「スウィート・ノベンバー」のネタバレあらすじ結末

スウィート・ノベンバーの紹介:2001年公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンが共演する恋愛映画。仕事一筋の男が自由奔放な女に出会い、恋をしたことで変化する様子を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

スウィート・ノベンバーの主な出演者

ネルソン・モス(キアヌ・リーブス)、サラ・ディーヴァ(シャーリーズ・セロン)、チャズ・ワトリー(ジェイソン・アイザックス)、ヴィンス(グレッグ・ジャーマン)、アブナー(リアム・エイケン)、アンジェリカ(ローレン・グレアム)、ブランドン(マイケル・ローゼンバウム)

スウィート・ノベンバーのネタバレあらすじ

【起】- スウィート・ノベンバーのあらすじ1

ネルソンは上司・ビンスの下で働く仕事一筋のエリート広告マンです。恋人・アンジェリカに両親と会ってくれと言われても、仕事を優先しました。
ある日ネルソンは自動車免許更新のために運転試験場を訪れ、美しいけれど風変わりな女性・サラと出会います。
テストの最中にネルソンが答えを教えろと話しかけたためにサラは試験を受けられず、再試験は1ヵ後まで待たねばなりません。ネルソンはサラに弱みを握られました。
交換条件として出したサラの要求は、なんと「11月の1ヵ月間、自分の恋人になれ」というものです。

【承】- スウィート・ノベンバーのあらすじ2

アンジェリカがいるので断ったネルソンは、その直後にたまたまアンジェリカに振られました。
またホットドッグの宣伝の仕事をライバル会社・BB社に奪われ、仕事もクビになります。破れかぶれになったネルソンは、サラの条件を呑みました。
サラの家で始まった同棲生活は、ネルソンにとっては驚きの連続です。
「仕事はしない。私を優先すること」という条件で、ネルソンはどんどんサラのペースに乗せられました。
サラは時間に束縛されない自由な生活を送っており、ネルソンなそんなサラに次第に惹かれていきます。

【転】- スウィート・ノベンバーのあらすじ3

広告界では神と崇められるエドガー・プライスと会ったネルソンは、エドガーの仕事一筋の生き方を見て、それを駄目だと思う自分がいることに気づきました。
いつのまにかサラに感化されたネルソンは、エドガーとの好条件の仕事をふいにします。しかし悔いはありませんでした。
ネルソンはサラにプロポーズしますが、サラにのらりくらりとかわされます。
その直後、ネルソンはサラの部屋に大量の薬があるのを見てしまいました。 この映画を無料で観る

【結】- スウィート・ノベンバーのあらすじ4

実はサラの体はガンに蝕まれており、余命わずかの身でした。サラもネルソンを愛していましたが、ネルソンを束縛する気はなかったのです。
「人生を素敵なものに」と思ったサラは姉と別れて暮らし、1ヵ月ごとに恋人を変えて、未練の残らない恋愛をしていたのです。
ネルソンはサラの看病を申し出ますが、サラはネルソンにマフラーで目隠しし、「自分の美しい姿だけを覚えていて」と言い残して去りました。

みんなの感想

    ぱらりさんの感想

    初めて見ましたが、とても切なくて哀しい気持ちになりました。

    自分がネルソンの立場だったら、自殺するかも?

    でも、シャーリーズ・セロンさんは本当に美しい!

映画の感想を投稿する

映画「スウィート・ノベンバー」の商品はこちら