「ムーランルージュ」のネタバレあらすじ結末

ムーランルージュの紹介:2001年製作のアメリカ映画。バズ・ラーマン監督らしい、華やかなミュージカル映画です。誰しもが一度は聞いたことのある曲がいろんなシーンに使われており、それを歌うニコールキッドマン、ユアンマクレガーの歌唱力にも感動させられます。

この映画を無料で観る

予告動画

ムーランルージュの主な出演者

サティーン(ニコール・キッドマン)、クリスチャン(ユアン・マクレガー)、トゥールーズ・ロートレック(ジョン・レグイザモ)、ジドラー(ジム・ブロードベント)、ウースター公爵(リチャード・ロクスバーグ)

ムーランルージュのネタバレあらすじ

【起】- ムーランルージュのあらすじ1

パリのナイトクラブ、「ムーラン・ルージュ」。そこで働くサティーンは、本物の女優になることを夢見ています。しかし、このムーランルージュ、豪華なセットや、サティーンの人気によって人々を魅了することには成功していたものの、実際のところは資金面から運営が難しくなっていました。
そこでオーナーのジドラーは、資産家であるウースター公爵に、新しいショーの主役である彼女をあてがうことで資金を得ようと考えつきます。ある日のショーの最中、ジドラーはサティーンにウースター公爵を紹介します。が、サティーンは、ウースター公爵ではなく、舞台作家であるクリスチャンだと勘違いしてしまいました。
その出会いがきっかけとなり、二人は愛し合うようになりますが、これはもちろん秘密にしなければなりませんでした。

【承】- ムーランルージュのあらすじ2

最初は、クリスチャンとは付き合えないと思っていたサティーンも、彼の熱意に押され、心開くようになり、密会を繰り返すことになります。公爵は、自分に対していつまでも好意をもたないサティーンへ苛立ち始めます。
そんな中、ムーランルージュでは舞台の改装と新作のショーのリハーサルが着々と進んでいました。新作のショーはインドを舞台としており、サティーンはシタール奏者を愛する役を演じます。
しかし、公演の前の日の夜、公爵はエンディングを変える必要があると言い出します。公爵は美女はシタール奏者ではなく、マハラジャを選ぶべきだというのです。彼のなかで、シタール奏者はクリスチャン、マハラジャは自分、という見方をしていたのです。

【転】- ムーランルージュのあらすじ3

エンディングを変更したくないサティーンは、公爵と一夜を過ごす決意をします。公爵はようやくサティーンが自分のものになると喜んでいました。しかし、クリスチャンに強くとめられるサティーン。
このころサティーンは本気でクリスチャンを愛していました。そうして、サティーンは公爵の待つ部屋へは行けなかったのです。これに激怒した公爵。
クリスチャンを殺す、と決めました。この殺害計画を知ったクリスチャンは、サティーンと一緒に逃げようとします。が、サティーンは愛するクリスチャンのため、一人でムーランルージュを出ていくよう求めます。
つらく悲しい嘘をつきクリスチャンに別れを告げ、舞台へ向かいます。しかし、二人の愛がこんなに簡単に引き裂かれることを信じられないクリスチャンは、舞台裏でサティーンを追い、わけを聞かせてほしいと言い寄ります。
そのとき、誤って舞台の幕が開き、二人の姿が観衆の前にあらわれます。 この映画を無料で観る

【結】- ムーランルージュのあらすじ4

舞台上で「どんな壁が私たちを別とうとしても、あなたを愛している。命が終わるその日まで」と愛の歌を歌います。これを見ていた公爵は、ピストルを二人に向けますが、あえなく失敗に終わります。
そうして、人々の大喝采の中で幕は降ります。愛し合っていることを改めて確認しあった二人。しかし、クリスチャンが強く抱きしめた腕の中で、突然サティーンの息が乱れます。
サティーンの体は結核によりボロボロになっていました。ただ、これまでは愛を知らずに生きてきた彼女が、最期は愛する人の腕の中で迎えることができました。
一人残されたクリスチャンは、大きな喪失感のなかで、二人が愛し合った日々のことを本にしようとタイプライターの前に向かいます。そうしてできた作品が、この映画、ムーランルージュなのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ムーランルージュ」の商品はこちら