「世界にひとつのプレイブック」のネタバレあらすじ結末

世界にひとつのプレイブックの紹介:妻に浮気されたショックから心を病んだパット。最愛の夫を事故で亡くして心を病んだティファニー。友人同士の紹介で知り合った二人はダンスをする仲に。最愛の人を失った男女の再起をユーモアを交えながら描いている。アカデミー賞では8部門でノミネートし、ゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞した作品。

予告動画

世界にひとつのプレイブックの主な出演者

パット(ブラッドリー・クーパー)、ティファニー(ジェニファー・ローレンス)、パットの父(ロバート・デ・ニーロ)、ダニー(クリス・タッカー)、パットの母(ジャッキー・ウィーヴァー)、パテル医師(アヌパム・カー)、パットの兄(シェー・ウィガム)、ニッキ(ブレア・ビー)

世界にひとつのプレイブックのネタバレあらすじ

【起】- 世界にひとつのプレイブックのあらすじ1

パットは裁判の結果で精神科の病院に入院していました。パットの母が家に連れて帰れるように奮闘します。友人のダニーも一緒にというパットでしたが、彼は病院から帰ることができませんでした。
病院から帰ってきたパットに父は驚きます。父は失業して、アメフトの試合のノミ屋を始めていました。友人のランディと博打をして生活する毎日です。いつかは稼いだ金で店を開業する予定です。
パットは薬物治療を嫌っていました。副作用で頭がぼんやりするからです。パットは退院してもストレスを感じると症状が出てしまいます。
夜中に本の内容が気に入らなくて、両親に大声で文句を言い出します。別の日には、妻のニッキとの結婚式の映像が見たいと言い出します。見つからなくて腹の立ったパットは大声で叫びます。
近所中に響き渡り、警察に通報されます。両親を殴ってしまったパットは、警官に病院に戻りたいのかと言われます。
パットは主治医のパテル医師の所に行きます。結婚式の音楽が流れていて、病院で暴れます。この音楽は妻のニッキが浮気していた現場に流れていた曲だったのです。パットは現場を目の当たりにして、浮気相手をボコボコに殴ってしまったのです。
パテル医師にどうしても妻のニッキと復縁したいと相談します。パットは接触禁止令が出ていて無理だと言われます。

【承】- 世界にひとつのプレイブックのあらすじ2

ゴミ袋を着てランニングをしていたパットは、友人のロニーと再会します。日曜日の食事会に誘われます。
パットが食事会に参加すると、ロニーの妻ヴェロニカの義妹ティファニーを紹介されます。ティファニーは夫のトミーを事故で失っていました。そして心を病んでいたのです。
ティファニーはパットに家に送るように言います。そして翌朝、パットがランニングをしているとティファニーがやってきます。一人で走りたいパットと喧嘩になります。ランニングコースはパットの母が内緒でティファニーに教えていました。
パテル医師はパットにティファニーを救ってあげればニッキも安心すると言います。そうすれば会えるのではと教えます。
パットはティファニーを夕食に誘います。何も考えずに思った事を喋るパットにティファニーがブチ切れます。周りの人から注目の的になってしまいます。
警察がやってきて、苦しんでるパットにティファニーが冷静になります。お互いに謝罪します。
ニッキに手紙を渡したいと言うパットに、ティファニーが渡してあげると言います。その代わりに一緒にダンスをしてほしいと条件を出します。渋々ダンスをするようになったパットでしたが、次第に落ち着いていきます。

【転】- 世界にひとつのプレイブックのあらすじ3

パットの父はイーグルスの試合を、兄のジェイクと見に行って欲しいとパットに言います。その試合には店を開業する金を全て賭けていました。
パットが試合を観戦すると、縁起が良いため行って欲しいと言います。ティファニーといると縁起が悪くなると父は言います。
しかし、試合の日はティファニーとダンスの約束をしていました。パットはティファニーに相談をすると、機嫌が悪くなります。大技の完成がまだだったからです。
ティファニーがニッキから手紙の返事があると言います。大技ができたら見せてあげると言います。気になって仕方ないパットが先に見せて欲しいと頼みます。
手紙には安心できる証明がないと無理と書かれていました。落ち込んだパットは家に帰ります。
イーグルスの試合の日になって、パットは会場に向かいます。試合が始まる前に乱闘騒ぎに巻き込まれたパットは、後から行く予定だったティファニーの約束を守れませんでした。試合も負けてしまって、金が無くなります。
怒ったティファニーが家に殴りこんできます。自分といると縁起が良くなることをパットの父に説明します。今日も約束を守っていれば乱闘騒ぎにならなかったと言います。

【結】- 世界にひとつのプレイブックのあらすじ4

ティファニーは再度試合の博打をするように言います。パットの父が話しに乗ってきます。今度は倍の金額で、ハンデも10つけると言います。そしてダンスの大会に出場するパットとティファニーの得点も博打の内容に入れます。
無謀な挑戦をしたくないパットでした。外に出てニッキからの手紙を読み返します。そこにはティファニーがさっき言った言い方にそっくりなフレーズが書いてありました。
手紙はティファニーが書いた事にパットは気づきます。そして博打に乗り気でないパットに、ティファニーがニッキが来ると嘘をつくようにパットの両親に言います。
ダンス大会当日、ロニー夫妻がニッキを連れて来てしまいます。復縁のチャンスができてしまうと思ったティファニーはヤケになって酒を飲みます。
ダンス大会の結果は周りから見れば良くない点数でしたが、博打には勝った点数でした。イーグルスの試合もハンデ以上の大差で勝ちます。
パットはニッキに元気になった姿を見せに行きます。その様子を見たティファニーが会場から出て行きます。
パットはニッキを置いてティファニーを追いかけます。話しを聞いてくれないティファニーに手紙を渡します。
手紙には愛してると書いてあります。そして一週間前に書いた手紙だとパットは言って、二人はキスをします。パットの家に皆が集まり、パットとティファニーのラブラブの様子が映されてエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「世界にひとつのプレイブック」の商品はこちら