映画ネタバレあらすじを4,376件掲載中です

ラブ・アフェア 年下の彼(2012年)の紹介:2012年製作のアメリカ映画。夫の出張でイタリアに同行した女性と、年下の男性との恋の行方を描いている。ケイト・ボスワース主演で贈るラブストーリーで、年下の相手役を演じるのはジェイミー・ブラックリー。

ネタバレを読む

隠し砦の三悪人の紹介:1958年製作の巨匠・黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇。戦国時代を舞台に、敗れた国の姫を同盟国に脱出させるために、侍大将とコミカルな農民二人の冒険劇が描かれる。この映画は世界で絶賛され、若き日のジョージ・ルーカス監督にも影響を与えた(「スター・ウォーズ」のC-3PO、R2-D2は本作の農民コンビをモデルとしている)。第9回ベルリン国際映画祭では監督賞にあたる銀熊賞を受賞した。

ネタバレを読む

たそがれ清兵衛の紹介:2002年製作の真田広之、宮沢りえ主演の時代劇ドラマ。山田洋二監督による藤沢周平原作映画三部作の一作目に当たる作品で、東北の小さな藩に生きる武士の貧しくも幸せに満ちた日々を描いていく。第28回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を受賞し、第76回アカデミー賞では外国語映画賞の最終候補にノミネートされた。

ネタバレを読む

アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの紹介:2009年製作のフランス映画。日本の俳優・木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。

ネタバレを読む

ダーケストアワー 消滅(2011年)の紹介:2011年公開のSFスリラー。モスクワを舞台に、地球を侵略してくるエイリアンに立ち向かう人々の姿を描いている。「プロメテウス」のジョン・スペイツが脚本を、「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフが製作を務めた作品。主演はエミール・ハーシュ、オリヴィア・サールビーやマックス・ミンゲラも出演。

ネタバレを読む

ファイナルガールの紹介:2014年製作のアメリカ&カナダ映画。アビゲイル・ブレスリンが殺し屋女子高生を演じたスラッシャーアクション。夜な夜なガールズハンティングを楽しんでいた男子高校生集団。ある晩、好みのブロンド美女を連れ込むことに成功するが、その美女は殺し屋に育てられた少女だった…。

ネタバレを読む

パラサイト・イヴの紹介:1997年公開の日本映画。第2回日本ホラー小説大賞を受賞した作品の映画化。古代から人間の細胞に寄生するミトコンドリア遺伝子の、人類への反乱を描く作品。著者である瀬名秀明の受賞直後から作品は注目され、話題をさらった。

ネタバレを読む

プレゼンス(2014年)の紹介:2014年のドイツ映画。超常現象の映像を収めるため、廃城に訪れた3人の学生が恐怖の底に突き落とされる様を描いている。学生たちの周りで起こるポルターガイスト現象の数々や、追い詰められていく学生たちのリアルな演技が注目の作品。

ネタバレを読む

ニンフォマニアック Vol.2の紹介:2013年公開のデンマーク映画。幼い頃から性を意識し、様々な男性と関係を持ってきた色情狂の女性の姿を描いている。豪華な顔ぶれで展開され、過激な描写にも注目の作品。Vol.1の前編に引き続き、今作は後編にあたる。鬼才ラース・フォン・トリアーが監督・脚本を務めた映画であり、「アンチクライスト」、「メランコリア」に続く「鬱三部作」の最終作。

ネタバレを読む

ニンフォマニアック Vol.1の紹介:2013年公開のデンマーク映画。幼い頃から性を意識し、様々な男性と関係を持ってきた色情狂の女性の姿を描いている。豪華な顔ぶれで展開され、過激な描写にも注目の二部構成の作品。鬼才ラース・フォン・トリアーが監督・脚本を務めた映画であり、「アンチクライスト」、「メランコリア」に続く「鬱三部作」の最終作である。

ネタバレを読む

リトルデビル(2017年)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。美しい女性と結婚して幸せでいっぱいの男性が、義理の息子が呼ぶ悪夢に襲われる恐怖を描いている。主演はアダム・スコット、相手の妻役はエヴァンジェリン・リリーが演じるホラー・コメディ。

ネタバレを読む

囚われた少女たちの紹介:2015年製作のメキシコ映画。少女を誘拐、監禁、そして売春をさせるメキシコの犯罪社会と、過酷な人生を送る少女の姿を描いている。少女たちの残酷な現実を映し出したサスペンスドラマ。FEST国際映画祭で審査員賞、メキシコ・アカデミー賞で5部門を受賞した作品。

ネタバレを読む

エレクトラ(2005年)の紹介:2005年公開のアメリカ映画。アメリカン・コミック「チアデビル」のキャラクター、エレクトラを主役で描いた作品。エレクトラを演じるのは、2003年の映画「チアデビル」でも演じたジェニファー・ガーナー。ロウ・ボウマン監督がメガホンをとり、ストーン役で出演したボブ・サップはハリウッド映画デビューを飾った。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。