彼女は嘘を愛しすぎてる

「彼女は嘘を愛しすぎてる」のネタバレあらすじ結末

この映画は、少女マンガを原作にして作られた映画です!青木琴美さんが書いた大人気マンガです!音楽業界を舞台にした切なくキュンキュンがとまらないラブストーリー♡主役のりこやくの大原櫻子さんの声に注目です!

映画「彼女は嘘を愛しすぎてる」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「彼女は嘘を愛しすぎてる」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

彼女は嘘を愛しすぎてるの主な出演者

小笠原秋(佐藤健)、平坂口瞬(三浦翔)、篠原心也(窪田正孝)、大野薫(水田航生)、矢崎哲平(浅香航大)

彼女は嘘を愛しすぎてるのネタバレあらすじ

【起】- 彼女は嘘を愛しすぎてるのあらすじ1

歌うことが大好きな小枝りこは、ある日、家の手伝いで食べ物を届けている途中にCRUDEPLAYのプロデューサーである音楽の意味に悩みだした小笠原秋に出会った。
なんとなく話しかけた秋の一言で二人は付き合うことになった。
秋はりこのことなんてこれっぽっちも好きではなかった。

【承】- 彼女は嘘を愛しすぎてるのあらすじ2

りこは友達と3人でバンドを組んでいた。いつもの練習したいる川沿いでいつも通り大きな声で歌っていた。
リコの声は素晴らしいものだった。
その近くをたまたま通りかかった音楽業界の社長である高樹総一郎はそのリコの声を聞いてスカウトをした。
りこはプロになることが夢でもあったためそれを引き受けた。
しかし、それを秋に伝えることはできずにいた。

【転】- 彼女は嘘を愛しすぎてるのあらすじ3

秋はだんだんとリコのまっすぐさと自分のことを守ってくれようとする気持ちに惹かれ始めていた。
りこはというと始めての音楽デビューに気持ちが高ぶっていた。
最高の場所でデビューすることにドキドキする気持ちでいっぱいあった。
いっぽう秋はリコの芸能活動の邪魔をしないようリコに別れをつげ海外に行こうとしていた。

【結】- 彼女は嘘を愛しすぎてるのあらすじ4

いよいよリコのデビューライブが近づいていた。
歌うことにとても緊張していたが、最高の場所で歌うことができることに感謝して思いっきり歌おうとするリコ。
リコは秋が行ってしまうのを防ごうと秋の大切なベースを奪っていた。
秋はそのベースを取り戻そうとリコのデビューライブが終わった後に取りに来た。そこで、二人の気持ちが伝え合いそれぞれが頑張ろうとする。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「彼女は嘘を愛しすぎてる」の商品はこちら

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」~オリジナルサウンドトラック~