「MARSマースただ君を愛してる」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

MARS(マース)~ただ、君を愛してる~の紹介:2016年公開の日本映画。90年代に「別冊フレンド」に連載され、ディープなテーマや禁断の世界観で人気を博した惣領冬実による少女漫画が原作のテレビドラマの劇場版。ドラマでは描ききれなかった物語が描かれる。

この映画を無料で観る

予告動画

MARSマースただ君を愛してるの主な出演者

樫野零(藤ヶ谷太輔)、桐島牧生(窪田正孝)、麻生キラ(飯豊まりえ)、杉原晴美(山崎紘菜)、木田達也(稲葉友)、樫野聖(前田公輝)、桜沢しおり(福原遥)、中嶋宏美(足立梨花)

MARSマースただ君を愛してるのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①男性嫌いのキラは同じクラスの零と知り合い恋に落ちるが、一線を越えられない。過去に継父にレイプされた過去を持つキラは、それを零に告げる。零は悩むがキラを守ると決意。 ②ところが零に執着心を持つ男子生徒・牧生はキラと零の仲を裂こうとする。どうやっても零を手に入れられないと知った牧生は零を刺すが、零は助かってキラと生きる。

【起】- MARSマースただ君を愛してるのあらすじ1

麻生キラは泉ヶ丘学園高等学校の2年生の女子生徒です。絵を描くのが好きで、美術部に所属しています。
ある日、海辺でスケッチをしていたキラは、そこで樫野零(かしの れい)というバイクに乗った男子に会いました。零はキラに話しかけてきますが、事情があって(後述)男性が苦手なキラは答えず、零に「なんでシカトすんの?」と笑いながら言われます。キラは零に強い印象を抱きました。
新学期を迎えたキラは、同じ教室に零がいて驚きます。零の方も気づかなかったのですが、零とキラは同じクラスにいたのです。
その頃、キラはクラスでいじめられていました。しかしその後は、ことあるごとに零が助けてくれ、守ってくれました。キラは少しずつ零に思いを寄せていきます。
「零には激しくて綺麗で悲しい色、いろんな色がある」と思ったキラは、さまざまな色を使って零の絵を描きました。その絵は賞をもらいます。
零は女性慣れしているところがありました。いわゆるプレイボーイの名残ものこっています。
それでも友人たちの支えもあり、キラは零と付き合い始めました。交際は順調で、零もキラ一筋のようです。
女友達の杉原晴美は、てっきりキラと零は深い仲になっていると思っていました。キラは「ちょっと怖い」と言います。
零の男友達の木田達也は、友人として接していた晴美を好きになり、零に相談しました。零とキラのカップルと接していると、自然に達也と晴美も親しくなります。
クリスマスの頃、キラは零に何が欲しいと言われ「クリスマスツリーを一緒に見たい」と答えます。デートで彼氏と大きなツリーを見て、願い事をするのがキラの夢でした。
その時、零に迫られたキラは、好きな気持ちに変わりはないのですが、つい拒絶してしまいました。それ以降、零とキラはぎくしゃくします。

ところで美術部には、桐島牧生(きりしま まきお)という男子生徒がいました。牧生は女子生徒にもてもてですが、牧生は何かとキラに干渉してきます。
女子生徒・佐藤美鈴と丸山夏美がキラと牧生の関係を疑って、キラに絡みました。牧生は2人の女子生徒に「その人、付き合ってる人がいるんだ」と言って誤解をときます。 この映画を無料で観る

【承】- MARSマースただ君を愛してるのあらすじ2

牧生は、零とキラがうまくいっていないことに気づき、相談に乗ると言いました。
夏美に告白された牧生は断ります。夏美は「牧生はキラが好きなのではないか」と疑いますが、「キラじゃない」と否定しました。
その時、夏美からキラが中学時代は男嫌いだったと聞いた牧生は、ひそかに興信所を使ってキラを調べさせます。
実は牧生はキラが好きなのではなく、零の方に執着心を抱いていました。キラの味方の振りを装いながらも、牧生は零とキラが別れることを望んでいます。
牧生は興信所で得た資料で、3年前の中学2年の時にキラが義理の父親に性的暴行を受けたことを知りました。これが零とキラを引き裂く武器になると考えます。

道路工事のバイトをする零に夜食の差し入れをしたキラは、ぎくしゃくした間を埋めようと思い、期末試験が終わったらみんなでバーベキューをしようと提案しました。
達也、晴美も誘って4人で楽しい時間を過ごします。その際、達也は晴美にふざけた感じで告白しますが、本気に受け止めてもらえませんでした。
その帰り道、零は中学時代に付き合っていた中嶋宏美と出会いますが、零は覚えていませんでした。宏美は怒って零をビンタし、キラには「別れた方が身のため」と言って去ります。
牧生は学校でキラに「意外なこと知っちゃった。あんな目に遭ってたなんて」と耳打ちし、キラはかたまります。それを見た零は、牧生とキラに何かあったのかと嫉妬しました。
牧生はキラに「零に知られたくなければ別れろ」と詰め寄ります。「本来の零の姿に戻ってほしいだけ」と告げる牧生に、キラは悩みました。
チンピラ2人に絡まれたキラは、橋の上で過剰な反応をしてしまいます。零にそれを見られたキラは、思い切って零に話すことを決めました。
キラは中学時代にあったことを零に話します。
母の再婚相手が中2の時にキラに性的暴行を加え、その後も関係を強要したこと、中3になって気づいた母がキラを連れて家を出たために、中3以降は何もありませんが、今になっても夢に見ることを告白したキラは「だから私は頭の中で継父のことを殺す。何度も」と言いました。

