「ラブファイト」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

ラブファイトの紹介:2008年公開の日本映画。いじめられっ子の男子高校生と喧嘩の強い女子高生の、幼馴染二人のラブストーリーを描いた作品。まきの・えりの「聖母少女」が原作。大沢たかおが初めて映画プロデュースした作品。主演は「バッテリー」の林遣都と「幸福な食卓」の北乃きい。主題歌はFUNKY MONKEY BABYSの「希望の唄」。

この映画を無料で観る

予告動画

ラブファイトの主な出演者

立花稔(林遣都)、西村亜紀(北乃きい)、ジョー大木(大沢たかお)、三杉順子(桜井幸子)、タケ(波岡一喜)、奥田恭子(藤村聖子)、芹沢学(鳥羽潤)

ラブファイトのネタバレあらすじ

【起】- ラブファイトのあらすじ1

幼稚園の頃から苛められていた立花稔は、いつも幼馴染の西村亜紀に守ってもらっていました。高校生になっても変わらずで、喧嘩の強い亜紀が不良達から稔を守っていました。
しかし、稔がからまれるのは、美人の亜紀と仲良くしているからで、逆に迷惑がっている稔でした。亜紀は稔を守ることが快感になっていってました。
亜紀を紹介してくれと頼んでくる不良達が、稔目掛けて絡んできます。そこに元ボクサーで、現在大木ジムを営んでいるジョー大木が現れて助けてくれます。
ボクシングに興味を持った稔は、入門をお願いします。大木のジムは、網膜剥離で引退に追い込まれたタケしかいませんでした。
タケはバイトでも何でもすると言って、大木にジムの再開を頼みます。そしてダイエットプログラムで入門者を増やそうと考えます。
稔は毎日走ったりとトレーニングを頑張っていました。そこに中学生の時の同級生の奥田恭子が現れます。
彼女もボクシングをしたいと言ってきます。恭子の狙いは稔と一緒にいることでした。
ある日、不良に追いかけられた稔を見た亜紀が倒しに行こうとします。稔は止めるために、一緒にロッカーの中に入って閉じ込められます。
ロッカーの鍵が閉まっていて、恭子が助けに来ます。その時に稔がボクシングを始めた事がバレてしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- ラブファイトのあらすじ2

大木ジムに亜紀が殴りこんできます。稔は同じジムでなくても…と困った様子です。負けん気の強い亜紀を、大木は女性にしておくことをもったいないと思います。
ある日、大木の元恋人で女優の三杉順子がジムを訪ねます。ボクシングの映画に出演することになって、大木ジムに通うことになります。
稔はトレーニングが十分だと判断されて、大木とスパーリングすることになります。しかし、いざという時に殴れなくて結果はダメダメでした。
悩む稔は、殴れないのは幼い頃から、亜紀の蹴りでパンツが気になっていたからだと考えます。亜紀に八つ当たりしますが、逆にやられてしまいます。
恭子は稔と付き合っても良いか、亜紀に聞きます。亜紀はそういった関係じゃないからと言います。
イライラが収まらない亜紀は、大木にスパーリングを願い出ます。トレーニングが足りないと言われていましたが、大木が許可します。一発も大木にパンチを当てることができませんでした。
それから亜紀は猛特訓を始めて、他のジムの女性プロボクサーとスパーリングをします。歯が立たない様子を、恭子がビデオカメラで撮影してスパイ任務をこなします。
しかし、殴り合いの様子に気持ち悪くなった恭子は、稔に助けを求めて倒れます。それからジムには顔を出さなくなります。

