「フットルース」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

フットルースの紹介:1984年製作のアメリカのミュージカルドラマ映画。ダンサー、振付師の経験を持つハーバート・ロスが監督を務め、街のダンス禁止令に立ち向かう若者たちの姿が瑞々しく描かれている。メインテーマであるケニー・ロギンスのフットルースを含め、劇中では多くのヒット楽曲が使用されている。

フットルースの主な出演者

レン(ケヴィン・ベーコン)、アリエル(ロリ・シンガー)、ムーア(ジョン・リスゴー)、アリエルの母親(ダイアン・ウィースト)、ウィラード(クリス・ペン)、ラスティ(サラ・ジェシカ・パーカー)

フットルースのネタバレあらすじ

【起】- フットルースのあらすじ1

舞台はアメリカの保守的な田舎町。街の厳格な牧師のムーアを父に持つ女子高生アリエルは、父に内緒で不良のボーイフレンドのチャックたちとともに夜遊びを楽しんでいました。しかし、ある夜ついにムーア牧師にその姿を目撃されてしまいます。街の人々の尊敬を集める父のためにアリエルは態度を改めることにしますが、心の底では父の考え方に疑問を抱いていました。父は人を惑わす悪しきものとして娯楽を全否定していたのです。そんなとき、アリエルは一人の同級生に興味を抱き始めていました。それは、シカゴから最近引っ越してきたレンという少年でした。

整った顔立ちで都会的なファッションに身を包んだレンは、すぐに女子の間で人気者となりますが、同時に田舎町では浮いた存在になってしまいます。レン自身も、街の閉塞的な雰囲気に驚いていました。その中でも最もレンが驚いたのは、ダンスが禁止されていることでした。その法令は、数年前に起きた若者の交通事故死は娯楽のせいだったという考えに基づいていました。シカゴでダンスを楽しんできたレンは、この田舎町になにも楽しみを見出せずにいました。

【承】- フットルースのあらすじ2

レンが製粉工場でのアルバイトに精を出していると、そこにアリエルが現れました。不良のチャックがレンを畑に呼び出していると言います。レンが畑に向かうと、チャックたちが根性試し勝負の準備をしていました。それは、農耕機に乗ったレンとチャックが互いを目掛けて前進し、先に怖気づいて農耕機を降りた方が負けというものでした。チャックはレンの生意気な態度を不快に感じ、懲らしめようとしていたのです。しかし、レンはこれに勝利、レンはチャックたち一味にさらに目をつけられてしまいます。

レンはチャックの仲間の悪巧みでドラッグ所有の疑惑をでっち上げられ、その上その濡れ衣をめぐって義理の父親と大喧嘩。レンは家を出て、街はずれの倉庫で憂さ晴らしにダンスを踊り始めます。そこにアリエルが現れ、「街を出たい」とレンに本音を吐露してきました。しばらく語り合うと、アリエルは電車が迫る線路に突然飛び出しました。急いでアリエルを助け出すレン。線路脇で倒れ込んだ二人はただ見つめ合うのでした。

レンと別れ夜遅くに帰ってきたアリエルは、父にレンとの交際をやめるよう指示されます。しかし、これにアリエルは反発。父はアリエルの反抗に驚きを覚えるのでした。

【転】- フットルースのあらすじ3

アリエルとの噂で持ち切る街に、レンは再び嫌気を感じていました。レンはこの街をひっくり返す方法として、ダンスパーティー開催を思いつきます。ダンスのすばらしさを知らないアリエル、ウィラード、ラスティら友人を連れて、レンは隣の州のダンスパーティーを訪れました。レンとともに思い思いのままに踊るアリエルでしたが、その帰り道、思わぬ事実をレンに語り始めました。帰り道にある橋はダンス禁止令のきっかけを作った若者の交通事故死が起きた現場で、その若者の中にアリエルの兄もいたというのです。アリエルの父が娯楽を目の敵にする理由をレンは理解するのでした。

町議会でのダンスパーティー承認を得るべく準備を進めていたレンに、ショッキングな出来事が連続します。アリエルにフラれたチャックが別れ際にアリエルの顔に傷を負わせ、また、ダンスパーティーを快く思わない街の人々がレンの家族に嫌がらせをしていたのです。それでもダンスパーティーを開催する動機がレンにはありました。実の父親が家を出て以来、レンは無力感に苛まれていましたが、今なら自分にも何かができると、レンは確かな自信を持っていたのです。

【結】- フットルースのあらすじ4

ムーア牧師始め保守的な人々が揃う町議会で、レンが口にしたのは聖書の一節でした。人類は創世記から踊りとともに生きてきたことを町議会に訴えたのです。アリエルの反発をきっかけに態度を軟化しつつあったムーア牧師でしたが、結局レンの申し出を却下してしまいます。しかし、レンはダンスパーティーを再び企画。それは、街から遠く離れ法の制限が及ばない製粉工場の倉庫を会場にして、高校の卒業ダンスパーティーを開催するというものでした。

一方、ムーア牧師は保守的な街の人々との対立を通じて、娯楽に否定的だった考え方を思い直していました。そして、ある夜ムーア牧師はレンの訪問を受けます。レンは自分の身の上話をしたうえでアリエルをダンスパーティーに誘う許可を求めて来たのです。ムーア牧師はこのレンの望みに応じることを決断します。教会での説教で、倉庫でのダンスパーティーを認める判断を下したのです。

ダンスパーティー当日、アリエルはレンにエスコートされていました。その腕には父から贈られた花飾りがありました。チャックら一味による妨害も撃退し、ダンスパーティーは大盛況を見せていました。「今夜は気ままにやろう」と歌う音楽にのりながら、思い思いのままにダンスを楽しむレンたち。そんな若者たちの姿を、ムーア牧師夫妻は遠くから温かく見守っていました。

関連する映画

ラブストーリー

みんなの感想

ライターの感想

保守的な共同体に変化をもたらすという作品は多くありますが、本作はそのテーマをとてもスタイリッシュに描いています。若者、聖書、ダンス、家族愛…一見結びつかない要素が繋がり合い、感動的な物語が展開されていきます。また、劇中でも言及がありますが、ケヴィン・ベーコン演じるレンはデヴィッド・ボウイのような雰囲気が漂い、素敵な都会の男の子を好演。そんなレンが披露する華麗なダンスに、思わず見入ってしまいます。

映画の感想を投稿する

映画「フットルース」の商品はこちら