「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブルーベリー・ナイツの紹介:失恋した女の子が旅に出てたくさんの人に出会い、生まれ変わっていく。旅をしながら思い出すのは、カフェのオーナーがいつも残しておいてくれたブルーベリーパイの味…。
『恋する惑星』や『ブエノスアイレス』で知られる香港映画界のウォン・カーウァイ監督がジャズの歌姫ノラ・ジョーンズを主演に抜擢し、初めて全編英語で制作したラブストーリー。第60回カンヌ国際映画祭にてオープニングに上映された作品。

この映画を無料で観る

予告動画

マイ・ブルーベリー・ナイツの主な出演者

エリザベス(ノラ・ジョーンズ)、ジェレミー(ジュード・ロウ)、アーニー(デビット・ストラザーン)、スー・リン(レイチェル・ワイズ)、レスリー(ナタリー・ポートマン)

マイ・ブルーベリー・ナイツのネタバレあらすじ

【起】- マイ・ブルーベリー・ナイツのあらすじ1

突然恋人に振られたエリザベスは別れの原因を探るため、彼の部屋の向かいにあるカフェを訪ねます。オーナーのジェレミーから、彼が別の女性と一緒にいたことを聞いたエリザベスですが、なかなか諦めがつきません。
カフェにはたくさんの鍵が預けられていて、鍵の数だけ物語があります。鍵の中にはジェレミーの過去も…。カフェの名は「クルーチ」(露語:鍵)。鍵好きだったロシア人の元恋人カティアとの思い出溢れる店でした。
人恋しくなったエリザベスはカフェに通いだし、店でなぜか人気のないブルーベリーパイにアイスを添えて食べるようになりました。それが数日間続き、ジェレミーはエリザベスに好意を抱き始め、彼女のためにパイを残しておくようになります。
店の防犯カメラの修理をきっかけに、エリザベスは彼が来店した時の映像を見て涙を流し、やけ食いしたままカウンターで眠ってしまいます。アイスが付いた彼女の唇に、ジェレミーはそっとキスをしました。

【承】- マイ・ブルーベリー・ナイツのあらすじ2

―1日目 N.Y
新たな恋人と一緒にいる彼を目撃したエリザベスは、旅に出ることにします。エリザベスが何も告げず店に来なくなり、ジェレミーは彼女がヨリを戻したものだと思っていました。
エリザベスはメンフィスに辿り着き、昼夜問わず働きながら定期的にジェレミーに葉書を出します。詳しい居場所が分からないジェレミーは、メンフィス中の店に電話をかけ、必死で彼女を探しました。
エリザベスは夜に働いているバーで、アルコール依存症のアーニーに出会います。彼は別れた妻スー・リンを忘れられず、酒で淋しさを紛らわせていました。人を寄せ付けない彼ですが、エリザベスには心を開きます。
スー・リンの現恋人に暴力をふるったアーニーは、彼女に激しく罵られ、今生の別れを告げられます。絶望したアーニーは、二人が出会った場所で自ら事故を起こしました。元夫の死にショックを受けたスー・リンは街を出ます。それと同じころ、エリザベスも新たな街へと向いました。

【転】- マイ・ブルーベリー・ナイツのあらすじ3

―185日目 N.Yから3,906マイル
季節は冬。カフェにカティアが現れます。彼女はジェレミーに少し未練が残っていましたが、ジェレミーの気持ちはもう離れていた為、彼女は去って行きました。

―251日目 N.Yから5,603マイル
エリザベスはカジノで働き始め、若く美しいギャンブラーのレスリーに出会います。エリザベスは彼女からかけ金の出資を打診されます。勝てば元金と勝金の3割、負けてもレスリーの愛車をくれるというのです。車を買うために貯金していたエリザベスは、賭けに出ました。
しかしレスリーは大敗し、車を譲る代わりに、ラスベガスまでエリザベスを同行させます。ベガスはレスリーの父がいる場所。ポーカーと「誰も信じるな」ということを教えてくれた父でした。
移動の途中、レスリーの父が危篤との連絡が来ますが、彼女は信じませんでした。今までも何度も同じ嘘をつかれたからです。しかし今回だけは事実で、病院に着いた時には、父は亡くなっていました。 この映画を無料で観る

【結】- マイ・ブルーベリー・ナイツのあらすじ4

父の形見の車はあげられないとレスリーが言い出します。実は賭けには勝っていたのですが、一人でベガスに行くのが淋しくてエリザベスに嘘をついたのでした。勝って手に入れたお金で、エリザベスは念願の車を買い、二人は別れました。そしてエリザベスはニューヨークへ戻ります。

―300日目 N.Y
ジェレミーはカティアの鍵は捨てました。エリザベスも空になった元彼の部屋を見かけても平気でした。二人は変わったのです。
エリザベスから連絡を受け、ジェレミーは待ちきれずに寒空の下、店の外で彼女を待ち、待望の再会を遂げました。
ジェレミーはいつエリザベスが来てもいいように、売れ残るのにも関わらず、ずっとブルーベリーパイを作っていました。1年ほど前のように、パイを食べて眠ってしまったエリザベス。口元にはあの時と同じで、アイスが付いています。ジェレミーが再びキスをすると、エリザベスが応えました。二人は何度も何度も唇を重ね合いました。
1年近くかかったけど、道を渡るのはそう難しくない。反対側で待つ人次第。エリザベスはそう実感するのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の商品はこちら