「ナタリー」のネタバレあらすじ結末

ナタリーの紹介:愛する夫を亡くした女性と、冴えない同僚の男性。不意打ちのキスで始まった二人の恋物語。
フランスのベストセラー小説『La délicatesse』(映画原題)を、原作者であるダヴィド・フェンキノスが兄のステファンと共同で映画化した作品。共に2011年のセザール賞新人監督作品賞、ダヴィットは脚色賞にもノミネートされた。日本では未公開作品で、TSUTAYA限定でレンタルされている。

予告動画

ナタリーの主な出演者

ナタリー(オドレイ・トトゥ)、マーカス(フランソワ・ダミアン)、シャルル<社長>(ブリュノ・トデスキーニ)、クロエ(メラニー・ベルニエ)

ナタリーのネタバレあらすじ

【起】- ナタリーのあらすじ1

劇場でパンフレットの売り子をしているキュートなナタリーは、パリのカフェで美男子のフランソワに一目惚れされ、交際を始めました。ナタリーも彼に夢中になり、やがて二人は結婚します。結婚後も二人で世界各地を巡るなど、仲の良い夫婦でした。

ナタリーは定職に就くためスウェーデン企業の面接を受けると、何故か面接官である社長からプライベートな質問を投げかけられます。更には、不思議とその場で採用が言い渡されました。
就職のお祝いに、ナタリーとフランソワの互いの両親が集います。両親らは孫を熱望していますが、当の本人たちは二人の時間を大切にしたく、子供はもう少し先でよいと考えていました。

ある日フランソワがナタリーにちょっかいを出しますが、彼女は夫そっちのけで読書していました。ナタリーがフランソワの顔も見てくれないので、彼はジョギングに出掛けます。そのままうたた寝したナタリーは、フランソワが車に撥ねられたとの電話で目を覚まします。ナタリーは慌てて病院へ向かいますが、面会謝絶のままフランソワは帰らぬ人となりました。
ナタリーはフランソワを故郷のお墓に眠らせました。部屋に戻っても夫の姿は無く、あの時読んでいた本もそのままです。思い立ったナタリーは勢いでフランソワの私物を一気に捨てました。

しばらくしてナタリーは職場復帰を果たし、社長に挨拶をすると “また会えて嬉しい”と意味深な発言をされました。ナタリーは社長をはじめ、他の職員からも気を遣われていることを鬱陶しく思い、バイト時代の友人ソフィーにその旨を零します。ソフィーはナタリーのとって一番の理解者でした。

【承】- ナタリーのあらすじ2

3年後。恋もせず仕事に没頭していたナタリーは昇進し、チームリーダーを任されます。そんな彼女を同僚のクロエは、“仕事だけの人生”と批判しますが、ナタリーは悪口も吹き飛ばせるくらいキャリアウーマンとして邁進していました。

ある夜ナタリーは社長からディナーに誘われます。ナタリーの手に触れてきた社長は、フランソワを忘れろとは言わないが、前に進んだ方がいいと指南しました。更に社長は「妻とは冷え切った関係で、ナタリーのためならすぐにでも離婚する」と長らく抱いていた想いを告げます。恋をする気になれないナタリーは、もう誘わないでほしいときっぱりと断りました。自分は一生誰のことも愛せないのかも…と。お人よしな社長は、仕事には影響ないと明言してくれます。

前に進んだ方がいいという言葉を思い出したナタリーは、仕事中にうわの空でいると、同じチームでスウェーデン人のマーカスが仕事の案件で相談があると部屋にやって来ます。ナタリーは何を思ったのか、突然マーカスにキスをしました。垢抜けない風貌で存在感も薄く、恋愛とは無縁なマーカスですが、この不意打ちの出来事でナタリーにメロメロになってしまいます。
ナタリーのことで頭がいっぱいのマーカスは、翌日ナタリーになぜキスしたのか問いますが、信じられないことに彼女は全く覚えてないと言うのです。更にナタリーは何事もなかったかのように、忘れてほしいとあっさり言い放ちました。とは言え、実はナタリーも自分の謎の行動が気になりソフィーに相談してみます。恋の話など全く無かったナタリーにソフィーも驚きました。

あくる日。社内でつれなく振舞うナタリーに感情を抑えられなくなったマークスは彼女にキスをし、我に返ってその場を逃げました。ナタリーは他の職員にマークスの居場所を尋ねますが、誰も彼の名前さえ知りません。
ナタリーは日頃自分が息抜きに使う屋上へ行ってみると、棒立ちしているマーカスがいました。これまで彼と殆ど会話したことがなかったナタリーは、朴訥としたマーカスが意外にも気の利いた冗談も話せると知り、親近感が湧きます。それでもナタリーは自分たちの間にあるのは仕事のみだと言い張るため、マーカスは食事をしたらキスのことを忘れると言って、ナタリーを誘うことに成功します。

【転】- ナタリーのあらすじ3

マーカスが選んだ気取らぬ中華料理店で食事をし、ナタリーは彼が本音で話せる相手だと知り、久々に笑顔が溢れます。ナタリーは8歳の頃に父と旅行したアメリカで、お菓子の〝ペッツ″にハマったことまで知らせるほど会話は弾みました。

