映画ネタバレあらすじを3,337件掲載中です

ボディ・スナッチャーズの紹介:1993年のSFホラー映画。軍事基地にやってきた一家が、謎の物体に襲われる様を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」の3度目の映画化作品。監督は「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のアベル・フェラーラ。主演は「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のガブリエル・アンウォー。

ネタバレを読む

俺たちフィギュアスケーターの紹介:2007年公開。フィギュアスケート界を舞台に、二人の男性が失った英光を取り戻すため、前代未聞の男子ペアを組んで再び舞い戻る姿を描いた作品。主演は「主人公は僕だった」のウィル・フェレルと「ナポレオン・ダイナマイト」のジョン・ヘダー。音楽は「プラダを着た悪魔」のセオドア・シャピロ。制作には「ズーランダー」のベン・スティラーやスチュアート・コーンフェルドが参加。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!の紹介:2007年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第15弾。初めてシロがメインとなる作品で、構図も野原一家&かすかべ防衛隊VSひなげし歌劇団VS UNTIという三つ巴の戦いになっている。

ネタバレを読む

オーロラの彼方への紹介:2000年公開のSFファンタジー・サスペンス映画。30年の時を超えて、「声のタイムトラベル」で結ばれる親子の絆を描いた作品。監督は「ブラックサイト」のグレゴリー・ホブリット。音楽は「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメン。主演は「パッション」のジェームズ・カヴィーゼル。主題歌はガース・ブルックスで「When You Come Back To Me, Again」。

ネタバレを読む

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎の紹介:1989年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第2弾。泥棒業界での最大の謎とされる、ヘミングウェイの未完成原稿『ヘミングウェイ・ペーパー』をめぐる、ルパンとコンサノ派とカルロス派、三つ巴の争奪戦を描く。

ネタバレを読む

悪魔の椅子の紹介:2006年のホラー映画。人の命を奪う謎の椅子を巡る恐怖を描いた作品。廃墟と化した病院にきたニックとサミーは、不気味な椅子を見つける。サミーが椅子に座ると、反応して血まみれとなって消えてしまう。ニックは精神病院へと連れて行かれ、4年後ウィラード博士が本を書くために彼を退院させる。そしてもう一度、廃病院に向かうのだが…。

ネタバレを読む

神弓-KAMIYUMI-の紹介:2011年公開の韓国映画。17世紀の朝鮮で起きた丙子の乱を舞台に、妹を救うために1人で大軍に挑む名手の活躍を描いた作品。韓国では2011年の年間興行成績で1位を記録。出演は「王女の男」のムン・チュウォンや「7番房の奇跡」のリュ・スンリョン、「逃げるは恥だが役に立つ」の大谷亮平など。

ネタバレを読む

ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!の紹介:1989年放送の日本アニメーションTVスペシャル。アニメ『ルパン三世』のTVスペシャル版第1弾。自由の女神像に隠された、世界最大のダイヤモンド『スーパーエッグ』とコンピューター・ウイルスをめぐり、ルパンたちが活躍する。

ネタバレを読む

おさな妻の紹介:天涯孤独になった女子高生と、年の離れた男性とのラブストーリー。原作は『ジュニア文芸』に連載された富島健夫の人気同名小説で、たびたび映画・ドラマ化されている。本作は関根恵子(現高橋惠子)主演作の第二弾として話題となった、大映制作の1970年版。

ネタバレを読む

こわい童謡 裏の章の紹介:2007年の日本映画。童謡によって惨劇が引き起こされた「こわい童謡 表の章」の続編。女子高生達が惨殺されてから5年後、音響分析官が事件の真相解明に挑む姿を描いた作品。監督・脚本は前作同様、ホラー界のマルチクリエイターとも呼ばれている福谷修。主演は安めぐみ。「Watch with Me ~卒業写真~」の津田寛治や「フライ,ダディ,フライ」の松尾敏伸らも出演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。