「スライディングドア」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

スライディング・ドアの紹介:1998年公開。地下鉄に乗れた場合と、乗れなかった場合とで、主人公の女性の運命や恋の行方がどう変わるかを同時進行で描いた作品。ピーター・ハウイットが監督・脚本を務め、グウィネス・パルトロー主演で贈る異色のラブストーリー。

予告動画

スライディングドアの主な出演者

ヘレン(グウィネス・パルトロー)、ジェームズ(ジョン・ハナー)、ジェリー(ジョン・リンチ)、リディア(ジーン・トリプルホーン)、アンナ(ザーラ・ターナー)、ラッセル(ダグラス・マクフェラン)、クライブ(ポール・ブライトウェル)、クローディア(ニナ・ヤング)

スライディングドアのネタバレあらすじ

【起】- スライディングドアのあらすじ1

ヘレンは彼氏のジェリーと同棲していました。彼にキスをして、急いで会社に出勤します。遅刻してしまって、会議には男性社員が集まっていました。
彼らは重役と飲むために、ウォッカを取って置きました。しかし、ヘレンは誕生日に、祝って4本全て飲みました。
クビだと察したヘレンは帰ることにします。途中、エレベーターでイヤリングを落として、男性が拾ってくれます。
ヘレンは地下鉄に乗り込もうとして、ドアが閉まって乗れませんでした。巻き戻りが起こって、ヘレンは地下鉄に乗ることができます。
ここから、地下鉄に乗れたヘレンと、乗れなかったヘレンが映し出されます。交互に描かれてるため、片方ずつ記していきます。
地下鉄に乗れたヘレンは、イヤリングを拾ってくれた男性・ジェームズと隣になります。彼は気分が良くて喋りたいのだと、ヘレンに話しかけてきます。
ヘレンは本を読みたいと少し冷たい態度です。電車を降りて、ジャームズに謝罪をして話が弾みます。ヘレンはジェリーと同棲していることを話します。
自宅に帰ると、ジェリーが元彼女のリディアと浮気していました。ヘレンは激怒し、処女作を書くあなたを養っているのだと更に怒ります。
そして一人バーに行ってると、ジェームズと出会います。親友のアンナが来てくれて、ジェームズは酔っ払ったヘレンをタクシーに乗せてくれます。
それからヘレンはアンナの家に泊まるようになります。思い切って髪を短くします。
ヘレンはジェームズとシェイクを飲みに行きます。失恋のショックから立ち直れない彼女に、ジェームズは新しくPR会社でも立ち上げたらとアドバイスします。
会社申請の通ったヘレンは、ジェームズの友人のレストランの仕事を受けたりと順調にこなしていきます。また、彼の友人たちとはしゃいで、とても元気になっていきます。
その様子をジェリーは、リディアと歩いていて偶然見かけます。リディアは執筆活動ではなく、ヘレンのことで悩んでいる彼に向かって、もう終わりだと言います。
ヘレンとジェームズはボートの上で盛り上がります。ジェームズがキスをしようとしますが、ヘレンはできませんでした。
ジェームズは8歳の時に、別の男に走った女の子の話しをして、ヘレンを笑わせます。ヘレンはジェームズにキスをし、二人は一夜を共にします。

【承】- スライディングドアのあらすじ2

レストランの開店パーティーが開かれて、ジェリーがヘレンに会いに来ます。復縁を求めるジェリーでしたが、彼女の頬にキスをして帰ります。
ヘレンは目眩がして倒れかかります(地下鉄に乗れなかった時のストーリーと同時)。
ジェームズはそれからヘレンに電話しようとしますが、この間のキスを見て、色々と考えてできないでいました。ヘレンもまた、彼がどうしてるか気になっています。
ヘレンはジェリーの家に行きます。彼から復縁を求められていると、電話がかかってきます。
リディアから生理が遅れているという話しで、ジェリーは友人からの電話のフリをして切ります。
ジェリーがトイレに行っている間に、ヘレンはコールバックして電話をかけ直します。リディアが出て、ヘレンはブチ切れます。ジェリーにも最低だと言い放って帰ります。
ある日、偶然ヘレンはジェームズと鉢合わせします。ジェームズは色々考えていて、電話ができないでいたと話します。
ジェームズは病院にいる母に会いに行く用事があり、ヘレンは一緒にと言います。年寄りだから、変に気を回すかもと断ります。
明日友人たちの集まりがあるからとヘレンを誘います。ヘレンと別れた後、ジェームズは妻のクローディアと向かいます。
集まりの後、ヘレンはジェームズと一夜を共にします。ヘレンが妊娠検査薬で6回確かめると、子供を授かったことが分かります。
ヘレンはジェームズに会社に行きます。受付の女性から、母の病院にクローディアと行ったと言われます。
ヘレンは病院の外で、ジェームズとクローディアが一緒にいるのを見て飛び出します。ジェームズが電話をかけると、アンナが怒ってきます。
ジェームズは必死にヘレンを探して説明をします。クローディアとは別居していて、離婚の手続きをしていました。気のつくクローディアは、母のことを考えて体裁を作ってくれていたのです。
安心したヘレンは、心配しているアンナに公衆電話から電話をかけようとします。そこへ車がやってきて轢かれてしまいます。
ヘレンは救急車で運ばれます(地下鉄に乗れなかった時のストーリーと同時)。
ジェームズは流産したことを知らされて、彼女が妊娠していたことを初めて知ります。ヘレンは意識を取り戻さず、ジェームズは地下鉄に乗ってたから…と泣きます。