結局ナタリーへの想いを捨て切れなかったマーカスは仕事も手につかず、冴えたデート場所をネット検索していました。その時ナタリーから「明日の夜芝居に行かない?」と社内メールが届きます。興奮したマーカスは、本当は苦手な芝居も“大好き”と即座に返信します。
二人は観劇後、夜のパリを散歩します。仕事話ではなくても会話が途切れないマーカスに、ナタリーは随分と心を許すようになりました。しかしマーカスは「夜景もナタリーも美しくて恋に落ちそうだ!」と叫んで走り去りました。既に恋に落ちているのですが…。

次の日。マーカスはナタリーの顔を見ないよう、仕事中でもそっぽを見続けます。動揺したナタリーはついマーカスと出かけたことをクロエに呟くと「なぜ彼と?」と驚かれました。クロエはすぐに他の同僚に言いふらします。
ナタリーはマーカスに内線で奇妙な行動の理由を問いますが、自己防衛で君を見ないようにしていると理解不能な返事をされます。しびれを切らしたナタリーがマーカスの部屋を訪ねても彼は横を向き、心が痛むより首を痛めた方がましだと言いました。悶々としたナタリーは「あなたといた時間は楽しかった」と思わず本音を呟きます。
その日はクロエの誕生日で、オフィス内でパーティが開催されました。マーカスが大きな花束をクロエに渡すと、妬いたナタリーが人目も憚らず彼を罵ります。彼が君にも贈り物があると言うので、二人はパーティを抜けマーカスのデスクに向かいました。
マーカスがプレゼントは家で見てほしいと乞うため、ナタリーは急いで帰宅し小さな巾着袋を開けました。中からトナカイ(北欧版?)のペッツが登場し、ナタリーは温かな気持ちになります。ペッツを見て父を思い出したナタリーは実家に行き、何も言わずに父の胸で泣きました。
ナタリーが贈り物のお礼にとマーカスを夕食に誘うと、二人でいるのにも関わらずナタリーにしつこく声を掛けてくる男がいました。カッとなったマーカスは男と殴り合います。
喧嘩後に体を痛がるマーカスにナタリーが手を当てると、「君が触れると痛みが消える」と彼はふざけてみせました。そんなマーカスが愛しく感じたナタリーは彼に口づけし「このキスは忘れない」と約束しました。

【結】- ナタリーのあらすじ4

マーカスとの噂を聞いた社長はナタリーを呼び出し、二人の関係を詮索します。ナタリーは激怒して社長室を飛び出しますが、今度はマーカスが呼ばれました。しかし社長はマーカスの風貌を見てナタリーの相手とは気付かず、追い返してしまいます。
再び呼ばれたマーカスは、有能な社員を激励したいとの社長の言葉を鵜呑みにして喜び、夜に食事する約束をしました。ところがマーカスは昼休みに会ったナタリーから真実を聞きます。そのうえナタリーは、マーカスとは何の関係もないと未だに強がりました。

酔った社長はマーカスにナタリーとの関係をしつこく聞いては、ナタリーはヨーコ・オノに匹敵する程の女性なのだと彼女への想いを露わにしました。
マーカスのことが心配になったナタリーは、その夜ソフィーの家で開いた友人たちの食事会に誘いました。出迎えたソフィーはマーカスのルックスに驚き、思わず彼に嫌味を言ってしまいます。惨めになったマーカスは取り乱し、洗面所へ逃げました。彼を案じたナタリーは二人で家をこっそり抜け出すことにし、マークスを自分の部屋へ連れて行きます。二人は隣合わせたソファーに座ったままで眠りに就きました。

翌朝。会社を休もうと言うマーカスに、ナタリーは社長に忠告すると言って聞かず会社へ向かいました。社長室に乗込んで来たナタリーに頬を叩かれて流石に怒った社長は、マーカスをストックホルムに転勤させると豪語します。私も一緒に行くと反論したナタリーに、社長はフランソワの名前を出すと、彼女は怯んでしまいます。
ナタリーはいつかのように記憶が飛び、大事な会議が控えているのも忘れてしまいます。そして会社を飛び出しました。
ナタリーは故郷の町へ一人車を走らせます。駅に呼び出したマーカスを車に乗せて、フランソワの眠る墓地へ連れて行きました。

二人はナタリーの祖母の家を訪れます。祖母は二人を歓迎し、マーカスは心の優しい人だとナタリーに告げました。そしてその夜、二人は結ばれました。
翌朝、二人はナタリーが幼い頃に遊んだ庭を散策します。かくれんぼをしようと言ったナタリーは鬼になり、目を瞑ってカウントしだしました。マーカスは、ナタリーがいろんな気持ちでこの庭を歩いたと感じ、彼女の痛みは僕が全て踏み潰すと心に誓います。そしてナタリーの全てを知る庭に、大きな体を隠しました。数え終わったナタリーは、隠れたマーカスをじっと見つめました。

みんなの感想

ライターの感想

序盤はかなりの駆け足で進行するため、このままでは思考がついていけない…と不安になりましたが、マーカスが登場した途端、彼の性格を表すかのように穏やかでほっこりとあたたかく、コミカルな展開になりました。本当に愛しいキャラクターでした。
マーカスの存在の薄さを表現するために、彼の初登場シーンではあえて顔を映さなかったり、フランソワの心の声で始まり、マーカスの心の声で終わるという演出も小気味よかったです。

原題はマーカスの人柄そのものだと思うのですが、オドレイ・トトゥ主演となれば、〝アメリ″ならぬ〝ナタリー″となるのでしょうね、日本では(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「ナタリー」の商品はこちら