「ニューヨークの恋人」のネタバレあらすじ結末

ニューヨークの恋人の紹介:2001年公開。タイムスリップによって出会った男女2人の恋愛を描いた作品。1876年、レオポルド公爵は家系の財政難から結婚するように叔父に言われる。そんな時パーティーに参加していた挙動不審の男性を追いかけて、レオポルドは橋から落下してしまう。現代のニューヨークにタイムスリップしたレオポルドは、キャリアウーマンのケイトと出会う。レオポルドのおかしな行動に戸惑うケイトだったが、二人は次第に惹かれあっていく。

この映画を無料で観る

予告動画

ニューヨークの恋人の主な出演者

ケイト・マッケイ(メグ・ライアン)、レオポルド公爵(ヒュー・ジャックマン)、スチュアート・ベッサー(リーヴ・シュレイバー)、チャーリー・マッケイ(ブレッキン・メイヤー)、ダーシー(ナターシャ・リオン)、J.J(ブラッドリー・ウィットフォード)、オーティス(フィリップ・ボスコ)

ニューヨークの恋人のネタバレあらすじ

【起】- ニューヨークの恋人のあらすじ1

1876年、レオポルド公爵は家系の財政難で、叔父から結婚するように言われます。愛する女性と結婚したいレオポルドは反抗します。
結婚を決めるパーティーが開かれて、レオポルドは女性達とダンスをします。そこでレオポルドは少し前に見た挙動不審な男性を見かけます。
男性を追いかけていくと、建設途中のブルックリン橋に登っていきます。そして高い場所から落ちかけて、レオポルドは助けようとします。しかし、二人とも下に落下してしまいます。
レオポルドが目を覚ますと、不審な男性のスチュアートの家でした。ここは現代で、レオポルドはタイムスリップしてやって来てしまったのです。
スチュアートはレオポルドを過去に帰さなければなりませんでした。なぜなら彼はエレベーターの発明家だったのです。彼が現代にやってきた事から、全てのエレベーターが故障します。

【承】- ニューヨークの恋人のあらすじ2

スチュアートは時間軸の裂け目を発見していて、過去に行くことができる手段を知っていたのです。次の月曜日に裂け目ができる事から、その時までレオポルドをかくまうことにします。
飼い犬が散歩に行きたい事から、スチュアートはエレベーターに乗ろうとします。しかし、故障していたため、下まで落下してしまいます。スチュアートはしばらく入院することになります。
病院からスチュアートは元恋人のケイトに電話をかけます。レオポルドのことを頼みますが、広告会社で働くケイトはそれどころではありません。上司から副社長のポストを指名されるかもしれないからです。
レオポルドは現代の文明に戸惑いながらも、喜びと怒りなど素直に感情表現をしていきます。ケイトの弟のチャーリーがレオポルドと出会います。役者見習いのチャーリーはレオポルドを公爵の演技をしている役者だと思います。
チャーリーはレオポルドと仲良くなって食事に誘います。ケイトと3人で食事をしていると、レオポルドの食べ物の説明の仕方がとても上手で閃きます。

【転】- ニューヨークの恋人のあらすじ3

ケイトは丁度ダイエットマーガリンのCMのタレントを決めていました。レオポルドを採用して、試しにしてみるとモニターから好反応を得ることができます。ケイトは上司から褒められて喜びます。
浮かれていると、ケイトはバックをひったくられます。観光客用の馬車からレオポルドは馬を借ります。馬術に長けているレオポルドはあっという間にひったくりに追いつきます。
感謝したケイトでしたが、上司のJ.Jに食事を誘われていきます。仕事の話しではなく、口説かれるケイトでした。そこにチャーリーとレオポルドがやってきます。レオポルドは学の無いJ.Jにずばり言ってやります。
翌日、ケイトはJ.Jに謝罪をします。レオポルドはケイトに昨日見栄を張ってしまった謝罪の手紙を書きます。今夜アパートの屋上で食事をしようと誘ったのです。
路上演奏していたバイオリニストを雇ったレオポルドは、花を買って英国方式の食事を演出します。恋に臆病なケイトでしたが、レオポルドと恋に落ちます。
レオポルドはケイトと現代でも残っていた自分の家に行っていました。そこで隠し場所から母の指輪を手に入れていました。寝ているケイトの指にはめようとしますが、思いとどまります。 この映画を無料で観る

【結】- ニューヨークの恋人のあらすじ4

翌日、マーガリンのCMの撮影が行われます。まずいマーガリンに嘘をついて美味しく宣伝することにレオポルドは激怒します。仕事はそういうものであるとケイトは説得します。
ケイトはレオポルドをこの時説得した功績もあって、J.Jから副社長に任命されます。
スチュアートが退院して帰ってきます。色々とあった事を知ったスチュアートでしたが、帰らなければならないことをレオポルドに話します。そして過去に帰るレオポルドでした。
チャーリーはスチュアートに過去にいった時の写真を見せてもらいます。過去の人物である事が本当だった事に驚きます。更に驚いたのはケイトがその写真に写っていたことです。
スチュアートとチャーリーは、ケイトの副社長の任命式のパーティーに向かいます。ケイトに写真を渡します。ケイトがスピーチをしていると、次第にレオポルドの事を話しだします。
ケイトは愛するレオポルドに会うため、過去に戻ることを決意します。スチュアートに橋から落ちるように言われます。思い切って飛ぶと、レオポルドの時代に着きます。
過去に戻ったレオポルドは今まさに結婚相手を言おうとしていました。その瞬間にケイトが現れて、レオポルドはケイトの名前を言います。二人がキスをしてエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ニューヨークの恋人」の商品はこちら