「天使の涙」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

天使の涙の紹介:真夜中の香港を彷徨う5人の男女の恋を描いた作品。ウォン・カーウァイ監督の前作「恋する惑星」の続編ともいうべき映画で、前作同様にスタイリッシュな映像や演出が話題を集めた。

この映画を無料で観る

天使の涙の主な出演者

殺し屋(レオン・ライ)、エージェント(ミシェール・リー)、モウ(金城武)

天使の涙のネタバレあらすじ

【起】- 天使の涙のあらすじ1

エージェントの女は、パートナーである殺し屋の男が留守の間に彼の部屋を掃除しています。エージェントの女と殺し屋の男は、お互いに感情移入を避けるために直接会うことを避けています。
エージェントの女は、殺し屋の捨てたゴミから彼の生活を窺います。そして、顔も知らないパートナーの殺し屋に強い興味を抱き始めます。殺し屋の男は、パートナーの指示通りに動けばよいこの仕事を、物臭な自分に向いていると感じてきました。エージェントの女が住む安宿、その宿の管理人の息子モウは警察のお尋ね者です。
モウは5歳の時に食べた期限切れのパイン缶のせいで口が不自由なままです。そのため友達も少なく仕事にも就けず、深夜に閉店している店を勝手に開けて営業しています。
夜な夜な様々な店で、通りかかった客に強引に物を売りつけるスタイルです。決して儲からないけれど、それでもモウはそんな日々を楽しいと感じています。 この映画を無料で観る

【承】- 天使の涙のあらすじ2

殺し屋の男は取り立ての仕事で負傷した日に、この仕事から足を洗うことを決意します。その決意を伝えるために、殺し屋の男はエージェントの女と待ち合わせをしますが、約束をすっぽかしてしまいます。
エージェントの女が探しに来るであろうと考えた殺し屋の男は、行きつけのバーにメッセージを残します。エージェントの女はそのメッセージ通りに、ジュークボックス1818番の曲をかけます。それは、「彼を忘れるわ」と歌う失恋歌でした。殺し屋の男は、バーガー屋で派手な髪の女に出会います。派手な髪の女は、殺し屋の男を自分の部屋に誘います。
派手な髪の女は、忘れられないように髪を派手にしているのだといいます。そして以前に殺し屋の男に口説かれたと話します。殺し屋の男はただ相手が欲しくて、派手な髪の女は彼が恋に落ちることを期待して、二人は一晩をともにします。その頃エージェントの女は、殺し屋の男の部屋で一人泣いていました。

【転】- 天使の涙のあらすじ3

モウは失恋した女の子に出会います。なぜか失恋した女の子にはモウの気持ちが伝わりました。二人で、彼氏を横取りした金髪のアレンを血眼になって探します。
見つからずに凹む失恋した女の子に、モウは寄り添い初めて恋をします。しかし、彼女は元彼のことしか頭にありません。元彼への想いにも賞味期限があると考えていたモウですが、初恋は失恋で幕を閉じます。そしてモウは、今までの深夜営業を改め居酒屋で働き始めます。
その店に偶然やって来たのは殺し屋の男です。殺し屋の男は店の主人と意気投合し、店経営の話に興味を持ちます。しかし、そこで流れてきたのはあのジュークボックス1818番の曲でした。
モウは店主の佐藤さんが、日本にいる家族のためにビデオメッセージを撮ることに興味を持ちます。モウは自分の父親を撮影します。モウの父親は嫌がりつつも、完成したビデオを一人嬉しそうに鑑賞していました。

【結】- 天使の涙のあらすじ4

エージェントの女と派手な髪の女は道ですれ違います。すれ違い様に、殺し屋の男が使う香水の匂いでお互いを嗅ぎつけます。エージェントの女と殺し屋の男は、初めて顔を合わせます。
一人で先に帰ることにした派手な髪の女でしたが、殺し屋の男が追ってきて部屋まで送ります。そして、殺し屋の男は派手な髪の女に別れを告げます。エージェントの女は、殺し屋の男に最後の依頼をします。
しかし、その仕事で殺し屋の男は失敗し、銃弾に倒れます。モウの父親が病気で亡くなります。深夜営業にまた戻っていたモウですが、そこで失恋した女の子に偶然再会します。しかし、彼女はモウのことを覚えていませんでした。
エージェントの女は飯屋で、モウと再会します。エージェントの女は、モウにバイクで家まで送ってもらいます。モウの背中に身を預け久々に味わうこの温もりは、エージェントの女にはたとえ短い時間であっても永遠だと感じるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「天使の涙」の商品はこちら