悪くなってしまいました。エメットに何か伝えようとメモに字を書いても、ミミズの字で読みづらい状態です。現在は洗濯屋の仕事をしています。
エメットはジャンゴ以外を除けば、自分が天才ギタリストであることをハッティに語ります。今度ショーを見に来るかと言うと、ハッティは笑顔になります。
グレーシーとビルがいちゃつく中、エメットはハッティにネズミ撃ちを教えます。銃を嫌う彼女に、エメットは仕留めたところを自慢します。死んだネズミは、グレーシーにひょいっと投げてやります。叫ぶグレーシーでした。
ギターを聞きに来ないかと、エメットはハッティをホテルに誘います。目的はもちろんあれですが、ハッティはそれ以上に興奮していました。
エメットはぐいぐい脱がされ、なすがままとなります。ナイスボディなハッティを褒め、その後約束のギターを弾いてあげます。服を着るハッティは、その美しい音色をただただ聞き入っていました。
ショーを見に来たハッティは、お店で食べまくります。そんなハッティに、エメットは服を買ってあげたり、一緒にビリヤード場に連れて行ったりします。
夜は同じ布団で過ごし、エメットは昔話を語り始めます。父は軍人でソリが合わず、殴られました。そして窒息死でコロリと死にました。
母はもうイカれて死んでるはずです。ただ、母の歌う歌は最高でした。ジャンゴには負けます。彼の曲は涙なしには聴けませんでした。
次の演奏会で、エメットは女性から声をかけられます。演奏が終わると、エメットは野暮用があるから、今日は一人で帰れとハッティに言います。ハッティはスネてしまい、仕事なんだよとべたべたすんなとエメットは言います。
女性たちと飲んで遊んで、翌朝目を覚ますとどこか分かりません。どうやらペンシルヴェニアの山の中のコテージでした。
タクシーを拾って帰らねばと急ぎますが、さすがに4日も行方不明となって仕事をクビになります。せめてタクシー代をよこせと、900ドルを掲示します。
ハッティに事情を説明しますが、怒っている様子です。エメットはそもそも結婚もしていないのに、話す義務はないと逆に突っぱねます。
これでお別れでいいじゃないかと言うと、ハッティはむっつりして泣き出します。困ったエメットは、ついてくるなら働けと言います。

【転】- ギター弾きの恋のあらすじ3

ハリウッドの映画に出る話しを受けていたので、エメット一行は車に乗って向かいます。途中、ハッティにタイヤ交換をさせます。ギタリストは手が大切だからと偉そうな態度で、気楽にギターを弾いてるエメットでした。でもハッティは嬉しくて仕方ない様子です。
車を走らせてると、何やらアマチュアコンテストならぬ看板を見かけます。賞金が100ドルでると書いてあり、エメットは飛び込んでやろうと思いつきます。
コンテストでは、ノコギリ演奏者や、鳥の物真似をする人などが登場します。エメットの出番になって、小鳥の餌のセールスマンになりすまします。
得意なのはギターだと言い、何度か習っただけとアマチュアっぽさを説明します。ただ、演奏は手加減ができないため、観客たちは拍手喝采をします。
コンテストが終わり、焚き火をしながら、エメットはハリウッドで大スターになる夢を見た話しをします。ゴージャスな女優に云々と言い出すと、ハッティがむくれます。
エメットの恋愛観は、愛すれど追わずです。今まで美女と別れても、未練はありません。油断してしまうと、女の食い物にされるのが目に見えています。愛に溺れれば、アーティストは終わりなのだと語ります。
ハリウッドに到着し、オール・オブ・ミーの演奏シーンのバッグで弾くことになります。目立とうとするエメットでしたが、その様子を見ていたハッティが映画監督にスカウトされます。
監督はメイ・タルマッジの主演作を撮影していて、ハッティがそっくりだったのです。ぜひ妹役にと、ハッティは頷いてしまいます。
30秒の短いシーンなので、喋れなくても大丈夫です。しかし、そんなハッティに白羽の矢が立ちます。エメットがカチンときてしまったのです。
ハッティは化粧をされまくり、ラブシーンを演じることになります。口を大きく開けてキスする大物俳優に、30回もキスされてポーっとなります。それからエメットはハリウッドに見向きもしなくなります。
エメットたちは東部に戻り、マネージャーが仕事をもってきて商売繁盛となります。大恐慌で失業者があふれる中、RCAと契約して、メランコリー・ベイビーや夢で会おうを録音します。
服や食事など使いすぎにより、このままでは破産する恐れが出てきます。老後なんて救済センターに行くことになると注意をされます。
エメットはハッティに今日から節約だと言い出します。ハッティが誕生日だからと、プレゼントを渡してきます。
手を守ることを考えてくれたのか、プレゼントはヤギ皮の手袋でした。前から欲しかったエメットは、今日だけは大目に見ると感動します。
ハッティのメッセージカードには、一緒に生活して1年になるとミミズの字で書かれていました。食あたりか胃が痛くなったと、エメットはトイレに行きます。
ある日、車を売ったにも関わらず、4000ドルの車が欲しくなったエメットです。マネージャーのシドに金を借りようとしますが、駄目だと断られます。
シドがクラブの演奏の時、エメットにある冗談を仕掛けます。それは出番前に、ジャンゴが最前列に来ているとエメットに知らせるものでした。
舞台に呼ぼうとなり、エメットはそそくさと二階に上がっていきます。シドはメンバーに、ちょっとまてと、ただ似た男がきただけと、エメットの反応を見ようとウシシです。
エメットがどうなったかというと、病的なほど怯え始め、屋上から逃げ出します。2回も失神したので、無理もありませんでした。
隣のビルにジャンプしたエメットは、天井が崩れてアパートの部屋に落下します。するとそこは、偽札偽装団のアジトでした。団員は恐れたのか逃げ出し、その金でエメットは車を買うことができます。ハッティにはプレゼントを贈り、食事にも連れて行ってあげます。