【転】- MARSマースただ君を愛してるのあらすじ3

キラは晴美の家に行き、零との仲が駄目かもしれないと言います。一晩、親友の晴美と過ごしたキラは落ち着きを取り戻し、学校へ行く気になりますが、登校すると零が欠席していました。
零の欠席を、牧生も気にしています。
人間とは「強い人間」「弱い人間」「弱いくせにいきがる最低の人間」の3種類だと牧生は思っています。
牧生は小学時代にいじめられましたが、ある時、いじめっこを石で殴って病院送りにしました。そしてそれ以降、常に「強い人間」の立場でいます。
そんな牧生が唯一認める相手こそ、零なのです。2年前に悪い奴を容赦なく打ちのめしていた零を見た時から、牧生にとって零は理想の人物で(男同士だけれども)、零に近づくために半年前に転校してきたのですが、零のそばにはキラがおり、零は穏やかになっていました。
キラがいると零の本来の姿が見えなくなると思った牧生は、キラを排除したいと思います。
零に近づいた牧生は、零の双子の弟・聖(せい)のことを話題にしました。聖は学校の屋上から飛び降り自殺をしており、零はずっとそれを自分のせいだと思っています。
牧生は零にキスをすると「僕が君を守りたかったんだ」と告白しました(男同士ですが)。

零は、キラの過去を聞いて戸惑っていました。今まで女遊びをしてきた自分が、キラに寄り添う資格がないと思います。
それを晴美が聞いて「零が変われたのは、キラのおかげじゃないのか」と言います。
零はそれを聞いて、今度は自分がキラを守る番だと思いました。
零は過去に中途半端な気持ちで付き合った女性・宏美のところへ行き、謝罪します。宏美は笑って「今度は泣かすなよ」と許しました。
古典の授業中にキラを連れ出した零は、バイクで海に行って「心の傷の深さは理解できないけど、忘れられないことは分かる」と言います。それは双子の弟・聖に対する零のトラウマも関係していました。
砂の城を作りながら、キラは「私は心の中がグロいの。何度も心の中で、人を殺してた」と告白し、零とキラは互いに気持ちが寄り添うのを感じました。

【結】- MARSマースただ君を愛してるのあらすじ4

砂の城を見て「いつかは必ず壊れてしまう」とキラが言いますが、「壊れたらまた作ればいい」と零が答えます。
零とキラは気持ちを通わせていましたが、牧生は零の双子の・聖を殺しさえすればそばにいられると考えていました。
双子の弟・聖が死んだのは自分のせいだと零は思っていましたが、本当は牧生が聖を傷つける言葉を吐いたからでした。
「零のそばにいていいのは、僕だけなんだ」と牧生は思い詰めます。
美術室で牧生は「麻生さん(キラ)って父親にレイプされたんでしょ」と言って零をわざと怒らせました。零は牧生の首を絞め、牧生は零の中にまだ凶暴さが残っているのを知って満足します。
牧生は零と自分が似ていると言いますが、キラは「違う」と否定しました。零を描くのに苦労したと言ったキラは、「桐島くん(牧生)を描くのは簡単。ただまっ黒に塗りつぶせばいいだけ。だから零とは似てない」と言います。
いらだった牧生はキラを廃ビルに連れ出し、ナイフを出して飛び降り自殺させようとしますが、零が駆け付けて牧生を殴ります。

その後、海に出かけたキラは、零とならば生きていけると思い、そう告げました。そして2.人は結ばれます。
牧生は学校に来なくなりました。
零はバイクの店でバイトを始め、高校を卒業したら正式に雇われることになります。
休日に零とキラは海辺でデートしていました。
零が自動販売機に飲み物を買いに行った時、牧生が後ろからナイフで腹を刺します。「僕のものにならないなら、君なんてもういらない」と牧生は言いました。
零はキラの元へ戻り、倒れます。

1年後。
高校3年生の達也と晴美は微妙な関係です。達也が大学に合格したら、晴美は付き合うそうです。
キラの元へ零がやってきました。零は1年前に牧生に刺された時、一時は生死の境をさまよいましたが、命を取り留めました。
1年前に告げた「彼氏と一緒に大きなクリスマスツリーを見て願い事をする」というキラの願望が、やっとかないます。零と共にツリーを見上げながら、キラは「ずっと一緒にいようね」と願い事をします。
その後、零とキラは手を繋いでツリーの前から立ち去りました。
(タイトル『MARS』はマルス像の彫像を意味する。)

関連する映画

ラブストーリー

みんなの感想

ライターの感想

2016年1月下旬から、全10回にわたって深夜に放送されたテレビドラマの劇場版。
劇場版では、テレビドラマで描かれなかったことにも触れている…らしいのだが、すみません、私、テレビドラマがあることを映画を見て初めて知りました。
「えらくスピーディーに話が展開するな。これは、なにか別にあるな」と思ったら、やはりテレビドラマが。
見た感じを正直に述べると「ダイジェスト版をばばばーっと見せられた」感じ。
だからテレビドラマを視聴していなくてもじゅうぶん話の筋は判ります。

映画の感想を投稿する

映画「MARSマースただ君を愛してる」の商品はこちら