「ラブソングができるまで」のネタバレあらすじ結末

ラブソングができるまでの紹介:2007年公開のアメリカ映画。マーク・ローレンスが脚本と監督を務め、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアが共演した、ロマンチック・コメディ。

予告動画

ラブソングができるまでの主な出演者

アレックス・フレッチャー(ヒュー・グラント)、ソフィー・フィッシャー(ドリュー・バリモア)、コーラ・コーマン(ヘイリー・ベネット)、クリス・ライリー(ブラッド・ギャレット)、ロンダ(クリステン・ジョンストン)、スローン・ケイツ(キャンベル・スコット)

ラブソングができるまでのネタバレあらすじ

【起】- ラブソングができるまでのあらすじ1

アレックスは1980年代に大人気だったバンド『PoP』のボーカルですが、現在ではすっかり落ちぶれています。テーマパークや同窓会などの小さなイベントではお呼びがかかるものの、メディアに乗ることはありません。
そんなアレックスにマネージャー・コリンがビッグ・チャンスを持ち込みました。いま大人気のカリスマ歌姫であるコーラ・コーマンの新曲を作る仕事です。これに成功すれば、アレックスは返り咲けるかもしれません。
しかしその新曲お披露目は2週間後のコーラのコンサートの日なので、曲の製作期間はわずか1週間でした。コーラはほかに7人のアーティストに声をかけていて、確実に採用される見込みはありません。 この映画を無料で観る

【承】- ラブソングができるまでのあらすじ2

それでもアレックスはチャンスを活かすため、曲作りを開始しました。
ブレイク中の作詞家グレッグ・アントンスキーに話をつけ一緒に曲作りを始めますが、アレックスとグレッグは意見が合いません。
その時、2人の曲を聞いていたアルバイト女性・ソフィーが歌詞を口ずさみ、アレックスはそちらに共感しました。グレッグは怒って帰ります。
ソフィーはアレックスのアパートに植木の世話と水やりにやってきた女性でした。アレックスはソフィーを熱心に口説きます。
ソフィーの姉・ロンダがアレックスの大ファンなのもあり、ソフィーは気が乗らないながらも曲作りを手伝います。
アレックスとソフィーは曲を作りながら、距離を縮めていきます。

【転】- ラブソングができるまでのあらすじ3

ソフィーは作家志望でしたが、失恋後は姉・ロンダと痩身ビジネスをしています。大学講師のスローンに婚約者の存在を知らされないまま、ソフィーは交際していました。しかも破局後、自分との恋愛が『サリー・マイケルズ』という本にされ、スローンは大作家になり、ソフィーは書く気が失せたのです。
アレックスとソフィーの作った曲が採用されました。しかしコーラに会いに行くと、曲はコーラ好みのアレンジがなされ別物になっていて、ソフィーは不満です。
コーラに文句を言いそうなソフィーをアレックスは制止し、これがもとでいいムードになっていたアレックスとソフィーは別れました。
ソフィーは痩身業のフロリダ支店行きが決まります。 この映画を無料で観る

【結】- ラブソングができるまでのあらすじ4

フロリダに行く前に、ソフィーは姉・ロンダとともに、コーラのライヴに行きました。
コーラが作曲者の名前をアレックスしか読み上げなかったことから、怒って会場を去ろうとしたソフィーですが、アレックスがソフィーへのラブソングを歌い、ソフィーは立ち止まります。
しかも曲はアレックスがコーラを説得し、以前アレックスとソフィーが作ったバージョンに戻してくれていました。そして作詞家として、ちゃんとソフィーの名も呼ばれます。
ソフィーはアレックスのもとに戻りました。
(エンドロール)PoP再ブームが到来、アレックスも返り咲きます。
アレックスとソフィーは一緒に暮らし始めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ラブソングができるまで」の商品はこちら