【結】- ギター弾きの恋のあらすじ4

ある日、エメットは500ドルを置いて、夜明けに出ていきます。ハッティとの別れはチクリと痛みますが、未練はないと語ります。
語る相手は良家の令嬢のブランチです。彼女には手癖が悪いところを見られて知り合いました。作家でもあるブランチは、エメットとの会話から詩を書き留めていきます。
汽車が走る傍で、エメットはブランチに自分のことを話します。18歳の時に金が無くて、売春宿に転がり込みました。そこの女主人が母の友人だったのです。
ブランチは娼婦の元締めをしていた彼を裏社会の達人だと思います。また、汽車に惹かれる理由も尋ねて、そして二人は結婚することになります。
ただ、二人の結婚は衝動的なもので、共通点は派手な服だけです。エメットは寝言でハッティの名前を叫び、ジャンゴの曲で泣きます。
ギクシャクし始め、破局は目に見えていました。文無しになって怒り出すブランチは、本のネタ探しに没頭し、ジャンゴの話しをエメットに持ち出します。彼ならばこう弾くなど言い出し、エメットはプレッシャーになるから止めるようにと二人の揉め事は尽きませんでした。
エメットのサボリ癖から、ボスのペドローはカンカンでした。ブランチが謝罪しにいくと、最後のチャンスを与えてくれます。
ペドローには、用心棒のアル・トリオがついていました。アルはブランチに以前から見とれていて、言い寄ってきます。悪党をバラすなんて軽いもんだという彼に、ブランチは体を許してしまいます。
エメットの耳に、アルとブランチが密会していることが入ります。信じようとしませんでしたが、町中の噂になっていて、エメットは笑いものとなっています。
ある日のこと、歯医者に行くといったブランチの後をつけることにします。二人が映画館に入るところを目撃して、エメットはその間に車の中に忍び込みます。
戻ってきた二人は、今度はドライブに行くつもりです。車内での会話から、エメットは二人が愛人同士と知って頭にきます。
給油所に寄って、二人は店の中に入っていきます。エメットはどっちを撃つべきか考えていると、強盗が店で銃を乱射して出てきます。
そんでもって、強盗は間違えてエメットのいる車に乗り込んで逃亡を図ります。警察に追われて、激しい銃撃戦になります。
強盗は射殺され、車は路肩にぶつかります。二人に復讐しようと銃を持ってる状態で、エメットは自分がアーティストであることを説明しながら車外に出てきます。
ただ、違う説もあります。エメットに関する話は、捏造が多く信用できません。
給油所に停まった時、エメットがブランチに詰め寄った説があります。浮気を追求して、自殺しようとします。しかしエメットが自殺するとは考えにくいです。
もう一つの説は、アルとブランチが店に入り、アルが強盗へと変貌します。銃声を聞いて驚いたエメットは、運転席に乗り込んで逃亡します。
しかし、出てすぐのところで衝突事故を起こします。相手の車から出てきたはジャンゴで、エメットは失神します。
エメットがニュージャージーで、レコーディングをすることになった話しがあります。洗濯屋に行くと、ハッティがベンチに座って食事をとっていました。
元気かとエメットが話しかけ、黙って去ったことを謝ります。潮時であり、身を固めない主義なんだと言い訳を繰り返します。
自由に生きればいいじゃないかと言い出し、寝言でハッティの名前を呼んでいたことも明かします。女房と別れたことも伝え、ハッティのことは嫌いじゃなかったんだと言います。
クラブと高いギャラで契約したから、ニューヨークに一緒に来ないかとハッティを誘います。先は約束できないし、メンバーも一緒だけれどと説明します。
ハッティはミミズの字で書いた紙を渡します。エメットは結婚したのか?子供は?と聞きます。来ても良いけど、三角関係はやばいなあと呟きます。
エメットは部屋で一人酒を飲み続けます。デートしている女性に、無理矢理汽車を見に行くぞと連れていきます。
彼女は帰りたい様子で、エメットはギターを弾きます。終わったならさっさと帰るわよと言われ、エメットは失せろと声を荒げます。彼は自分が間違っていたと、馬鹿だったとギターをぶち壊します。
それからエメットの消息は分かりません。最後に出したベスト盤のレコードは感動ものです。ジャンゴの高みへと上り詰めますが、表舞台から消えました。
ギターを辞めた説もありますが、救いなのは最後の録音が残っていることです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、エメットがハッティに復縁を求めに会いに行く場面です。ハッティの紙に何が書かれていたのか気になるシーンです。自分でも気づかないうちに、ハッティの大切さに気づいたエメットの悲しみが何とも言えない気持ちをもたらします。二人の演技は素晴らしく、特にサマンサ・モートンの言葉を喋らずに、ここまで可愛らしさを伝えてくれるのは圧巻です。
ジャズ黄金時代と呼ばれた1930年代を、忠実に再現したセットや衣装も素晴らしいです。ディック・ハイマンの音楽も素敵で、美しい音色に観客が聞き入る理由も分かります。全体を通して、エメットとハッティの悲恋が強く描かれている作品です。悲しくも面白く、切なくも胸打たれる映画として、お勧めできます。

映画の感想を投稿する

映画「ギター弾きの恋」の商品はこちら