「モテキ」のネタバレあらすじ結末

モテキの紹介:2011年公開の日本映画。深夜ドラマ化もされた久保ミツロウの大人気コミックを完全オリジナルストーリーで映画化。ある日突然“モテ期”を迎えた冴えない草食系男子が、恋にエロスに翻弄されるさまを描く。

予告動画

モテキの主な出演者

藤本幸世(森山未來)、松尾みゆき(長澤まさみ)、枡元るみ子(麻生久美子)、愛(仲里依紗)、唐木素子(真木よう子)、墨田卓也(リリー・フランキー)、山下ダイスケ(金子ノブアキ)、島田雄一(新井浩文)

モテキのネタバレあらすじ

【起】- モテキのあらすじ1

藤本幸世は31歳独身男性で、モテない草食系男子です。1年前にモテキ(モテ期)が到来しましたが結局ものにならず、実家暮らしだった幸世は再び上京して一人暮らしを始めました。
ネットでニュース記事を書く「ニュースサイト・ナタリー」の面接試験を受けた幸世は、知り合いの40代男性・墨田が、見た目は冴えないのに四股かけていることを知って軽いショックを受けます。面接に合格した幸世はアルバイトを始めました。
職場のツンデレS女・素子の叱咤激励のもと、ライターの仕事を覚えていた幸世はある日、ツイッターで「matsuo-m」という男性と趣味が合い、意気投合します。その男性と会う話になりました。 この映画を無料で観る

【承】- モテキのあらすじ2

待ち合わせ場所に現れたのは、なんと女性でした。その女性・松尾みゆきはネット上で性別を偽るつもりはなく、単に設定を放置しただけです。
幸世とみゆきは飲み会で盛り上がりました。みゆきへの第一印象は「ぜってー、遊んでやがる」で、しかも年上の彼氏がいることも分かりますが、それ以上に幸世は久々に訪れた楽しい時間を満喫し、みゆきのことを好きになります。
彼氏がいるから駄目だろうなとあきらめつつも、あきらめきれない幸世に対し、謎のハデかわアゲ嬢ホステス・愛は激励しました。
若いながらも子を持ち堅実に働く愛の意外な一面を見た幸世は、愛に「君みたいな男性はちゃんと需要があるよ」と言われ、頑張ることにします。

【転】- モテキのあらすじ3

そんな折、幸世はみゆきの友人で彼氏のいない一途な清楚系OL・るみ子と知り合いました。しかも、るみ子は幸世のことを好きだと告白します。
ちょうどその頃、みゆきが彼氏と同棲していることを知った幸世は、勢いでるみ子と一夜を共にしました。
るみ子と交際を始めればいいのですが、幸世はそれでもみゆきへの未練を断ち切れません。
あるコンサート会場でみゆきとるみ子に会った幸世は、みゆきに「るみ子とセックスした」と言いました。みゆきは動揺してその場を去ります。
みゆきの彼氏がイケメンのイベント経営オーガナイザー・山下ダイスケと発覚しました。妻帯者の山下に詰め寄った幸世は「みゆきも分かってる」と言います。 この映画を無料で観る

【結】- モテキのあらすじ4

すっかり重たい女と化したるみ子に幸世は別れを告げました。るみ子は墨田と寝ることで気持ちをふっ切ります。
幸世はみゆきに告白しますが「幸世君とじゃ成長できない」と振られました。
しかしみゆきも迷っていました。山下が妻と別れみゆきと「ずっと一緒に住める」と言いますが、みゆきは浮かない顔です。
そんな山下とみゆきのツーショットを見て、失恋しても未練を感じる幸世に素子が叱咤します。
山下のインタビュー記事を素子から一任された幸世は、記事を完璧に仕上げるともう1度みゆきにアタックします。
「幸世君とは恋愛したくなかった」と言いながら、みゆきは山下の前で幸世のキスを受けました。
(一応ハッピーエンド?)

みんなの感想

ライターの感想

満島ひかりさんが演じる中柴いつかがカラオケボックスで神聖かまってちゃんの「ロックンロールは鳴り止まない」を絶叫しながら歌うシーンがとても印象的でした。
曲の歌詞にもとてもマッチしているというか、若者の悶々とした葛藤や心の叫びを音楽に乗せて、ロックンロールにたとえて、吐き出しているこのシーンは格好良くもあり、また切なくも感じるシーンでした。曲の力もありますが、演技力も圧巻ものでした。モテキの中で一番格好いいシーンだと思います。

映画の感想を投稿する

映画「モテキ」の商品はこちら