「ベストフレンズウェディング」のネタバレあらすじ結末

ベスト・フレンズ・ウェディングの紹介:1997年公開のアメリカ映画。結婚の決まった元恋人の愛を取り戻そうと、悪戦苦闘する女性の姿を描いたラブ・コメディ。ジュリア・ロバーツがキャメロン・ディアスと共演。

この映画を無料で観る

予告動画

ベストフレンズウェディングの主な出演者

ジュリアン・ポーター〔ジュールス〕(ジュリア・ロバーツ)、マイケル・オニール(ダーモット・マルロニー)、キンバリー・ウォーレス〔キム〕(キャメロン・ディアス)、ジョージ・ダウンス(ルパート・エヴェレット)、ウォルター・ウォーレス(フィリップ・ボスコ)

ベストフレンズウェディングのネタバレあらすじ

【起】- ベストフレンズウェディングのあらすじ1

NYに住むジュールスは有名な料理評論家の女性で、今度本も出す予定です。
ジュールスには一時期付き合ったこともある、長年の親友の男性・マイケルがいて、昔「28歳になった時に互いが独身だったら、結婚しよう」と言われました。
3週間後はジュールスの28歳の誕生日です。その頃マイケルから「大事な話がある」と留守電にメッセージが残っていました。
淡い期待を抱いてマイケルに電話すると「4日後に結婚する」と言われてジュールスはずっこけました。
マイケルの結婚相手・キムはシカゴ大3年の20歳の女性で、大富豪の娘です。まだマイケルを特別に思っていると気づいたジュールスは、結婚を邪魔するべくシカゴに行きました。 この映画を無料で観る

【承】- ベストフレンズウェディングのあらすじ2

キムに紹介されたジュールスは、骨折した友人の代理で花嫁の付添人をしてほしいと頼まれ、気圧されます。
マイケルから過去を聞いたキムは、ジュールスの思惑(結婚の邪魔)も察しました。2人きりの時エレベータを緊急停止させ「あなたは彼の女神、私は彼の妻(あなたは彼の憧れの存在だけど、結婚するのは私よ)」と釘を刺します。キムはジュールスにライバル意識を持っていました。
フリーのスポーツ記者のマイケルを、キムの父・ウォルターの会社へ就職させたらと、ジュールスはキムにアドバイスします。マイケルが仕事にプライドを持つのを知っていて、です。
作戦は功を奏しマイケルはキムに怒りますが、キムが泣いて詫び収まりました。

【転】- ベストフレンズウェディングのあらすじ3

ジュールスが出す本の編集者でゲイの親友・ジョージがシカゴに来て、「素直にマイケルに告白しろ」と背を押します。
ジュールスはマイケルに告白しようとしますが、長年の親友に今更照れくさいのと、強がりもあって遠回しに表現するうち、マイケルにジョージと婚約したと誤解されます。
仕方なく婚約者だとジョージを紹介すると、ジョージはジュールスにべたべたし、マイケルは複雑な心境(嫉妬)でした。マイケルもジュールスに特別な思いがあるのです。
ジュールスの婚約を知り、キムは勘違いを詫びました。
ジョージが去った後、ジュールスはマイケルに婚約は嘘だと告げました。マイケルは安堵し、2人はいいムードで船上で踊ります。

【結】- ベストフレンズウェディングのあらすじ4

キムの父・ウォルターの事務所で、ジュールスはマイケルの上司宛に「娘婿を解雇してくれ」と電子メールを綴りますが送信できず、一時保存するとウォルターの秘書が送信しました。
解雇通知を受けたマイケルは結婚中止を考え、ジュールスは罪悪感を覚えました。
式当日、ジュールスはメールは自分だと告げて詫び、愛を告白してマイケルにキスをします。キムが現場を見てショックを受け、マイケルはキムを追いました。誤解を解いたジュールスは身を引き、2人を祝福します。
2人を見送り、落胆するジュールスの傍にジョージが現れ、慰めて笑顔にします。ジュールスのベスト・フレンドはジョージでした(ゲイなので恋愛には発展しないけれど)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ベストフレンズウェディング」の商品はこちら