映画ネタバレあらすじを3,337件掲載中です

呪怨2(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇・監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、続いて映画化した「呪怨」シリーズ。ビデオ作品から数えるとシリーズ4作目となる。ビデオ版と劇場版は関連性があり、話は繋がっている。

ネタバレを読む

呪怨2(ビデオオリジナル版)(2000年)の紹介:2000年、日本のビデオオリジナル作品。呪怨シリーズの2作目にあたるビデオ作品。後に劇場版が続々と作られるなど注目を集めた。佐伯家の惨劇後に住み始めた住人と関係者が襲われる恐怖を描く。

ネタバレを読む

呪怨(劇場版)の紹介:2003年公開の日本映画。清水崇監督が1999年にビデオ作品を発表し(DVDも発売)、あまりの恐さに話題を呼び映画化の運びとなった。ハリウッドでも映画化され、日本版の「呪怨」シリーズ続編も次々に制作されている。

ネタバレを読む

羊たちの沈黙の紹介:1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞した。アカデミー賞主要5部門全てを受賞したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

ネタバレを読む

リング2の紹介:1999年公開の日本映画。映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在するが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品である

ネタバレを読む

呪怨 -終わりの始まり-の紹介:2014年公開の日本映画。「呪怨」シリーズの第7弾(ビデオ版、番外編も含む)。ハリウッド映画化もされた呪怨シリーズの最新作で劇場版の3作目にあたり、全作品の集大成といったもので、新たな設定にも驚かされる。

ネタバレを読む

藁の楯の紹介:2013年公開の日本映画。『ビー・バップ・ハイスクール』で知られる漫画家・きうちかずひろが本名の木内一裕名義で発表し小説家デビューを果たした「藁の楯」を、三池崇史監督が映画化。表題の意は「意味をなさないもの、役に立たないもの」。

ネタバレを読む

闇金ウシジマくんの紹介:2012年公開の日本映画。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の劇場版。2014年5月16日に続編となるPart2が公開された。PG12指定。

ネタバレを読む

容疑者Xの献身の紹介:2008年公開の日本映画。東野圭吾の人気小説・ガリレオシリーズを原作とし、天才物理学者と女性刑事のコンビが難事件を解決する人気テレビドラマ「ガリレオ」の劇場版で、13年には劇場版第二弾『真夏の方程式』も映画化された。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。