「新しい靴を買わなくちゃ」のネタバレあらすじ結末

新しい靴を買わなくちゃの紹介:2012年公開の日本映画。脚本家として『恋愛の神様』と呼ばれ、数々のラブ・ストーリーを生み出す北川悦吏子が監督を務めた作品。中山美穂&向井理を主演に迎え、パリで出会った男女の3日間の物語が描かれる。

予告動画

新しい靴を買わなくちゃの主な出演者

勅使河原アオイ(中山美穂)、八神セン(向井理)、八神スズメ(桐谷美玲)、カンゴ(綾野剛)

新しい靴を買わなくちゃのネタバレあらすじ

【起】- 新しい靴を買わなくちゃのあらすじ1

カメラマンの仕事をしているセンは、妹・スズメに無理矢理連れられパリに来ました。スズメのゲン担ぎのためです。
スズメは受験、就職など、ここぞという時にいつも兄であるセンを同行させました。
しかしスズメは現地に着くと、単独行動を取りたがります。セーヌ川の撮影をセンに勧め、その隙にスズメはタクシーに乗りました。センはスズメに置き去りにされます。
荷物一つで、宿泊先のホテルの場所も、ホテルの名前すら分からないセンは途方に暮れました。
しかもセンのパスポートは女性のハイヒールのかかとに踏まれて、顔部分が破れてしまいます。
その女性は日本人でパリ在住の日本人向け地方雑誌の記者兼編集者・アオイです。

【承】- 新しい靴を買わなくちゃのあらすじ2

アオイはパスポートを踏んだ拍子に転び、ヒール部分が折れました。センはアオイのヒールを瞬間接着剤で直します。
アオイはセンのパスポートを破ったことを詫び、連絡先を教えました。
センはスズメに連絡を取りますが、スズメは電話に出ません。センはアオイに電話して、スズメが言ったホテルの手がかりを話しました。
そのホテルはアオイが取材したことがあります。アオイはセンに電話で道案内しました。センがホテルに到着するとアオイが待っていて、2人はディナーを一緒にとります。
話が弾んだセンとアオイはそのまま飲みにいき、アオイが酔い潰れました。アオイを家に送ったセンは、名前が難しく記憶できなかったホテルに戻れません。

【転】- 新しい靴を買わなくちゃのあらすじ3

センはアオイの家のバスタブで夜を明かしました。翌朝起きたアオイは驚きましたが、センがホテル名を覚えられなかったことを思い出し納得もします。
アオイが演奏したピアノの曲名をセンが尋ねました。その曲「メヌエットとトリオ(モーツァルト・作曲)」をセンが好きだと言うと、アオイは「出たきり戻らなかった猫が好きだった曲だ」と言います(本当の猫の話らしいのですが、意味ありげなセリフです)。
センはそのままアオイの取材にカメラマンとして同行しました。2人は急速に距離を縮め、2日目の夜もセンはアオイの家に泊まります。
アオイには息子がいましたが5歳で亡くなったことをセンに告げ、アオイとセンは抱き合いました。

【結】- 新しい靴を買わなくちゃのあらすじ4

一方スズメは美術留学してパリに住む、画家志望の恋人・カンゴの家に行っていました。最初は久々の再会に喜んで盛り上がるカンゴとスズメですが、遠距離恋愛によって生じた心の隙間は埋められません。
スズメがゲン担ぎのためにセンを巻き込んでまでパリに来た目的は、カンゴと結婚するためでした。しかしカンゴは断ります。スズメはカンゴに別れを告げ立ち去りました。
アオイとセンも別れの時を迎えていました。接着剤でヒールをくっつけた靴を履いたままのアオイは「新しい靴を買わなくちゃ」と言います。
センとスズメはホテルで落ちあい、帰国しました。
後日、アオイのところへ新しい靴と、センが撮った写真が届きました。

みんなの感想

ライターの感想

向井理が好きなので観た映画です。まずフランスパリの町並みが美しいこと、またさまざまな観光名所を中山美穂演じる主人公のアオイが説明してくれているのでそちらも面白かったです。またアオイと恋仲になる向井理演じるセンについてはちょっと抜けているところがあり愛らしいキャラクターだと好感が持てました。
しかし全体を通して少女コミックとレディースコミックの中間のようなイメージであると強く感じました。そんな都合のいいことがあるかい、とつっこみたくなるような。あと中山美穂のPVのような印象も強く感じました。内容に関しては薄っぺらいのですが出演者目当てで観るのにはまったく退屈はすることがない思います。

映画の感想を投稿する

映画「新しい靴を買わなくちゃ」の商品はこちら