「東京公園」のネタバレあらすじ結末

東京公園の紹介:2011年公開の日本映画。小路幸也の同名の青春小説を、青山真治・監督が映画化。ある出来事をきっかけにして、徐々に成長していく主人公を三浦春馬が演じる。

予告動画

東京公園の主な出演者

志田光司(三浦春馬)、富永美優(榮倉奈々)、志田美咲(小西真奈美)、初島百合香(井川遥)、志田杏子(井川遥 一人二役)、初島隆史(高橋洋)、高井ヒロ(染谷将太)、志田裕子(長野里美)、志田実(小林隆)、原木健一(宇梶剛士)、初島かりん(岩花桜)

東京公園のネタバレあらすじ

【起】- 東京公園のあらすじ1

大学生の光司は母・杏子のようなカメラマンを目指しています。東京の公園を訪れては家族の写真を撮っていました。
光司の母は幼い頃に他界し、父・実は光司が小学高学年の時に裕子と結婚しました。実と裕子は共に子連れ再婚同士で、美咲と光司は義理の姉弟になりました。
実は定年退職後、裕子を連れて現在は伊豆大島で暮らしています。
ある日いつものように公園で親子連れを撮影していた光司に、歯科医・初島が声をかけました。初島は光司に、ある女性・百合香とその娘の写真を撮ってくれと依頼します。光司は最初戸惑いましたが、高額のバイトなので引き受けました。
光司は親友・ヒロといっしょに住んでいますが、ヒロは幽霊です。

【承】- 東京公園のあらすじ2

ヒロは光司の幼馴染み・富永の元カレでしたが、死んでしまいました。以後なぜか光司にだけはヒロの幽霊が見えて、ヒロは光司宅に身を寄せています。
富永は元気溌剌な女性で、ゲイのマスターが経営する光司のバイト先・カフェバーに顔を出したり、家に来たりしました。バイト先には光司の義姉・美咲も客としてよく顔を出します。
さて光司は引き受けた新たなバイトを始めました。「潮風公園、よろしく」というメールから始まり、初島の指定した場所に百合香と娘は現れます。
光司は百合香と娘の写真を小さなデジカメで撮影し始めました。
撮影するうち、光司は次第に百合香と亡き母・杏子を重ね合わせ、思いを寄せるようになります。

【転】- 東京公園のあらすじ3

母・裕子が倒れた連絡を受け、光司と美咲は伊豆大島へ行きました。島に移住して3年8カ月、裕子は心労がたたったようです。
その夜、美咲にバイトの話をした光司は、美咲に富永とのことを問われて戸惑いました。
翌日、光司と美咲は実の案内で筆島に行きます。そこで美咲は涙を流しました。
東京に戻った光司は、富永に義姉・美咲の行動を話しました。富永は説明します。実は美咲はずっと義弟・光司のことが好きだったのだけど、両親の再婚で義弟になった以上は「姉として」光司と付き合っていくと決めたのだと。
富永の助言通りに美咲を撮影した光司は、美咲と軽いキスを交わし、お互い姉弟となってよかったと確認し合いました。

【結】- 東京公園のあらすじ4

美咲はしばらく伊豆大島に残る決意をします。
光司は百合香を撮影するバイトを辞める決意をしました。初島にそれを告げ、撮った写真とデジカメを渡します。
百合香は初島の妻で、初島は百合香の浮気を疑っていました。百合香が辿った公園を線でつなぐとアンモナイトの形をしている、と、光司は初島に告げます。アンモナイトは初島が百合香に贈った最初のプレゼントでした。
伊豆大島に戻って以来、ヒロの幽霊は消えました。
光司の家に富永が身の回りの品を持って押し掛けます。光司は富永を受け入れ、2人は一緒に暮らし始めました。
後日、光司と富永がホームセンターに行くと、そこに初島夫妻がいました。それを見た光司は安堵しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「東京公園」の商品はこちら