「ノルウェイの森」のネタバレあらすじ結末

ノルウェイの森の紹介:村上春樹の同名小説を実写化。人間の愛と性、生と死を叙情的に描く。キャッチコピーは「深く愛すること。強く生きること」。2010年公開。

この映画を無料で観る

予告動画

ノルウェイの森の主な出演者

ワタナベ(松山ケンイチ)、直子(菊地凛子)、緑(水原希子)、永沢(玉山鉄二)、キズキ(高良健吾)、レイコ(霧島れいか)、ハツミ(初音映莉子)、大学教授(糸井重里)、レコード店店長(細野晴臣)

ノルウェイの森のネタバレあらすじ

【起】- ノルウェイの森のあらすじ1

1967年。ワタナベ、直子、キズキの3人は、神戸で高校生活を送っていました。当時ワタナベはキズキの恋人だった直子に片想いしていましたが、キズキは自宅のガレージでガス自殺を図り急逝します。
直子と疎遠になり、東京の大学に進学したワタナベは、ある日都内の公園で直子と再会します。2人はキズキを亡くした喪失感を抱えた者同士交流を深め、ワタナベは再び直子に魅かれていきます。 この映画を無料で観る

【承】- ノルウェイの森のあらすじ2

ワタナベは直子の20歳の誕生日に、彼女と夜を共にします。これをきっかけに直子の喪失感は深まり、精神を崩した直子は京都の療養所に入院することになります。
ワタナベは直子に会いに行くも、直子は幻覚や幻聴などの症状に苦しみ、面会できない日々が続きました。
あるときワタナベは、大学で緑という女学生と出会います。緑はワタナベに好意を持っており、直子に会えない寂しさを埋めるようにワタナベは緑との交流を続けます。
緑の自宅に招かれたワタナベは、ついに彼女とキスをします。ところが直子のことしか考えられないワタナベは、緑の好意を受け入れることが出来ませんでした。

【転】- ノルウェイの森のあらすじ3

あるとき直子から手紙が届き、ワタナベは直子に会いに行けることになります。
ワタナベは直子のルームメイト・レイコのギター演奏でビートルズの「ノルウェイの森」を聴きます。この曲を聴くといつも泣いてしまう直子は、ワタナベがそばにいたら大丈夫と言いますが、結局涙を流します。
症状が悪化するばかりの直子は、大阪の病院で治療を受けることになります。ところが一時退院して療養所に戻った日の夜、直子は林の中で首を吊り亡くなります。
レイコから直子の自殺を知らされたワタナベは、絶望のあまり1ヶ月間放浪の旅に出ます。

【結】- ノルウェイの森のあらすじ4

東京に戻ったワタナベの元に、レイコが訪ねてきます。ワタナベとレイコは一夜を共にし、レイコは直子の死に対しての痛みとは別に、緑と幸せになることをワタナベに勧めます。
翌日レイコと別れたワタナベは、緑に電話をします。緑に居場所を問われると、ワタナベは自分の居場所がわからなくなります。
そして合流した2人が抱き合う場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ノルウェイの森」の商品はこちら