「失楽園」のネタバレあらすじ結末

失楽園の紹介:1997年公開の日本映画。渡辺淳一の同名小説を原作とする。不倫を主題としたこの作品は当時話題を呼び、映画化以外にテレビドラマ化もされ『失楽園』というタイトルが流行語にもなった。

この映画を無料で観る

予告動画

失楽園の主な出演者

久木祥一郎(役所広司)、松原凛子(黒木瞳)、衣川和記(寺尾聰)、松原晴彦(柴俊夫)、久木文枝(星野知子)、知佳(木村佳乃)、水口吾郎(平泉成)、水口雅代(速水典子)、三浦節子(岩崎加根子)、小畑常務(中村敦夫)

失楽園のネタバレあらすじ

【起】- 失楽園のあらすじ1

出版社に勤務する久木は、優秀な編集者です。しかし久木はある日、編集の最前線から調査室へ異動になりました。いわば降格人事です。仕事への熱意を失った久木は、友人・衣川が勤務するカルチャーセンターで書道の講師をする凛子と出会いました。凛子はいまどき珍しい大和撫子で、敬愛の意味を込めて「楷書の君」と呼ばれています。久木は妻子ある身であることを忘れ、人妻である凛子に強烈に惹かれました。 この映画を無料で観る

【承】- 失楽園のあらすじ2

それまで抱えていた仕事への熱意を凛子へ向けた久木は、凛子に猛烈なアタックをします。凛子も強引な久木に半ば引きずられるように、久木に好意を抱きました。そしていつしか二人は愛し合い、肉体を重ねるようになります。週末ごとの久木との逢瀬で、凛子は性の悦びを知りました。二人は性に対し、徐々に奔放になっていきます。

【転】- 失楽園のあらすじ3

養父が亡くなったお通夜の晩、久木に呼ばれ人目を忍びながらホテルに現れた凛子は、喪服姿のまま事に及びます。背徳感が二人の恋を却って燃え上がらせました。久木は凛子との密会場所として都内にマンションを借ります。しかし二人の不倫は凛子の夫・晴彦と久木の妻・文枝に露見しました。文江が久木に離婚を迫るのと対照的に、晴彦は凛子と離婚することを拒みます。そしてとうとう久木の会社に、晴彦から告発文が送られてきました。

【結】- 失楽園のあらすじ4

久木は会社を辞め、文枝とも離婚します。凛子は晴彦から逃れ、久木のところへ行きました。凛子の願いである「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という想いを久木も抱き始めます。社会から孤立した二人は心中を決意し、温泉宿で互いに激しく求め合った姿で、毒の入ったワインを口にします。後日発見された二人の遺体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿でした。

みんなの感想

    名無しさんの感想

    いくら、愛が深くても死ぬなんてありえない!! なら、外国で結婚して暮らせばいいのに。

映画の感想を投稿する

映画「失楽園」の商品はこちら

失楽園 [VHS]