「undo」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリー

undoの紹介:何かを縛らずにはいられない“強迫性緊縛症”(架空の病)という精神障害を患う萌実と、彼女を助けたい一心の夫の由起夫。狂う女性を美しい映像で捉えた異色のラブストーリー。1994年に公開された岩井俊二監督の中編映画で、翌年のベルリン国際映画祭ではフォーラム部門NETPACを受賞した。

undoの主な出演者

萌実(山口智子)、由起夫(豊川悦司)、精神科医(田口トモロヲ)

undoのネタバレあらすじ

【起】- undoのあらすじ1

由起夫と萌実夫妻は、生活感のあまりないマンションの一室に暮らしていました。萌実が犬を飼いたいと言い出しますが、ペットを飼えない部屋だったため、由起夫は犬の代わりに亀を二匹を用意し、散歩が出来るように甲羅に鎖を付けました。
萌実は仕方なく亀を散歩させて可愛がり、もてあます時間を埋めていました。
萌実は歯の矯正治療が終わり、久しぶりに口の中からワイヤーが外れました。萌実は嬉しそうに由起夫とキスしますが、彼は「メタリック感がない」と不満げです。由起夫の態度に萌実は拗ねました。
仕事が忙しい由起夫は休日も働き、萌実にかまう余裕がありません。萌実はどんどん淋しさを募らせていきます。
妙に手持ち無沙汰な萌実は編み物を始めました。すると萌実は、亀や林檎を毛糸で縛るようになります。その様子を見て違和感を感じた由起夫ですが、仕事に追われ見て見ぬふりをしました。 この映画を無料で観る

【承】- undoのあらすじ2

ある時由起夫は自分の本が縛られていることに気付きます。糸を解こうと手にした鋏まで縛られていました。そして萌実は編み物をしている自分の手まで編み始め、妻の異常さを実感した由起夫は萌実と一緒に精神科を訪れました。
精神科医は萌実の症状を強迫性緊縛症候群と診断し、一種の愛の病だと説明しました。病院に行った後も萌実の欲求はエスカレートしていき、部屋にあるあらゆる物を縛るようになっていきます。
再び病院へ行くと、医師から「縛られているという強迫観念が症状を生み出す。二人の生活の中に彼女を縛り付けている要因がある」と言われます。しかし由起夫は、縛り付けるというより、解けていると話しました。夫にかまってほしい萌実の気持ちが、物質的に縛ることで欲求を満たそうとしていると由起夫は分かっていました。由起夫は自分に責任を感じ、萌実を気分転換させようと旅行に誘いますが、彼女は既に通常の精神状態ではありませんでした。

【転】- undoのあらすじ3

萌実の症状はさらに悪化し、家の中全体を縄だらけにしていました。由起夫が帰宅すると「“待ってる”を縛っていた」と言い、形のないものまで縛ろうとしています。更に萌実は二人の愛を縛ったと、記念写真を赤く塗りつぶしていました。
やるせなくなった由起夫が声を荒らげると、萌実も狂ったようにわめき泣き出します。由起夫がたまらず萌実を抱きしめキスすると、彼女の歯には矯正のワイヤーが再び嵌められていました。
由起夫が一人で病院を訪れると、萌実の症状は末期だと医師に告げられます。彼女自身を縛ってあげれば、安心感ぐらいは得られると助言された由起夫は、帰宅すると萌実に「いいことをしよう」と言って彼女を椅子に縛り付けました。由起夫にできる唯一のほどこしでした。 この映画を無料で観る

【結】- undoのあらすじ4

充分に縛り付けても萌実の気持ちは満たされません。萌実は無表情で「ちゃんときつく縛って」と呟き、由起夫は更に縛り上げました。由起夫がどんなに彼女を縛っても、萌実は「ちゃんと縛って」と乞うてきます。由起夫は我を忘れたかの如く壁に穴を開け、部屋の隅に鉄のワイヤーで萌実を固定しました。萌実は顔から足先まで紐だらけになります。由起夫は一心不乱で紐と紐を絡ませ、萌実が解けないようにしました。それでも萌実は「ちゃんと縛ってよ」と言い続けます。由起夫は疲れ果てそのまま眠りにつきました。
由起夫が目を覚ますと彼はがんじがらめに縛られていて、萌実の姿が消えていました。由起夫は自分たちが縛られていたのか、解けていたのか疑問に思います。萌実はそのまま行方知れずとなりました。

関連する映画

ラブストーリー

みんなの感想

ライターの感想

爽爽としたストーリーではないため、好き嫌いがはっきりと別れる作品だと思います。
不気味さも際立っているし萌実が狂う姿が痛々しくて、個人的には得意なジャンルではないはずなのですが、美しい美術作品を観ているような映像にぐいぐいと気持ちを引き込まれました。
映像の色合いや全体の雰囲気が、20年以上前の作品とは思えないくらい洗練されていて、古さを全く感じさせませんでした。これが岩井ワールドなんでしょうね。

映画の感想を投稿する

映画「undo」の商品はこちら