映画ネタバレあらすじを3,896件掲載中です

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年公開のアメリカ映画。真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが、大暴れする様子を描いたファンタジーの第2弾である。第3弾『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』も2014年12月公開予定。

ネタバレを読む

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

ネタバレを読む

きな子~見習い警察犬の物語~の紹介:2010年公開の日本映画。警察犬試験に何度も失敗している見習い警察犬きな子と、見習い訓練士・杏子の成長物語。きな子は香川県丸亀警察犬訓練所に実際に所属している「ズッコケ見習い警察犬」をモデルとしている。

ネタバレを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZEROの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズのスピンオフ作品で前日譚となる。『ウルヴァリン』も当たりシリーズ化され、同シリーズの第1作にあたる。ウルヴァリンの隠された過去にせまる作品。

ネタバレを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーションの紹介:2011年公開のアメリカ映画。アメコミ『X-メン』シリーズの5作目である。初期三部作の前日譚、時系列では最も過去を描いたものとなる。マグニートーとプロフェッサーXの若かりし頃を描いた作品。

ネタバレを読む

ラストサムライの紹介:2003年公開のアメリカ映画。明治初頭の日本を舞台に、最後の侍の姿を描いた作品。トム・クルーズを主演に据え、日本人と武士道を偏見なく描く意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪など多数の日本人俳優も起用され、高く評価された。

ネタバレを読む

ホワイトアウト(2000年)の紹介:2000年公開の日本映画。真保裕一の同名ベストセラー小説を映像化。日本最大のダムを占拠したテロリストに、人質を奪還すべく活躍する青年の姿を描く。「ホワイトアウト」は激しい吹雪で視界が奪われる状態をさす。

ネタバレを読む

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を下敷きとし、スタジオジブリの米林宏昌が監督を務めた。米林監督最新作『思い出のマーニー』が2014年7月19日から公開。

ネタバレを読む

トランスフォーマー ロストエイジの紹介:前作から五年後の世界。人間との同名が破棄されオートボット狩りがはじまった世界に新しい脅威が迫る。オートボット達は再度人類の為に戦うのか。前作に引き続きロボット達のアクションは必見の映画。

ネタバレを読む

八日目の蝉の紹介:2011年公開の日本映画。角田光代のベストセラー小説を、『孤高のメス』の監督・成島出が映像化した深遠な人間ドラマ。不倫相手の子を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた恵理菜の両者を軸にし、「母性」をテーマにした作品。

ネタバレを読む

孤高のメスの紹介:2010年公開の日本映画。現役の医師・大鐘稔彦のベストセラー小説を、堤真一・主演で映画化したサスペンス・ドラマ。医療に真剣に取り組む医師の姿を、地方医療問題や臓器移植など現実的な問題を交え描いた作品である。

ネタバレを読む

いつかギラギラする日の紹介:1992年公開の日本映画。現金強奪後、仲間割れを起こした男女の姿を追うアクション映画で、話が二転三転する作品。80年代に主に女性映画や文芸映画を撮っていた深作欣二が久しぶりにアクションに挑んだ映画である。

ネタバレを読む

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。