「恋する♡ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

恋する♡ヴァンパイアの紹介:2015年4月17日公開の日本映画。人間の世界で普通の人間として生活する女性ヴァンパイアと、8年ぶりに再会した幼馴染みの男性との切ない思いを描く、桐谷美玲主演のラブストーリー。

この映画を無料で観る

予告動画

恋する♡ヴァンパイアの主な出演者

キイラ(桐谷美玲)、哲(戸塚祥太)、ナツ(三戸なつめ)、みき(モン・ガンルー)、マイク(チェ・ジニョク)、デレック(イーキン・チェン)、力彦(田辺誠一)、まりあ(大塚寧々)、宗二郎(柄本明)

恋する♡ヴァンパイアのネタバレあらすじ

【起】- 恋する♡ヴァンパイアのあらすじ1

キイラの両親はヴァンパイア(吸血鬼)ですが、両親ともに血を吸おうとしませんでした。キイラは台湾で生まれましたが、両親はキイラが血を吸う欲求がなくなるまで外に出しませんでした。
やがて少女になったキイラは、ウサギを見つけ塀の外に出て、哲と出会いました。
仲良くなった哲とキイラは、お互いの持ち物、ギターのピックと髪留めとをプレゼント交換します。その時、たくさんのコウモリが2人を襲い、キイラは逃げました。
両親はその頃、正統派のヴァンパイア・デレックに殺されていました。キイラは横浜の叔母宅へ引き取られ、哲と離れ離れになりました。
…8年後。
20歳のキイラは世界一のパン職人を夢見る女の子です。 この映画を無料で観る

【承】- 恋する♡ヴァンパイアのあらすじ2

横浜の叔母・まりあは人間の力彦と結婚しました。まりあもヴァンパイアで、結婚の条件として、力彦も現在はヴァンパイアです。祖父・宗二郎もヴァンパイアです。
成長したキイラの特技は、記憶を消すことでした。
叔母夫婦と祖父・宗二郎、キイラは「アンチ・アンチエイジング」という薬を用いて、人間と同じように年を取っています。その作用で日光は平気でした。
叔母夫婦は横浜でパン屋「バン・パンヤ」を開いており、キイラも働きます。
ある日キイラは、失恋して自殺しようとする女性・みきと出会いました。台湾からマンガを勉強しにきたみきは、キイラの正体を知りますが、口外しないことを条件に記憶を消さないでくれと頼みます。

【転】- 恋する♡ヴァンパイアのあらすじ3

キイラは哲のギターのピックを首飾りにしていました。
キイラは哲と再会します。ミュージシャンを目指していた哲は、クリームのセールスの仕事をしていました。キイラと哲は再会を喜びます。哲もキイラからもらった髪飾りをブレスレットにしています。
キイラは哲のためにパンの歌のコンクールを立案し、哲に参加を促しました。大会で哲は拍手喝采を浴びます。
哲の父親も8年前コウモリに襲われた時に、デレックに殺されていました。
デレックが、キイラを殺すためにヴァンパイア・マイクを差し向けます。マイクを見てみきはひとめぼれしました。
デレックがキイラを拉致し、まりあと力彦の叔母夫婦が救出に向かいますが、哲も同行します。

【結】- 恋する♡ヴァンパイアのあらすじ4

哲はうすうすキイラの正体に気づいていました。
哲はデレックに戦いを挑みますが、倒されます。デレックをキイラは銀のナイフで刺し、殺しました。キイラは哲の記憶から、自分の存在を消し去ります…。
…1年後。
哲はプロのミュージシャンとなっていました。
横浜で哲のコンサートが開かれ、キイラはこっそり見に行きます。
哲は会場で「夜ごとひとりの女性を夢見ていたが、実在した」と語り、キイラを見つめます。記憶が蘇ったのです。
みきは思いが叶い、マイクと結婚式を挙げました。
(エンドロール)マイクとみき夫婦は、台湾で「バン・パンヤ」2号店をオープンさせました。
キイラと哲も結婚し、赤ちゃんが生まれました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「恋する♡ヴァンパイア」の商品はこちら