「ローラ」のネタバレあらすじ結末

ローラの紹介:ジャック・ドゥミ監督の処女長編で、ヌーヴェル・ヴァーグの真珠と称された作品。1961年に公開されたモノクロ映画。初恋の人を想い続ける踊り子のローラと、彼女に惹かれる男たち。淡く憂いを帯びた3日間の恋物語。音楽はドゥミとのタッグで、数々の名作を生み出したミシェル・ルグラン。今作でもミュージカル要素が存分に感じられる。

この映画を無料で観る

予告動画

ローラの主な出演者

ローラ〈セシル〉(アヌーク・エーメ)、ローラン(マルク・ミシェル)、ミシェル(ジャック・アルダン)、フランキー(アラン・スコット)、デノワイエ夫人(エリナ・ラブルデッド)

ローラのネタバレあらすじ

【起】- ローラのあらすじ1

キャデラックのオープンカーに乗った男が、フランス・ナントの街に辿り着きました。

人生にうんざりしているローランは、仕事に遅刻しつつも行きつけのカフェにいました。カフェでは常連のジャンヌが、7年前に音信不通になった息子に似た人を見かけたと興奮しています。その後出勤したローランは職場を解雇されました。
ナントの街にはアメリカの水兵が溢れ、その一員フランキーはキャバレー『エル・ドラド』の踊り子ローラ(本名:セシル)に夢中です。一度関係を持った二人ですが、ローラはつれない態度。何故なら彼女は初恋の相手、フランス人水兵のミシェルを今でも想っているからです。彼は身籠ったローラを残し7年前に消息を絶ちました。
書店に行ったローランは、店主と揉めている客のデノワイエ夫人を見て、自分の辞書を寄付すると申し出ます。夫人の娘がセシルという名で、ローランは自分の幼馴染と同じ名前であることから、夫人と娘に親近感を覚えました。 この映画を無料で観る

【承】- ローラのあらすじ2

旅に出るつもりのローランですが、ジャンヌから美容院での求人を紹介され早速向かうと、偶然幼馴染のローラ(セシル)と再会し、二人は食事の約束をしました。そしてローランは美容院での仕事が運び屋だと知りますが引き受け、ナントを離れようと決めます。
デノワイエ家に辞書を届けたローランは、明日のセシルの誕生会に誘われます。デノワイエ夫人がローランに好意を抱いたからでした。
セシルは書店にて、フランキーと知り合います。英語を学びダンサーになりたいセシルは、アメリカ人のフランキーに心ときめきました。
ローラと食事をしたローランは、彼女が今でもミシェルが戻ると信じていることを知りました。幼い頃ローラが好きだったローランは、彼女への気持ちを再び募らせ、危険な仕事も断ろうと考え始めます。ところがローランは、ローラとフランキーが一緒にいる姿を目撃し、二人の後をつけました。

【転】- ローラのあらすじ3

その後ローランはローラに告白します。しかし気持ちに応えられないローラは、ミシェルの件は作り話でフランキーと共に街を発つのだと嘘をつきました。それを信じたローランは、男漁りの娼婦だとローラを責め、二人は喧嘩別れします。
フランキーに再び会ったセシルは、楽しい時間を過ごしますが、彼は今日街を離れることが決まっていました。デノワイエ夫人は娘が水兵と会っていたと知り、激高します。また、誕生会に呼んだローランが旅立つと聞き落胆しました。ところが美容師はダイヤの密売により警察に逮捕され、ローランの仕事は立ち消えになります。
それを知らないローラは彼の出発前に真実を伝えたいと、ローランを訪ねます。二人は気持ちを伝え合い、別れました。その帰り道ローランはセシルの友人から、セシルが一人でシェルブールへ行ったと聞き、慌ててデノワイエ家に向かいました。セシルはシェルブールにいる伯父のもとで床屋の修行をすると置手紙を残していました。

【結】- ローラのあらすじ4

実はセシルはフランキーを追ったのです。更に伯父というのはセシルの実の父親で、事実を知らせたくないデノワイエ夫人と共に、ローランもセシルを迎えに行くことになります。
その頃カフェの前にキャデラックが停まります。持ち主はミシェルでした。母のジャンヌに会いに来たのです。ミシェルと入れ違いで荷物を取りに来たローランは、ジャンヌが待ち焦がれていた息子が、自分の恋敵だったことを知りました。
ミシェルを探しに旅立ちを決めたローラは、店の仲間に別れを告げに来ました。そこにミシェルが現れ、7年ぶりの再会を果たします。ミシェルは金を稼ぐ為に必死で働いてきましたが、ローラに会う自信は持てなかったのです。ミシェルはナントに来てから3日間彷徨った末、ローラに会う決心をしました。
ミシェルはローラと息子を車に乗せ、街を走りました。ローラは港へ急ぐローランを見かけ気になりましたが、キャデラックは止まることもなく走り過ぎていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ローラ」の商品はこちら