「ホットロード」のネタバレあらすじ結末

ホットロードの紹介:2014年公開の日本映画。80年代に連載され人気を博した紡木たくの同名少女コミックを、能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。不幸な生い立ちから、行き場を失った少女が暴走族の少年と出会い、恋に落ちる姿がつづられる。

予告動画

ホットロードの主な出演者

宮市和希(能年玲奈)、春山洋志〔ハル〕(登坂広臣)、ママ(木村佳乃)、鈴木(小澤征悦)、玉見トオル(鈴木亮平)、宏子(太田莉菜)、えり(竹富聖花)、リチャード(落合モトキ)、リーダー赤根(野替愁平)、No.2 永山(遠藤雄弥)、高津(利重剛)、春山の母(松田美由紀)

ホットロードのネタバレあらすじ

【起】- ホットロードのあらすじ1

神奈川県の相模に住む14歳の少女・和希の家は特殊でした。
和希のママは高校時代から好きな男性・鈴木がいましたが、鈴木もママも別の人と結婚しました。
ママはいやいや結婚した男との子を産みました。それが和希です。父は和希が幼い頃に他界しました。
現在もママと鈴木の関係は続いており、鈴木は離婚調停中です。
ママの誕生日に万引きをした和希は、母が迎えに来なかったことで「自分は望まれていない」と確信しました。家に帰っても孤独で、行き場はありません。
和希は横浜から転校してきたえりと親しくなりました。見た目が不良っぽいえりは、堕胎した過去を持つなどというあらぬ噂を立てられて傷つき、和希は慰めました。 この映画を無料で観る

【承】- ホットロードのあらすじ2

和希はえりの横浜時代の先輩・宏子に紹介されます。宏子の恋人・トオルは本部を横浜に置く総勢500人の暴走族〝ナイツ〟の総頭です。
トオルは交差点に最初に入る「切り込み」役をする春山、通称・ハルに目をかけていました。ハルはGSに勤務する青年です。
和希に同じ匂いをかぎ取ったハルはからかい、和希は気分を害します。しかし別の日、えりと和希が集団の男たちに襲われた時にハルが助けに現れました。
夜が白み始める頃バイクで送ったハルは、発熱する和希をハルの母に預けます。父を幼い頃に亡くし、再婚した母と父親の違う弟・強がいるハルは独り暮らしをしています。
境遇の似た和希とハルは惹かれ合いました。

【転】- ホットロードのあらすじ3

ナイツの歴代総長はホンダの400Four(ヨンフォア)のバイクを引き継ぎます。トオルはハルを次の総頭に据えると引退し、警察に連行されました。
新宿で喧嘩一本で台頭した15人の少数精鋭〝漠統〟のNo.2永山が、ハルを敵視し挑発します。大事な存在・和希がいるハルは、生き方を考え直しました。
和希はママと喧嘩して家を飛び出すと、宏子の元に身を寄せます。学校の新担任・高津は弟を15歳で亡くしたと告げ「命なんて簡単になくなる(命を大事にしろ)」と和希に言いました。
ハルという支えができた和希は、ママに訊きたかった質問「生まれてよかったの?」をぶつけ、ママは「産んでよかったに決まっている」と答えました。 この映画を無料で観る

【結】- ホットロードのあらすじ4

和希とママの溝が埋まり、和希はママと鈴木の再婚を認めました。
漠統はナイツを襲撃しようと待ち伏せします。警察が先回りしてナイツの走行は中止になり、漠統の襲撃も空振りでした。
遅れたハルは熱が出たままバイクを走らせ、トラックと接触事故を起こしました。10日以上も意識不明の重態になります。
茫然自失、衰弱した和希をママがおぶって病院に駆け込みました。
ハルの意識が戻ります。左半身に麻痺が残ったものの助かったハルを前に、和希は担任・高津の言葉を思い出しました。
釈放されたトオルは妊婦の宏子と暮らします。えりは美容師を目指し、リハビリ中のハルの傍にいる和希は、いつかハルの子の母になりたいと思いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ホットロード」の商品はこちら