「愛するカノジョを怒らせる10の法則」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

愛するカノジョを怒らせる10の法則の紹介:大学卒業を目前に交際を始めたジュリアとドリューの恋物語。どこのカップルにもありそうな恋愛模様を描いた、共感型ロマンティック・ラブコメディ。原題は『Perfect Opposites』。日本では劇場未公開の作品。

この映画を無料で観る

予告動画

愛するカノジョを怒らせる10の法則の主な出演者

ドリュー・クルツ(マーティン・ヘンダーソン)、ジュリア・ビショップ(パイパー・ペラーボ)

愛するカノジョを怒らせる10の法則のネタバレあらすじ

【起】- 愛するカノジョを怒らせる10の法則のあらすじ1

大学の法学部に通うドリューは、卒業を2か月前に控えたある日、大学構内で見かけた美しいジュリアに一目惚れします。彼女には恋人がいましたが、ドリューは諦められず、猛烈なアタックを始めました。
はじめはドリューのアプローチを嫌がったジュリアでしたが、気負わず接することができるドリューに好感を持ちます。ジュリアは背伸びしないと付き合えない今の恋人と別れ、晴れてドリューとジュリアの交際が始まりました。
しかし、大学生活もあと数日。卒業後は広告代理店での就職が決まっていたジュリアでしたが、出世したいと夢を描くドリューに、一緒にロスまで来てほしいと懇願されます。彼の熱意に負け、ジュリアは全てを投げ捨て、彼と共にロスに行く決意をしました。 この映画を無料で観る

【承】- 愛するカノジョを怒らせる10の法則のあらすじ2

ロスでの同棲生活が始まりました。ドリューは弁護士をしている姉テリーの紹介で、ロスでも有数の弁護士事務所に就職しますが、まだ司法試験に合格していないため、見習いの立場でした。一方、ジュリアはなかなか就職先が決まらず悩んでいましたが、最近できた友人レニー、エリース夫妻の紹介で、CGの会社で働くことになりました。
ドリューの事務所はハリウッド関係者を専門としていて、ドリューは有名俳優のモンティの家へ書類を届けに行く機会を得ます。そこでモンティから、株式の投資について意見を求められ、ドリューは本業そっちのけで株に打ち込みだします。度々モンティの家を訪ねるたびに、ドリューは彼と親しくなっていきました。
ジュリアは今の仕事を長く続けるつもりがありませんでしたが、CG処理の業務に興味を持ち出し、担当のレックスから手ほどきを受けます。ドリューもジュリアもこの頃までは公私ともに順調に進んでいました。

【転】- 愛するカノジョを怒らせる10の法則のあらすじ3

司法試験に落ちたドリューは、事務所から解雇されてしまいます。半年後の試験に合格すれば、再雇用と言われていますが、しばらくは無職の身となりました。
ドリューは株で食いつなごうとモンティの元を訪れますが、事務所を通さない話には乗らないと、モンティに一蹴されてしまいます。親しいと思っていたのはドリューだけでした。
ジュリアは昇給も決まり、ドリューの再就職が決まるまでは自分が支えると言いますが、ドリューは受入れられません。ドリューの解雇の辺りから、二人は会話をする度に喧嘩をするようになっていきました。
そんな矢先、ジュリアに妊娠の可能性が浮上します。検査の結果が陰性と出てホッとするドリューに、ジュリアは腹を立てます。二人は些細なことでの言い争いが絶えなくなり、ドリューは悩んだ末にジュリアに別れを告げました。ドリューは二人の部屋を出て、姉の家に身を寄せました。

【結】- 愛するカノジョを怒らせる10の法則のあらすじ4

別れを切り出したドリューの方が未練タラタラでしたが、ジュリアは程なくして、職場の先輩のレックスと付き合い始めました。
ドリューは二度目の司法試験でついに合格し、ジュリアとやり直せると思っていました。ところがジュリアから結婚を知らせる手紙が届いてしまいます。ドリューはジュリアに直接会って想いを伝えましたが、状況が覆ることはなく、ジュリアはロスを離れました。

3年後。ドリューはレニーが経営する不動産会社で弁護士として働いています。
ある日ドリューはジュリアとバッタリ再会します。ジュリアは離婚し、ロスに戻って来ていました。
ジュリアを失って初めて彼女の存在の大きさに気付き、大物の人間よりも、自分を愛してくれる人の方が大切だと、ドリューはずっと感じていました。
また一緒に暮らしたいという気持ちは、二人とも同じでした。計画を立てすぎて失敗したあの頃とは逆に、無計画で生きていくことにしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「愛するカノジョを怒らせる10の法則」の商品はこちら