「黄泉がえり」のネタバレあらすじ結末

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

黄泉がえりの主な出演者

川田平太(草彅剛)、橘葵(竹内結子)、俊介(伊勢谷友介)、斉藤幸子(伊東美咲)、斉藤医師(田中邦衛)、斉藤園子(忍足亜希子)、梶原(寺門ジモン)、玲子(石田ゆり子)、周平(哀川翔)、中島英也(山本圭壱)、SAKU(村井克行)、RUI(柴咲コウ)

黄泉がえりのネタバレあらすじ

【起】- 黄泉がえりのあらすじ1

九州・阿蘇地方で怪奇現象が次々に起こるという報告が入りました。死んだはずの人間が現れるというのです。厚生労働省の職員・川田は故郷が阿蘇地方であるという理由で、現地での調査を任命されます。川田は戻って来た人に話を聞きました。聞き込みの結果、導き出された答えは「死んだはずの人間が、当時の姿のままでよみがえる」というもので、単なる生き返りではなく「黄泉(よみ)がえり」だというものです。川田は帰郷ついでに、幼馴染の葵のもとを訪問します。葵は川田の親友・俊介と婚約していましたが、俊介は海難事故で亡くなっていました。葵は川田の訪問を喜びます。 この映画を無料で観る

【承】- 黄泉がえりのあらすじ2

部屋の隅に置かれた俊介との思い出の観葉植物を見た川田は、葵がまだ俊介のことを忘れられないのだと知って複雑な気持ちになりました。川田は葵のことをずっと好きなのですが、思いを打ち明けることなく現在に至るのです。さて、世間では「黄泉がえり」が続々と起きていました。ラーメン屋を経営する玲子のところには、ケンカの仲裁で亡くなった夫・周平が帰ってきます。玲子に思いを寄せる従業員・英也は周平を見て落胆します。斉藤医師のところには、娘の出産の際に亡くなった妻・園子が帰ってきました。聾者であった園子に、成長して聾学校の教師をしている幸子は手話で「お母さんのことを聞いて、この仕事に就いた」と伝えます。

【転】- 黄泉がえりのあらすじ3

RUIはバンドを組んでいた恋人・SAKUを亡くし、音楽活動を停止していました。RUIのもとにもSAKUが帰ってきます。死んだ筈の人間が突然戻ってくる現象に、喜ぶ者もいれば戸惑う者もいて、世間に波紋を呼びます。更に調査を進めた川田は、この現象が阿蘇の森で発見されたクレーターを中心に、一定の地域に埋葬された人々が「黄泉がえり」の対象だと突き止めます。更に条件がもう1つあり、それは「その人が戻ってくることを待つ人がいること」でした。川田は葵のために、俊介をよみがえらせようと思いました。俊介は海に散骨されていましたが、臓器は病院に保存されていて、川田はそれをエリア内に持ち込もうとします。

【結】- 黄泉がえりのあらすじ4

しかし黄泉がえりは不変ではなく、一過性のものでした。時間が経ち、よみがえった人は徐々に再び消えていきます。川田は俊介の臓器の一部をエリア内に持ち込みましたが、俊介はよみがえりませんでした。葵は俊介の黄泉がえりを望んでいなかったのです。そして葵もまた、実は交通事故でこの世の人ではなかったのでした。消えていく葵に川田は、ずっとあたためてきた気持ちをやっと告白します。三か月ののち、調査を終えて帰京する川田の顔は晴れ晴れとしていて、新たな人生に踏み出そうとしていました。

みんなの感想

    ラッキーマンさんの感想

    平太は葵が死んでたこと最初知らなかったのに、葵が黄泉がえってるの不自然じゃないですかね?
    死んだ人に会いたい!強く思うことが黄泉がえる条件の1つなのに。
    平太以外で葵に会いたいと思ってた人がいたんですかね?

映画の感想を投稿する

映画「黄泉がえり」の商品はこちら

黄泉がえり サウンドトラック