【転】- スライディングドアのあらすじ3

地下鉄に乗れなかったヘレンは、脱線事故でダイヤが大幅に遅れてることから、外に出てタクシーを拾おうとします。
そこで鞄を引ったくられて、木に頭をぶつけられます。一人のおじさんが気づいて、病院に連れて行ってくれます。
手当をしてもらって自宅に電話しますが、受話器があがっていて、ジェリーは出ませんでした。彼はリディアと浮気していました。
自宅に到着する前に、リディアは車に乗って帰っていきます。ジェリーは早く帰ってきたヘレンに慌てて、2つあったブランデーのグラスを洗濯カゴに隠します。
ヘレンは地下鉄に乗れてたら、引ったくりに合わずに帰ってこれたのにとボヤきます。ジェリーはそんなことになったら、浮気がバレてたので動揺します。
こんな日はバーにでもと、二人は飲みに行きます。バーにはジェームズがいましたが、こちらのヘレンは気づきません。
それからヘレンは仕事を探し、バイトを掛け持ちしてハードワークをこなします。ジェリーは執筆活動に専念します。
ある夜、良いムードの二人でしたが、ヘレンはグラスのことをジェリーに聞きます。ジェリーは浮気を疑われたと怒り出します。
別の日、ジェリーは図書館に行くと言って、1~2時間出かけます。それを聞いたヘレンは後をつけていきます。
ジェリーは彼女がつけていることに気づいて、リディアに電話をします。ホテルには行けないと言うと、そんなに彼女が怖いのと怒られます。
ジェリーはリディアと取材旅行に行く約束をしていました。働いてくれてるヘレンに悪く、どうして良いのか悩みます。
リディアはヘレンを会社に呼び出し、サンドイッチを食べた者が下痢をしたとクレームを言いまくります。
彼女がジェリーの浮気相手だと知らないヘレンは、落ち込んでアンナの家に寄って自宅に帰ります。ジェリーはグラスのことやリディアのことを話そうとしますが、ヘレンは疲れたのか眠ってしまいます。

【結】- スライディングドアのあらすじ4

ジェリーはリディアと取材旅行に行きます。ヘレンはアンナとボートレースを見ながら、どこか疲れた様子です。
ヘレンは今日も大忙しの中で仕事をしていて、目眩がして倒れかかります(地下鉄に乗れた時のストーリーと同時)。
ジェリーはホテルでヘレンと電話をします。リディアが足をぶつけた声がしてきて慌てます。
隣の部屋だと言い訳して急いで電話を切ります。ヘレンは脳貧血を起こしたことは伝えれますが、妊娠したことは伝えれませんでした。
ジェリーはヘレンと電話しているんだと、リディアに怒ります。リディアはジェリーを取り戻したいのだとブチ切れます。そしてもう終わりだと言って出ていきます。
ヘレンは職場で、花を持ってきた男性が、彼女に浮気を疑われているのを見かけます。自宅に帰ると、ジェリーが旅行から帰ってきていて、花を買ってきてました。
ヘレンはPR会社で就職が決まりそうなことを彼に話しますが、妊娠のことは話せませんでした。窓の外にリディアがいて、ジェリーはかなり焦ります。
リディアに話しがあると言われて、ジェリーは文句を言いに行きます。するとそこにヘレンが就職の面接にやってきます。ヘレンはジェリーとリディアが一緒にいるのを目撃します。
リディアはジェリーとの子供をどうするかが先決だから、ヘレンに帰ってと言います。ヘレンは泣きそうになりながら、階段を駆け下りていきます。
ヘレンは階段から落ちて救急車で運ばれます(地下鉄に乗れた時のストーリーと同時)。
ジェリーは流産したことを知らされて、彼女が妊娠していたことを初めて知ります。ヘレンは意識を取り戻します。病室の外では、ジェームズが母親が助かったと医師から言われています。
ジェリーが何でも言うことを聞くと言うので、ヘレンは出ていくように言います。
退院したヘレンは、病室からエレベーターに向かいます。地下鉄の時のように乗れずに閉まります。
再び開いて乗ると、イヤリングを落とします。ジェームズがイヤリングを拾ってくれます。
ジェームズは地下鉄に乗れた時のヘレンに、モンティ・パイソンの言葉を話していました。
その話題を振ると、なぜかヘレンはその言葉を知っていて、二人は顔を合わせます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は交互に描く演出が絶妙です。別の物語の同じ人物が、タイミング良く通りかかったり、同時のタイミングで何かが起こったりします。その演出に、製作した人の才能の凄さを感じます。
ストーリーは見れば見るほど、結末がどんどん気になります。ジェームズに奥さんがいたり、ジェリーとリディアの関係がどうなるのか、最後の救急車で運ばれた後はどうなるのかなど惹き込まれます。
今作は笑いも交えた温かい雰囲気と、ドロドロしたもつれが絡み合っています。そのギャップがこの作品を面白くさせています。
印象的だったのは、ボートの上でのジェームズのユーモアあふれる台詞でした。ロマンチックな展開と合わせあって、こんな展開を演出したいと思わせてくれます。
この作品は様々な惹き込む要素があってお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「スライディングドア」の商品はこちら