「愛と青春の旅だち」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

愛と青春の旅だちの紹介:1982年公開のアメリカ映画。 テイラー・ハックフォード監督、リチャード・ギア主演で、海軍士官養成学校の飛行士課程における主人公の、友情や愛を描いた作品。主題曲は今なお有名である。

予告動画

愛と青春の旅だちの主な出演者

ザック・メイヨ(リチャード・ギア)、ポーラ・ポリフキ(デブラ・ウィンガー)、エミール・フォーリー軍曹(ルイス・ゴセット・ジュニア)、シド・ウォーリー(デヴィッド・キース)、バイロン・メイヨ(ロバート・ロッジア)、リネット・ポメロイ(リサ・ブロント)

愛と青春の旅だちのネタバレあらすじ

【起】- 愛と青春の旅だちのあらすじ1

アメリカ、ワシントン州のシアトルに住んでいる青年・ザックは、退廃的な自分の人生に嫌気がさしていました。
ザックの母は父・バイロンに絶望してザックが13歳の時に自殺しました。その後、ザックは海軍の兵曹だったバイロンに連れられて、駐屯地であるフィリピンに行き、悲惨な思春期を送りました。
バイロンは妻の死後も生活を改めることなく、相変わらず娼婦を家に連れ込んでは、だらしない生活をしていました。
ザックは子供の頃からの夢であるパイロットになるために、海軍航空士官養成学校に入学すると、バイロンに宣言します。バイロンは鼻で笑いました。

【承】- 愛と青春の旅だちのあらすじ2

ザックはシアトルの近くにあるレーニエ基地内の学校に入学しました。
入学早々、ザックはじめ34人の士官候補生を、黒人の軍曹・フォーリーが厳しく訓練します。女性以外は丸坊主にされ、フォーリーは候補生を容赦なく罵倒しました。
ザックはシドという純粋な青年と、ペリーマンという妻子持ちの男性と同じ部屋になり、彼らと親しくなります。
最初は周囲すべてに対し心を閉ざしていたザックですが、フォーリー軍曹にことさらひどい仕打ちを受けたザックは「ここしか居場所はないんだ」と本音を洩らし、それがきっかけで少しずつ周囲に心を開いていきました。

【転】- 愛と青春の旅だちのあらすじ3

厳しい練習にも耐えたザックたちにつかの間の休息が与えられます。市民との懇親パーティーです。そこでザックはポーラという女性と知り合いました。シドはリネットという女性と出会います。
ポーラもリネットも製紙工場の女工でした。2組のカップルは、週末になるとデートを重ねます。ポーラはザックを真剣に愛しました。ザックもポーラを愛しましたが、ポーラの父が士官候補生だったことを聞かされ、玉の輿を狙っているのかもしれないと愛情を疑うようになります。
その頃、ちょうどリネットが妊娠します。リネットはそれをシドに打ち明けました。
シドはリネットと結婚するために、任意除隊(DOR)を申請しました。

【結】- 愛と青春の旅だちのあらすじ4

そして結婚指輪を持ってリネットのところへ急ぎますが、DORのことを聞いたリネットはシドのプロポーズを断ります。士官としか結婚しない、というのがリネットの言い分でした(妊娠は嘘でした)。
シドはショックを受け、ホテルの一室で自殺をしました。
シドのDORを受け付けたフォーリーに、ザックは食ってかかります。フォーリーとザックは殴り合いの乱闘をしました。
13週の訓練を終え、卒業式の日が来ます。少尉になったかつての候補生に敬意を表するフォーリー軍曹を見て、ザックは感謝の念を抱きました。
ザックは製紙工場に行くとポーラを抱きかかえ、新たな人生を歩むことを決意しました。

みんなの感想

ライターの感想

女の子なら誰もが憧れるようなシンデレラ・ストーリーです。しかし、単にラブストーリーだけではなく、ヒューマンドラマの要素もあり見応えがあります。ザックは行き場がなく、最後の砦として海軍士官養成学校を選びました。そのため、シゴキとも言えるほどの厳しい訓練に必死に耐え抜く姿がとても印象的です。
親友が自殺するシーンには、ここでの訓練の過酷さを見た気がします。一番印象深かったのは、卒業式の日、少尉になったザックがかつての教官であるフォーリー軍曹より身分が上になった瞬間です。あれほど厳しくされたフォーリー軍曹にも敬意を払います。その姿に、ここでの生活の成果を見たような気がします。
当初、主演ザックはジョン・トラボルタでしたが断ったため、リチャード・ギアになりました。リチャード・ギアだからこそ、ザックがここまで魅力あるキャラクターになったのではないでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「愛と青春の旅だち」の商品はこちら