「GIRLガール」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

GIRLガールの紹介:仲の良い親友同士の4人の女性。集まれば楽しげにおしゃべりを繰り広げる彼女たちは、実はそれぞれにたくさんの悩みや葛藤を抱えていた。時には思い切り泣き、それでも笑顔で人生を生きる女性たちの姿をリアルに描いた、今まさに頑張っている全ての女性に勇気を与える作品。

この映画を無料で観る

GIRLガールの主な出演者

滝川由紀子(香里奈)、武田聖子(麻生久美子)、小坂容子(吉瀬美智子)、平井孝子(板谷由夏)、武田博樹(上地雄輔)、和田慎太郎(林遣都)、安西博子(加藤ローサ)、森本蒼太(向井理)

GIRLガールのネタバレあらすじ

【起】- GIRLガールのあらすじ1

映画のヒロインは4人の女性たちです。由紀子、聖子、容子、孝子は、職業や年齢、考え方などバラバラなのになぜかすごく気が合い、たびたび4人で集まっては「女子会」をしています。
しかしある日の女子会に、由紀子が若い女性向けのワンピースを着てやってきます。カワイイものやときめく物が大好きな由紀子は「自分の好きな服を着ているだけ」と主張しますが、他の3人は「そろそろ年相応にすべき」と由紀子を諭します。
それをきっかけに由紀子は、自分の年齢と、「自分らしくしていちゃ、ダメなの?」という気持ちのギャップとに葛藤するようになります。そしてそんな由紀子を諭した他の3人も、これからそれぞれ大きな壁にぶち当たろうとしていました。 この映画を無料で観る

【承】- GIRLガールのあらすじ2

由紀子は、女子会での一件が心に引っ掛かりながらも、仕事や恋に奮闘します。
しかし、彼氏の蒼太は乙女心があまり分からないタイプ。デートの行先やプレゼントのチョイスに不満を覚え、夢見ていたプロポーズさえもときめくことができません。
仕事でも、真面目なタイプのクライアントの安西と対立してしまいます。聖子は、女性管理職に抜擢され仕事をさらに頑張ろうとしますが、年下の部下の今井や、後輩女子社員とうまく連携を図ることができません。
さらに、夫の博樹との関係も気に入らず悩んでしまいます。容子は、恋愛やおしゃれからはすっかり遠ざかって独りの大人の女性として生きていましたが、新入社員の慎太郎に恋をします。しかし、慎太郎は容子よりひとまわりも年下で、そう上手くはいきません。
孝子は、シングルマザーとして仕事にも子育てにも奮闘しますが、周りから向けられる厳しい意見や視線に、虚しさを覚えるようになります。

【転】- GIRLガールのあらすじ3

由紀子はタイプの違う安西となかなか分かり合えず、企画も難航。「大嫌い」とまで言われてしまい、委縮し自分を見失いそうになります。しかしその後、自分の中にある「女の子の喜び」を表現したファッションショーを展開し、安西の心も動かそうと試みます。
聖子は、部下と上手くやれない上に、家では旦那の博樹に「キャリアや収入が上な自分のことをどう思っているのか?」という疑問を口にできず、怒りとなって爆発してしまいます。
容子は慎太郎への恋心を抑えこもうとしますが、抑えきることができず、恋心は会社の周囲にもバレます。そして周囲から「あんな歳して年下に恋してる」と冷たい陰口を叩かれ深く傷ついてしまいます。
孝子は、3年ぶりに復帰した仕事と母親業をなんとか両立させようと頑張りますが、時に限界を感じます。それでも頑張る孝子でしたが、友人らの「頑張りすぎだ」という言葉に、自分は空回りしているのか?と疑問を抱きます。

【結】- GIRLガールのあらすじ4

由紀子は、ファッションショーを成功させ安西とも和解。それにより「自分らしさ」に改めて自信を持てるようになり、蒼太からのサプライズにめいいっぱいときめき、「やっぱり女子って最高だ!」と改めて思います。
聖子はついに会社で啖呵を切り、それまで自分に嫌がらせをしてきた男性部下社員を一蹴。それがきっかけで、後輩女子社員とも初めて心を通わすことができました。
容子は周囲の冷たい声に一度は深く傷つきましたが、それでも慎太郎から食事の誘いを受け、思い切り喜び、恋のときめきに年齢など関係ないことを悟ります。
孝子は、自分の頑張りがただの自己満足なのではないかと思ってしまいますが、友人の言葉の裏にあった優しさや、愛する息子の愛を実感し、これからも頑張ろうと決意します。
4人の女性たちは、傷つきながらも、自分らしい最高の生き方を見つけたのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「GIRLガール」の商品はこちら