映画ネタバレあらすじを4,366件掲載中です

死霊館の紹介:2013年公開のアメリカ映画。『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督が、71年にアメリカのロードアイランド州で実際に起きた奇怪な事件を基に描くサスペンス・ホラー。ある一軒家に引っ越してきた7人家族を、恐ろしい事象が襲う。

ネタバレを読む

J・エドガーの紹介:2011年制作のアメリカ映画。クリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に据え、1972年に亡くなるまで50年近くも政府機関の長を務めた、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーヴァーの半生を描く。

ネタバレを読む

神様はバリにいるの紹介:2015年公開の日本映画。バリ島へ単身渡り、独自の哲学で巨万の富を得た実在の日本人実業家を、堤真一が扮するヒューマンコメディ。事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロインが〝アニキ〟と出会い、人生を見つめ直す…。

ネタバレを読む

火垂るの墓(2008年 実写版)の紹介:2008年公開の日本映画。野坂昭如の原作で1988年にアニメ映画化されている『火垂るの墓』を、新たに実写映画化。混乱した戦時下を自力で生き抜こうとする兄妹の痛切な運命を描く。

ネタバレを読む

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年公開の日本映画。村田喜代子の芥川賞受賞小説 『鍋の中』を原作とし、原爆体験をした長崎の祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描く反核映画。監督/脚本は黒澤明。

ネタバレを読む

父親たちの星条旗の紹介:2006年公開のアメリカ映画。太平洋戦争最大の戦闘とされる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」のアメリカ側視点の作品である(日本側視点は『硫黄島からの手紙』)。監督はクリント・イーストウッド

ネタバレを読む

戦国自衛隊1549の紹介:2005年公開の日本映画。1979年の映画『戦国自衛隊』のリメイク的な作品であるが、原作が違うため前作とはストーリー、キャラクターともにかなり異なり、2組目の自衛隊が故意にタイムスリップする続編的な側面もある。

ネタバレを読む

消されたヘッドラインの紹介:2009年公開のアメリカ&イギリス映画。イギリスBBCのTVドラマ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』をハリウッドでリメイクした作品で、国家権力や莫大な利権が絡む謀略の構図を暴こうとする新聞記者の苦闘を描く。

ネタバレを読む

キタキツネ物語 35周年リニューアル版の紹介:2013年公開の日本映画。1978年に公開されヒットした『キタキツネ物語』をリニューアルした感動作。厳しい北の大自然の中で、野生動物として必死に生きるキタキツネ一家の誕生から子別れまでを描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。