【転】- ラブファイトのあらすじ3

順子が持ち掛けてきた映画の撮影が始まります。大木も出演することになって、ガチンコで対決することになります。しかし、金をもらって負けるようにと言われます。
ジムをサボっていた稔が、大木に見つかります。殴れないことに落ち込んでいる稔を、大木が的確にアドバイスします。
稔はこの時に、世界一強くなりたいのではなく、亜紀に勝ちたいからという理由でボクシングを始めたことを打ち明けます。
大木は順子が嫌な役でも頑張って演技している様子を見ます。食べていくためにも彼女は頑張っているのです。
ジムにやってきた順子にバンテージを巻いてあげます。大木は八百長試合をどうするか悩んでいました。
ついに映画の撮影日になります。タケ達は、主演のチャラ男をぶっ飛ばすように大木を応援します。
大木は相手のグローブしか殴りませんでした。パンチもワザと当たって行きます。タケ達はそんな大木を見ていたくないと叫びます。
順子は稔に見ておくように言います。大木は殴らないとどうなるかを稔に見せたかったのです。
ボコボコにされた大木は倒れます。怒った亜紀が殴りかかろうとすると、そんなことに拳は使わなくていいと大木が言います。なので、亜紀は主演のチャラ男に蹴りをくらわしてKOします。
帰り道の公園で、亜紀は大木の昔の恋話を聞きます。大木にキスしてもらいたいと言います。大木は稔に止めなくて良いのか聞いてきます。
自分の気持ちに素直になれない稔は、止めることをしませんでした。大木にキスされて、亜紀は泣きながら帰って行きます。

【結】- ラブファイトのあらすじ4

自分の気持ちに気づいた稔は、必死にサンドバッグを殴ります。亜紀は稔の前で泣いたことなど無かったのです。
大木が稔にリングに上がるように言います。稔は大木をガンガン殴って行きます。スパーリングした後、稔は帰って行きます。
順子は嫌な映画プロデューサーから出演をもらっていました。大木の姿を見て、映画の出演を断ります。
順子と大木はお互いに会いに行こうとして、すれ違いになります。看板を直そうとした順子が、2階から落ちて入院します。
稔は恭子と二人だけの誕生日会に呼ばれます。恭子は自分の好きな俳優に、稔が似ていて好きだと言います。
迫ってくる恭子に、稔はキスされて耐えれなくなります。最後は恭子にケーキを顔にぶつけられます。
順子のお見舞いに行った大木は、彼女が昔のタイトル戦のチラシを持っていることに気づきます。
彼女が好きだと言っていたホッペに軽く拳を当ててあげます。この時、大木が映画プロデューサーに金を返していたことが分かります。
亜紀は稔に泣いたことを恥じていると言います。そして大木にキスされる時は、守ってほしかったと言います。
稔の殴れない原因のパンツをボウリング場で見せつけます。見世物になっているので、稔が亜紀を連れ出します。
一緒に通った幼稚園の運動場で、ボクシング勝負が始まります。お互い血だらけになって、気持ちに素直になった二人がキスしてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の前半は、甘酸っぱく描かれていてニヤニヤできます。稔と亜紀がロッカーの中に閉じ込められたり、不良達から稔を守る亜紀の戦いぶり、ジムに通っているのがバレて亜紀が押し掛けてきたりする場面を見ていると、甘酸っぱい青春の香りを感じることができます。
後半は恋愛をテーマに重く描かれている印象です。大木と順子の関係や、お互いにキスを奪われた稔と亜紀の関係など、前半と違って大人な展開です。
と思いきや、順子が看板を直して2階から落ちて包帯だらけになっていたり、稔が恭子にケーキを顔にぶつけられたりします。真面目なトーンで、そういった演出がくるのでシュールな笑いのようにも感じ取れます。
印象的だったのは、大沢たかおや主演の二人のボクシングの戦いぶりです。本物のボクサーが行っているように見えてきます。パンチやフットワークなど見所満載です。北乃きいのハイキックは威力がありそうです。
最後まで見終わって、主演の林遣都と北乃きいに大沢たかおの演技が合わせ合って、良い出来の作品だと思います。所々突っ込みたくなる場面もありますが、見やすくてお勧め致します。

映画の感想を投稿する

映画「ラブファイト」の商品はこちら