「眺めのいい部屋」のネタバレあらすじ結末

眺めのいい部屋の紹介:イギリスの文豪E.M.フォースター原作で、20世紀初頭のイギリスとイタリアを舞台としたラブストーリーです。監督はE.M.フォースター作品を多く映画化しているジェームズ・アイヴォリー監督で、当時の服装や原作の雰囲気を見事に映像化している。アカデミー賞では、脚色賞、美術賞、衣装賞と三部門を受賞。

眺めのいい部屋の主な出演者

ルーシー・ハニーチャーチ(ヘレナ・ボナム=カーター)、ジョージ・エマソン(ジュリアン・サンズ)、シシル・ヴァイス(ダニエル・デイ=ルイス)

眺めのいい部屋のネタバレあらすじ

【起】- 眺めのいい部屋のあらすじ1

上流階級出身の若い娘ルーシーとその従姉妹で独身年増のシャーロットが、イタリアのフィレンツェの宿を訪れたところから物語は始まります。
通された部屋は裏路地に面しており、話で聞いていたような美しい眺めではなく、シャーロットが文句を言います。
食事の時間になっても、ルーシーに部屋の文句を言うシャーロットに、その話を隣で聞いていた同宿の客エマソンが声をかけます。
エマソンの申し出は、息子のジョージの部屋が眺めが良いから交換したらどうかというものでした。
不躾な提案に感じたシャーロットは戸惑うものの、結局はルーシーやビーブ牧師に促されその提案を受け入れます。
一方ルーシーは、労働階級出身のエマソン親子を多少風変わりとは感じながらも好意的に受け止めていました。

【承】- 眺めのいい部屋のあらすじ2

フィレンツェの街を一人で観光していたルーシーは、偶然にもエマソン親子に出会います。
広場で地元の青年たちが喧嘩を始め、血を見て気絶したルーシーをジョージが抱きとめて介抱します。
ルーシーが持っていた絵葉書に血が付いていたため、ジョージはその絵葉書を河に放り投げます。
その激しい川の流れのように、二人の間にもなにか特別な意識が通い始めます。
ルーシーとシャーロットは、ビーブ牧師、エマソン親子など同宿の客達と馬車でピクニックに出かけます。
シャーロットは、ずっと同年代の女流作家ラヴィッシュと色恋の話をして盛り上がっています。
退屈なルーシーがその場を離れ丘に行くと、そこにはジョージが立っていました。
ジョージは何も言わずルーシーに駆け寄ると、そのままキスをします。とその時、シャーロットが二人の間に割って入ります。

【転】- 眺めのいい部屋のあらすじ3

ジョージとの出来事を誰にも言わないとシャーロットと約束しルーシーは、イギリスに帰国します。
フィレンツェでのジョージとの出会いを胸に封じて、ルーシーの家よりもさらに裕福な家柄のシシルからのプロポーズを受け入れます。
ところがある日、近所の空き家だった家にエマソン親子が引っ越してきます。
実は偶然にも、シシルが見ず知らずのエマソン親子にこの家を紹介していたのです。
ルーシーの弟フレディはジョージのことを気に入り、ルーシーとジョージは何度も顔を合わせることになります。
ある日、ルーシーがジョージ達とテニスをしていると、シシルがやってきて本を朗読し始めます。
その本には、まるでジョージとルーシーのキスの場面を彷彿とさせる内容が出てきます。
さらに、その本がフィレンツェで一緒だった女流作家ラヴィッシュのものと知り、ルーシーはショックを受けます。
そして、ジョージはまたルーシーを引き寄せてキスをしたのです。

【結】- 眺めのいい部屋のあらすじ4

ルーシーは、ジョージにもう家には来ないように通告します。その際ジョージは、シシルが本来のルーシー自身のことを愛していないと告げます。
一旦は耳を塞いでジョージを追い払ったルーシーでしたが、ジョージへの思いは一層募るのでした。
遂にルーシーは、シシルとの婚約を破棄します。ジョージに言われたとおりの言葉を、ルーシーはシシルに告げます。
婚約破棄をしたルーシーは、母親に旅行に行きたいと告げます。
エマソン親子もまた、引っ越しの準備をしていました。
シャーロットの計らいで、エマソンと二人になったルーシーは、ジョージを愛していることをエマソンに告げます。
例のフィレンツェの宿に、ジョージとルーシーが新婚旅行に来ています。
部屋の眺めに文句を言っている客に、ジョージが僕達の部屋は眺めがいいと告げ、横でルーシーがはにかみます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眺めのいい部屋」の商品はこちら