「群青の夜の羽毛布」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

群青の夜の羽毛布の紹介:スーパーでアルバイトをしていた鉄男は、買い物に来るさとるに憧れていた。買い物中に貧血で倒れたさとるを、哲男が家まで送り届けた事がきっかけで交際が始まる。精神的に不安定なさとるを心配する鉄男。原因は厳しい母にあると考えるが…。20代女性の危うくも切ない恋愛模様を描いている。本上まなみの映画初主演作品。

この映画を無料で観る

群青の夜の羽毛布の主な出演者

さとる(本上まなみ)、鉄男(玉木宏)、さとるの妹(野波麻帆)、さとるの父(小日向文世)、さとるの母(藤真利子)

群青の夜の羽毛布のネタバレあらすじ

【起】- 群青の夜の羽毛布のあらすじ1

大学4年生の鉄男はスーパーでアルバイトをしていました。時折買い物にやって来るさとるに憧れていました。
ある日、さとるを見つけて店内を探していると、彼女が突然貧血で倒れます。鉄男はさとるを家まで送ります。
その事がきっかけで交際が始まります。車でデートに向かっていると、さとるは気分が悪くなります。ホテルに入って休憩する二人でした。
さとるは病院から薬をもらっていました。精神的に不安定だったのです。車は何とか乗れるようになれますが、バスには乗れませんでした。
さとるは家事手伝いをしていましたが、このままでは駄目だと母は言います。そして仕事を探すか、結婚するかしなさいと命令します。また、母は厳格で大人のさとるに22時までの門限を決めていました。 この映画を無料で観る

【承】- 群青の夜の羽毛布のあらすじ2

鉄男は家に招かれます。就職は大手に決まっていて、さとるの母は鉄男を気に入ります。このまま泊まっていくようにと言われます。
さとるは母の言う通りにしていました。母に縛られて生きていると鉄男は言います。さとると鉄男は喧嘩をしてしまいます。
鉄男が自宅に帰ると母から留守番電話のメッセージが入っていました。父の法事があるため、帰ってきて欲しいとのことでした。
鉄男の兄が実家の工場を継ぐ予定でした。しかし、そうはいかずに母は苦悩します。内定が決まっている鉄男はどうしたら良いか考え込みます。
さとるはスーパーにやってきていました。従業員に鉄男の所在を尋ねますが、分からないと言われます。
さとるは母に何か鉄男に言ったのかと問います。腹の立った母は祖母に言われたことを愚痴ります。様子を見ていた妹が愚痴の内容で母に怒ります。

【転】- 群青の夜の羽毛布のあらすじ3

母と妹が取っ組み合いになって、横にいたさとるが倒されます。アイロンに手が当たって火傷を負ってしまいます。貧血もひどくて1日だけ入院することになります。
連絡を聞いた鉄男が病院に駆けつけます。母に事情を聞いて、明日迎えにきてやって欲しいと言われます。今日はタクシーで鉄男とさとるの母は帰ります。
タクシーの中で母は休みたい想いを鉄男に打ち明けます。さとるの母は理科の教師で周りからクソババアと呼ばれていました。さとるの母は鉄男と肉体関係をもってしまいます。
翌朝、哲男はさとるを迎えに行きます。仲直りする二人でした。さとるは鉄男を家に招いて、奥の部屋に通します。
奥の部屋には喋ることも仕事をすることも何もしない父がいました。病院に入れるべきだと鉄男は言います。病院に入れても自宅に帰ってきてしまうと、さとるは答えます。
さとるの父は、さとると同じ年齢の女性と不倫をしていました。不倫相手にさとるが会いに行くと、不倫相手は自殺未遂をしてしまいます。不倫相手と会えなくなった父は現在の状態になってしまったのです。

【結】- 群青の夜の羽毛布のあらすじ4

事情を聞いた鉄男は、さとるの母と食事をしながら話しをします。さとるはあなたの分身ではないと怒ります。父の面倒も見ていて、全て娘に押し付けていると言います。そして春には内定を取り消して、実家の工場を継ぐと話します。
さとるの母は自宅のローンもあって、哲男に家に入って欲しかったのです。騙されたと思って鉄男に水をかけます。
母は騙されたとさとるに言います。なぜ知っているのかと、さとるが問いかけます。母は鉄男と一晩一緒にいたこと、関係をもった事を打ち明けます。
泣き崩れたさとるは母に反抗して家を飛び出します。鉄男に助けてと留守番電話を入れて、自宅にガソリンをまきます。
母が必死に止めようとすると、父が喋り出して火を放ちます。消防隊員が駆け付けて、3人は怪我をして入院します。
どうしていいか分からない鉄男は妹から助言されて、さとるに会いに行きます。さとるが生きてて良かったと言ってエンディングとなります。

関連する映画

ラブストーリー

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「群青の夜の羽毛布」の商品はこちら