ナビィの恋のネタバレあらすじを結末(ラスト)まで紹介。

「ナビィの恋」のネタバレあらすじ結末

ナビィの恋の紹介:沖縄の粟国島に帰省した奈々子は、おばぁ・ナビィの60年前の悲恋物語を初めて知る。そして島に見慣れぬ紳士が来てから、ナビィはそわそわとし始める…。
沖縄民謡のほかにケルト音楽やオペラが融合し、場面に合った秀逸な選曲は、音楽映画としても評価が高い。今は亡き沖縄民謡の名手や、俳優が出演している。1999年公開作。

ナビィの恋の主な出演者

東金城奈々子(西田尚美)、東金城ナビィ(平良とみ)、東金城恵達(登川誠仁)、福之助(村上淳)、サンラー(平良進)、ケンジ(津波信一)

ナビィの恋のネタバレあらすじ

【起】- ナビィの恋のあらすじ1

東京でOLをしていた奈々子は仕事を辞め、気まぐれに故郷の粟国島に帰省しました。奈々子は幼馴染のケンジが操舵する連絡船内で、見慣れぬ紳士的なスーツ姿の男性と、旅する青年を見かけます。奈々子は親の元へは帰らず、おじぃの恵達とおばぁのナビィの家に向かいました。恵達もナビィも奈々子の里帰りをとても喜びます。
奈々子を迎えに行った帰り、ナビィはスーツ姿の男性をじっと見つめていました。それからというもの、ナビィはどこか落ち着かず、気もそぞろです。そしてこっそりと出かけることが増えていきました。
恵達はあてもなく旅をしていた福之助を、我が家で寝泊まりさせます。奈々子が船で見かけた青年でした。福之助は宿泊の恩義として牛の世話などを手伝うようになります。恵達は福之助を奈々子の恋人にしようと企んでいたのです。
ある日、忙しなく出かけたナビィのことが気になった奈々子は、島の子供たちに後をつけさせました。

【承】- ナビィの恋のあらすじ2

子供たちに呼ばれた奈々子は、ナビィが例の紳士と密会している現場を目撃します。その紳士は、60年前ナビィの恋人だったサンラーでした。約束を果たしに来たと言うサンラーに、あなたを忘れられなかったとナビィは答え、二人は抱擁していたのです。

サンラーが戻ってきたことが島の人に知れると、東金城家の一族は集まり、ユタの占いに委ねました。ナビィの腰の痛みはご先祖様の怒りで、サンラーを追放しなければ東金城家は滅びるとユタは告げ、ナビィはサンラーにはもう会わないと言わされます。物々しい雰囲気のなか、恵達はナビィを庇うかのように終始ふざけて振舞い、奈々子はケンジと結婚しないと一家が壊れると言われ、「インチキユタ!」と怒りました。
しばらくして恵達は、可愛がっていた牛を売ると突然言い出します。どうしてもお金が必要だと言うのです。そして奈々子と福之助は、ナビィの60年前の恋物語を恵達から聞かされました。

【転】- ナビィの恋のあらすじ3

その昔、サンラーとナビィが逢引しているのを、子供だった恵達らは岩場の陰から見ていました。ナビィが妊娠したことで、親の反対やユタの占いにて二人は引裂かれ、サンラーは島を追放されることになったのです。
別れの日、ナビィは家の柱に縛られていました。「大きくなったら結婚してくれる?」と聞いた恵達に、ナビィが「いいよ」と答えてくれたので、他の子の反対を押して恵達が縄を解きました。ナビィは海に向かいますが、すでに船上だったサンラーは「必ず迎えに来る」と言い残し、遠いブラジルへ行ってしまったのです。ナビィのお腹の子は流れました。やがて大人になった恵達は東金城家に婿入りすることができ、自分はベリーベリーハッピィだったと。話を聞いた奈々子は複雑な気持ちでした。

しばらくして家にマッサージ機が届きます。腰が痛いナビィのために、牛を売ったお金で恵達が買ってくれたのでした。しかし恵達の優しさをナビィは受け止めきれずにいました。

【結】- ナビィの恋のあらすじ4

ナビィは夜な夜なサンラーに手紙を書きます。新北風が吹き波が落ち着いたら、私を連れて逃げてください、と…。

風のないよく晴れた朝。恵達はナビィに「体は大事にしなさい」と言って牧場へ出かけました。恵達はナビィの気持ちに気づいていたのです。ナビィは庭のブーゲンビリアの鉢を奈々子にあげると言って、姿を消しました。ブーゲンビリアはサンラーから届いた唯一のプレゼントで、ナビィがずっと大切に育てていたのです。
一大事に気付いた奈々子はケンジに船を出させナビィを追いますが、ナビィの強い想いを知り、引き止められませんでした。ナビィとサンラーの船が彼方に消えていきました。
牧場に戻った奈々子は、気持ちのやり場もなく福之助にキスをします。その様子を子供たちが見ていました。いつかの恵達のように…。

奈々子は島に残り、福之助は東金城家の婿となりました。ユタのお告げとは裏腹に、たくさんの子宝に恵まれ、恵達とともに賑やかに暮らしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ナビィの恋」の商品はこちら