「ミート・ザ・ペアレンツ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画,ラブストーリー

ミート・ザ・ペアレンツの紹介:2000年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定で、ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラーを迎え、花嫁の父と花嫁の恋人という設定で闘わせている。シリーズ化され続編が2つ作られた。

予告動画

ミート・ザ・ペアレンツの主な出演者

ジャック・バーンズ(ロバート・デ・ニーロ)、ゲイロード・フォッカー〔グレッグ〕(ベン・スティラー)、パメラ・バーンズ〔パム〕(テリー・ポロ)、ディナ・バーンズ(ブライス・ダナー)、ラリー・バンクス(ジェームズ・レブホーン)、デボラ・バーンズ〔デビー〕(ニコル・デハッフ)

ミート・ザ・ペアレンツのネタバレあらすじ

【起】- ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ1

グレッグはシカゴの病院で働く看護師です。グレッグは小学校の教師をしている恋人・パムにプロポーズしました。パムは承諾し、早速、彼女の両親に結婚を許してもらうため挨拶に行きます。しかし彼女の父親は大変な人物でした。ロング・アイランドの高級住宅街に住むパムの両親は健在で、パムには妹・デビーと弟・デニーがいます。デビーは結婚を控えていました。グレッグはパムの両親にいい印象を持たれようと努力します。パムの母親は理解が深く、グレッグのことを気に入ってくれた様子でした。しかしグレッグは猫嫌いで、猫を愛するパムの父・ジャックから早々に嫌われます。ジャックはグレッグの苗字がフォッカーなのも気に入りません。 この映画を無料で観る

【承】- ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ2

(アメリカでは侮蔑用語「マザーファッカー(自分を産んでくれた母を犯す最低の人間)」があり、その「ファッカー」と音が似ているから)実はパムの父・ジャックは、家族には園芸家だと偽っていますが、本当は元CIA所属で心理尋問のプロフェッショナルなのです。グレッグに秘密の匂いを嗅ぎつけたジャックは、グレッグを嘘発見機にかけました。ジャックがグレッグの荷物をチェックしたところ、マリファナパイプやSM道具が出てきて、ジャックはグレッグの心証をどんどん悪くします。でも本当はマリファナパイプはパムの弟・デニーの持ち物で、SM道具一式はパムの元婚約者・ケヴィンのものでした。とんでもない誤解なのです。

【転】- ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ3

ジャックはCIAに頼み、グレッグの身元を調べてもらうことにしました。パムが食事会のとき「グレッグは首席で試験に受かった」とフォローするのですが、ジャックは信じません。徐々に居心地が悪くなったグレッグはとうとうバーンズ家を追い出され、ひとり淋しく空港へ向かいました。しかしバーンズ家でも騒動が起きていました。温厚なパムが父親に怒っていたのです。愛する娘・パムが怒りまくったことで、ジャックは動転します。そこへCIAからグレッグの調査書が届きました。グレッグの本名は「ゲイロード」というのですが、「ゲイ(同性愛者)」を連想させる言葉なので、グレッグは通称の「グレッグ」という名称で普段は通していたのです。 この映画を無料で観る

【結】- ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ4

そのため誤解が生じましたが、パムが言ったとおりグレッグは首席で試験に受かっている優秀な看護師でした。ジャックは自らの過ちを認め、グレッグを引き止めるため空港まで車を走らせました。さてわだかまりもなくなり、グレッグとパムは晴れて結婚を許されました。…が、しかし…。(エンディング)グレッグ滞在中に隠しカメラで撮られた映像の中に、グレッグがジャックに悪態をつきまくる姿があります。隠しカメラを撮ったジャックがそれを見ながら、不敵な笑みを浮かべています。まだまだグレッグと花嫁の父・ジャックが親しくなるには時間がかかりそうです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ミート・ザ・ペアレンツ」の商品はこちら

ミート・ザ・ペアレンツ [DVD]