映画ネタバレあらすじを3,896件掲載中です

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年公開の日本映画。椎名誠の同名小説が原作。放送作家・脚本家として活躍する細川徹が映画監督デビューを飾った大人のためのファンタジー。気分転換で訪れた西表島で全財産を盗まれても、のほほんと生きる男を描いた物語。

ネタバレを読む

バックドラフトの紹介:1991年公開のアメリカ映画。放火犯探しというサスペンス内容を盛り込んだ、消防士の兄弟の確執や葛藤、火を相手に日夜戦い続ける男たちのドラマを描いた作品。消防士を描いた映画といえばこれ、というほど有名な作品である。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃の紹介:2001年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第25作目で、登場怪獣はゴジラ、モスラ、バラゴン、キングギドラである。新たな設定を盛り込み、またゴジラを脅威の存在にした作品。

ネタバレを読む

三大怪獣 地球最大の決戦の紹介:1964年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第5作で、『空の大怪獣ラドン』『モスラ対ゴジラ』の直接的な続編になる。三大怪獣はゴジラ、ラドン、モスラを指すが、シリーズ最大の悪・キングギドラが誕生した作品でもある。

ネタバレを読む

ゴジラvsデストロイアの紹介:1995年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第22作目にあたる。平成vsシリーズの完結編で、ゴジラのハリウッド進出を前に、日本版のゴジラ終焉が話題となった。1954年公開の第1作「ゴジラ」の影響が強い作品。

ネタバレを読む

劇場版 猫侍の紹介:2014年公開の日本映画。東名阪ネット6が中心の制作『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』等に次ぐ動物ドラマシリーズの第10弾。シリーズでは初の時代劇。設定はテレビドラマ版と同じだが内容は大きく異なる。

ネタバレを読む

バイオハザードⅡ アポカリプスの紹介:2004年公開のアメリカ映画。原作ゲームソフト『バイオハザード3』とリンクするホラーアクション映画で、シリーズ第2弾である。「アポカリプス」とは「黙示録」の意で、世界の破滅とキリストの再来を謳ったもの。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。