「ブロークバックマウンテン」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

ブロークバックマウンテンの紹介:2005年製作のアメリカ映画。公開当初は「ゲイ・カウボーイ・ムービー」と評されるも、数多くの賞に輝き記録的な評価をもたらした。日本公開は2006年。

この映画を無料で観る

予告動画

ブロークバックマウンテンの主な出演者

イニス・デル・マー(ヒース・レジャー)、 ジャック・ツイスト(ジェイク・ジレンホール)、ラリーン・ニューサム(アン・ハサウェイ)、アルマ・ビアーズ(ミシェル・ウィリアムズ)、ジョー・アギーレ(ランディ・クエイド)

ブロークバックマウンテンのネタバレあらすじ

【起】- ブロークバックマウンテンのあらすじ1

1963年夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンの山中で、牧場手伝いのイニスとロデオ乗りのジャックが雇われます。2人は羊の放牧を行う季節労働者として、共同生活をするうちに友情を深めていきます。
ところがある夜、キャンプの中でジャックがイニスに誘いをかけ、2人は一線を越えてしまいます。労働契約が終了し、ジャックは来年も来るかと問いかけるも、イニスは地元に婚約者がいると曖昧な返事をします。
2人ははっきりと再会の約束をしないまま別れ、イニスは婚約者のアルマと結婚し、やがて2人の娘の父親になります。一方、ジャックは失意の末にテキサスに流れ着き、農機具メーカーの令嬢ラリーンと結婚します。

【承】- ブロークバックマウンテンのあらすじ2

4年後、ジャックはイニスに葉書を出し、彼の自宅を訪ねます。アパートの影で情熱的なキスを交わす様子を、妻のアルマが目撃しており、それを知らないイニスは釣りに行くと嘘をついて出かけます。
2人は数日間をブロークバック・マウンテンで過ごし、ジャックは牧場を持って一緒に暮らさないかと持ちかけます。しかしイニスは、少年時代に自分の父親がゲイを虐殺したことを語り、家庭を捨てるつもりはないと答えます。
それ以来、2人は年に数回山中で逢瀬を楽しむようになります。ある年イニスはアルマと離婚し、知らせを聞いたジャックは大喜びで駆け付けます。ところが月に一度の娘との面会中だったイニスに邪険にされてしまいます。

【転】- ブロークバックマウンテンのあらすじ3

10数年の時が流れ、ジャックは仕事が忙しく中々会えないイニスを非難します。イニスはジャックとの関係が人生を狂わせたと涙を流し、2人は取っ組み合いをしながら最後には抱きしめ合います。
ある日、イニスがジャックに出した葉書が「DECEASED(受取人死亡)」のスタンプを押されて返送されてきます。イニスは彼の妻・ラリーンに電話をかけ、ジャックが自動車事故で死んだことを知らされます。彼女が話す痛ましい事故の様子に、イニスは思わず彼が虐殺される姿を想像します。
そして、ジャックが遺灰をブロークバック・マウンテンに撒かれることを望んでいたと知り、彼の両親に会いに行きます。 この映画を無料で観る

【結】- ブロークバックマウンテンのあらすじ4

ジャックの実家に足を運んだイニスは、生前彼がイニスとここで牧場をしたいと語っていたことを聞かされます。
イニスはジャックの母親から彼の部屋に案内され、山に忘れたと思っていた自分のシャツを見つけます。イニスのシャツはジャックのシャツに包み込まれるように掛けられており、イニスは声を押し殺して涙します。
後日、イニスの元に19歳になった娘アルマ・ジュニアが結婚の報告にやって来ます。イニスは娘を祝福し、結婚式に出席すると約束します。
1人になったイニスは、クローゼットに飾っているブロークバックマウンテンの絵葉書と、彼の家から持ち帰ったシャツを見つめます。ジャックへの永遠の愛を誓う場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ブロークバックマウンテン」の商品はこちら