「7月24日通りのクリスマス」のネタバレあらすじ結末

7月24日通りのクリスマスの紹介:2006年公開の日本映画。彼氏いない歴29年の〝オタク女子〟が、街並みが似ている長崎と妄想の街リスボンを舞台に展開するラブ・コメディ。

7月24日通りのクリスマスの主な出演者

奥田聡史(大沢たかお)、本田サユリ(中谷美紀)、森山芳夫(佐藤隆太)、神林メグミ(上野樹里)、本田耕治(阿部力)、真木勇太(劇団ひとり)、安藤亜希子(川原亜矢子)、安藤譲(沢村一樹)、海原和子(YOU)、本田五郎(小日向文世)

7月24日通りのクリスマスのネタバレあらすじ

【起】- 7月24日通りのクリスマスのあらすじ1

本田サユリは長崎在住の29歳女性です。母を幼い頃に亡くしたサユリは、喫茶店を経営する父・五郎と、イケメンでモテモテの弟・耕治と暮らしていました。父・五郎にはガールフレンドの店員・和子がいます。
サユリの愛読書は漫画で、特に漫画家・いがらしゆみこの漫画『アモーレ アモーレ』が好きでした(注意:この漫画は劇中だけのもので、実在しません)。
漫画の舞台であるポルトガルのリスボンに憧れるサユリは夢見がちで、リスボンと長崎とを重ね合わせて、長崎西通りを「7月24日通り」と呼びます。
いつか自分だけの王子様が現れる…。サユリは妄想を膨らませていました。

【承】- 7月24日通りのクリスマスのあらすじ2

ある日、サユリは職場の上司・安藤譲に自宅へ招かれます。安藤の妻は大学時代の演劇サークルの先輩・亜希子でした。亜希子は当時から美しく、現在もデザイナーとして活躍しています。
亜希子からOB会が開かれることを聞いたサユリは、当時の憧れの王子様・聡史見たさに出かけました。
聡史は演劇部の先輩で、大学時代から輝いていました。現在は本を出したり照明技師として活躍したりしています。聡史は亜希子の元カレでもありました。
8年ぶりに聡史に再会したサユリは、やっぱり聡史にときめきます。
その頃、弟・耕治が家に恋人・メグミを連れてきました。歴代の彼女は皆美女だったのに、メグミはさえない女性でサユリは戸惑います。

【転】- 7月24日通りのクリスマスのあらすじ3

幼馴染で漫画家志望の森山が働く書店で、聡史のサイン会が開かれました。聡史と会ったサユリはデートの約束をして有頂天になります。その日から雑誌やメイク道具を買い込み、モテ女子めざして猛特訓しました。
聡史と出かけたサユリはけなげな努力をし、デートは成功します。聡史が東京に戻る日まで、サユリは聡史と何度かデートを重ねました。
しかし聡史が東京に帰る前日のデートで、遅れてきた聡史が亜希子と会っていたことを知ったサユリは、ショックを受けます。本当は聡史と亜希子は仕事のために会っていたのですが、それを知らないサユリは「自分の身の丈に合わないことをした」と思い、聡史を諦めようとしました。

【結】- 7月24日通りのクリスマスのあらすじ4

耕治とメグミができちゃった結婚をします。落ち込んで帰宅したサユリは、自分とメグミを重ね合わせ「間違っている、結婚を認めない」発言をしました。
傷心のサユリに幼馴染の森山が告白しますが、サユリは断ります。
イブの日に耕治とメグミが挙式をしますが、式最中にメグミが「やっぱり結婚できない」と言い出しました。それを励ましたサユリは自分も力を貰い、長崎に戻っているという聡史に会います。
サユリは聡史に告白し、聡史は現在無職だと告げ「こんな男でもいいのか」と言います。2人の思いは通じました。
父・五郎もガールフレンドの和子にプロポーズし、OKの返事を貰いました。
聡史とサユリはリスボンに旅行に行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「7月24日通りのクリスマス」の商品はこちら