「幸せのレシピ」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

幸せのレシピの紹介:2007年公開のアメリカ映画。2001年のドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク版。完璧主義者の主人公が、自分とは正反対の男性と出会い恋をすることで、変化、成長していく姿を描いたラブ・コメディ。

予告動画

幸せのレシピの主な出演者

ケイト・アームストロング(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、ニック・パーマー(アーロン・エッカート)、ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)、ポーラ(パトリシア・クラークソン)、セラピスト(ボブ・バラバン)

幸せのレシピのネタバレあらすじ

【起】- 幸せのレシピのあらすじ1

ケイトはマンハッタンの高級レストラン「ブリーカー22」でマスター・シェフ(料理長)を務める女性です。
ケイトは仕事のできる女性ですが、元来の神経質な性格から完璧主義者でした。ケイトが率いる厨房はいつもピリピリ緊張しています。
ケイトの作る料理は絶品なのにケイト自身は気難しい人間で、周囲を委縮させるのを案じたオーナーのポーラは、ケイトにセラピーを勧めます。
ケイトはセラピーに通いますが、自分に欠けているものが何か、いまひとつ理解できていませんでした。
そんなある日、ケイトの元を訪れる予定だった姉・クリスティーンとその娘・ゾーイ(ケイトにとっては姪)が事故に遭いクリスティーンが亡くなります。

【承】- 幸せのレシピのあらすじ2

仲の良い姉・クリスティーンの死にショックを受けたケイトを見て、ポーラは10日間の休暇を言い渡します。ケイトは姪・ゾーイを迎える準備を整えました。
休み明けに出勤したケイトは驚きます。ポーラが他店から引きぬいたニックという見知らぬ男性が、職場にいたからでした。
元々厨房は人手不足に加え、シェフの1人リアが臨月で出産休暇を取る予定だったので、新たな人手が入るのは当然のことですが、ケイトはニックの軽薄さが気に入りません。
しかしニックの明るさは、職場の皆を笑顔にし雰囲気をよくしており、ケイトはニックの料理の腕前も認めざるをえません。
ケイトは自分に心を開かないゾーイとの関係にも頭を悩ませていました。

【転】- 幸せのレシピのあらすじ3

ゾーイに夜遅くまで留守番させるわけにいかないケイトは、厨房に連れていきます。ゾーイはニックと打ち解け、その日からケイトにも心を開きました。
ゾーイの希望でケイトはニックを家に呼びます。ニックと接することで、ケイトも徐々にニックを受け入れ始めました。ケイトは自分の欠点に気づきます。
ポーラがニックに専属シェフの契約打診をしました。それを知ったケイトは再びニックと衝突します。ニックの腕前を認めるケイトは、なぜ自分の店を開かないのだとニックに詰問しました。
ニックはもう家に来ないと告げられたゾーイは家出します。「君は他人を信用していない」と言われたケイトは初めてニックを頼り、2人はゾーイを探しました。

【結】- 幸せのレシピのあらすじ4

ゾーイは母・クリスティーンの墓の前にいました。ケイトとニックはゾーイを諭して連れ帰ります。
その夜、ニックはケイトにサンフランシスコで店を開くと告げました。自分の店を開く勇気が持てた感謝を述べたニックに、ケイトは笑顔で答えます。
ニックが去り、厨房は再びケイトの支配下に置かれました。しかしケイト自身が変で、考え事をすることが多くなりました。
それがニックへの恋だとようやく気づいたケイトは、今までの自分の殻を破って勇気を振り絞り、ニックの部屋を訪問し引き止めます。
…その後。サンフランシスコで「ケイト・ニック・ゾーイのビストロ」という店が繁盛していました。3人は仲良く働きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「幸せのレシピ」の商品はこちら