「君に届け」のネタバレあらすじ結末

君に届けの紹介:2010年公開の日本映画。少女漫画のベストセラー、椎名軽穂による同名作を、多部未華子&三浦春馬主演で映画化したラブストーリー。憧れの男の子への初恋を通じて輝き出す内気な女子高生の姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

君に届けの主な出演者

黒沼爽子(多部未華子)、風早翔太(三浦春馬)、吉田千鶴(蓮佛美沙子)、胡桃沢梅(桐谷美玲)、矢野あかね(夏菜)、真田龍(青山ハル)、城ノ内宗一(金井勇太)、荒井一市(井浦新)、黒沼喜多夫(勝村政信)、黒沼陽子(富田靖子)

君に届けのネタバレあらすじ

【起】- 君に届けのあらすじ1

黒沢爽子は高校1年生の少女です。
爽子は見た目が暗いという理由で、特に何もしていないのに周囲から〝貞子〟というあだなで呼ばれ、呪われるとか霊力があるとかと言われて恐れられています。
しかし爽子は本当は、見た目とは異なり実はけなげないい子でした。周囲のことを優先して考えるため浮いてしまって、他人にうまく意思疎通が図れないだけでした。
爽子と同じクラスに、風早翔太という男の子がいました。翔太は爽子とは対照的で、誰とでも明るく接することができる少年です。
爽子に対しても皆と変わりなく明るく接してくれるので、爽子は翔太に憧れと尊敬の念を抱いていました。 この映画を無料で観る

【承】- 君に届けのあらすじ2

翔太は、爽子の風貌に惑わされることなく、爽子が実はいい女の子なのだということに気づいています。そして翔太は、爽子に特別な感情を抱いていました。
ある日、肝試しをきっかけに、爽子はクラスメイトの千鶴とあやねと親しくなります。
千鶴は義理と人情に厚いのですが、涙もろい一面を持つ少女です。そしてあやねは常に沈着冷静で、礼儀正しい女の子でした。
千鶴と幼馴染みの龍も、爽子に声をかけてくるようになります。
女友達が2人もでき、自分の気持ちを話せることができて爽子は嬉しい時間を過ごしました。
しかしある時、他のクラスメイトが交わす会話を聞きます。爽子といることで、千鶴やあやねや龍の株が下がるというのです。

【転】- 君に届けのあらすじ3

自分のせいで3人に迷惑をかけていると思った爽子は、千鶴やあやねや龍と距離を置こうと考えました。
爽子の急な態度の変化に千鶴とあやねは戸惑います。さらに爽子が自分たちの悪口を言っているという噂も流れたため、真偽を問おうとしました。
その頃、爽子は千鶴やあやねの株が下がると言った同級生とトイレで出くわし、彼女らの悪口を取り消せと口論しました。
翔太がこれを千鶴とあやねに知らせ、2人はトイレに行きます。これで2人と爽子の仲は元通りになりました。
そして爽子は翔太に恋をしていることを自覚します。
そんな爽子の前にライバルが出現しました。翔太のことを中学時代から好きな女の子・胡桃沢梅、通称・くるみです。

【結】- 君に届けのあらすじ4

くるみは爽子への牽制の意味で、翔太が好きなので協力してほしいと持ちかけます。くるみは爽子になれなれしく接し、翔太と引き離そうとしました。
千鶴とあやねはくるみの画策に気付きます。くるみに詰め寄った2人によって、くるみが爽子の噂や悪口のすべての元凶だと分かりました。それでも爽子はくるみのことを嫌いになれません。
爽子は翔太に告白されますが、断ります。自分に自信がないからです。
それを知った龍は「自分を信じないということは、爽子を好きだという他の者を信じないのと同じことだ」と言い、爽子は揺れました。
爽子の誕生日である大晦日、爽子は翔太に会いに行って気持ちを伝え、付き合うことになりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「君に届け」の商品はこちら