「ハチミツとクローバー」のネタバレあらすじ結末

ハチミツとクローバーの紹介:羽海野チカによる人気コミック『ハチミツとクローバー』を実写化した青春群像劇。一途な恋心を抱く美大生たちの報われない恋愛模様や、自分の生き方に惑う若者の姿を描いている。

予告動画

ハチミツとクローバーの主な出演者

竹本祐太(櫻井翔)、花本はぐみ(蒼井優)、森田忍(伊勢谷友介)、真山巧(加瀬亮)、山田あゆみ(関めぐみ)、花本修司(堺雅人)、原田理花(西田尚美)、修復士(中村獅童)

ハチミツとクローバーのネタバレあらすじ

【起】- ハチミツとクローバーのあらすじ1

美大生・竹本祐太は、美術史講師の花本修司の自宅に招かれ、通称「花本会」に参加します。ビールの補充のためにアトリエに足を運んだ竹本と彼の先輩・真山巧は、そこで一人絵を描いていた花本はぐみに出会います。竹本ははぐみに一目惚れをして、真山は竹本が恋に落ちる瞬間を目の当たりにしていました。
はぐみは天才的な芸術センスを持っている一方で、極度の人見知りで大学に上手く馴染めずにいました。竹本はそんなはぐみに話しかけ、2人は親しくなります。

【承】- ハチミツとクローバーのあらすじ2

あるとき、竹本が暮らす学生寮の隣人・森田忍が、長きに渡る旅から帰って来ました。現在8年生の森田は美大生として頭一つ抜けており、個展を開く実力者でした。
森田ははぐみの作品に目をつけ、次第に2人はお互いの才能に惹かれ合っていきました。そばにいた竹本はそのことに気づいていました。
一方、真山はアルバイト先の上司にストーカー的な想いを寄せていました。そんな真山に片想いをしているのが、同じ美大生の山田あゆみです。
ある日竹本ら4人は、マスコミからも注目されている森田の個展を見に行きます。ハメを外した5人はボロボロの車に乗って海に出かけて、そのまま旅館に泊まります。

【転】- ハチミツとクローバーのあらすじ3

翌朝竹本が目覚めると、はぐみと森田の姿がありませんでした。竹本が浜辺に行くとはぐみと森田が肩を並べており、やがて森田がはぐみにキスをしました。はぐみはその場を逃げ出し、竹本も思わず隠れてしまいます。
海に行って以来心のバランスを崩したはぐみは、スランプに陥っていました。周囲の人々はそんなはぐみの身を案じますが、スランプの発端である森田はテレビ番組に出演していました。それを観た竹本は森田の個展会場に向かい、スランプのはぐみを救えるのは森田だけだと告げ、自転車で旅に出ます。

【結】- ハチミツとクローバーのあらすじ4

道中竹本は寺の修復士の男と出会い世話をしてもらいます。すっかり立ち直った竹本は、自転車を漕いで東京を目指します。
花本会に姿を現した森田は、はぐみを連れ出して自身の個展作品に火をつけます。焼いているのは作品ではなく金だと言う森田の横で、はぐみは静かに涙を流していました。
翌日竹本がアトリエを訪ねると、はぐみが大きなキャンバスに向かって絵を描いていました。5人で見た海の絵を描いていたはぐみに、竹本は自分の想いを告げます。はぐみがありがとうと言って微笑む場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

片思いに特化した映画で、数々の名シーンがありますが、中でも、ぐっとくるシーンは、真山への思いを断ち切れない山田が酔っぱらって真山におんぶしてもらいながら、真山に好きな気持ちを伝えるシーンです。
報われない片思いに悩む2人が、お互いの気持ちを知りながらそれでも好きな相手を諦めきれない思いが痛いほど伝わってきます。山田の真山への強い気持ちと、そんな山田を思いやる真山の優しさに一人の人を一途に思い続ける片思いのせつなさに、思わずウルッとしてしまいます。

映画の感想を投稿する

映画「ハチミツとクローバー」の商品はこちら