映画ネタバレあらすじを3,909件掲載中です

ジャッキー・コーガンの紹介:2012年公開。経済危機に瀕したアメリカ社会を背景に、裏社会に生きる男たちの姿を描いている。ジョージ・V・ヒギンズの小説が原作。アンドリュー・ドミニクが監督・脚本を務め、ブラッド・ピット主演で贈る作品。

ネタバレを読む

マーシャル・ローの紹介:1998年製作のアメリカ映画。戒厳令(マーシャル・ロー)が発令されたニューヨークで、国家とテロリストの対決を描くサスペンス大作。もしニューヨークで大規模テロが発生したらという仮定に基づいて制作されたが、のちにアメリカ同時多発テロ事件がニューヨークで発生した。

ネタバレを読む

ペット 檻の中の乙女の紹介:2016年製作のアメリカ&スペイン合作映画。第49回シッチェス・カタロニア映画祭脚本賞に輝いたサイコスリラー。動物保護センターで働くセスは、同級生のホリーと偶然再会。ホリーのある秘密を知ったセスは彼女を執拗に追いまわした挙句に、動物用の檻に監禁。飼い主気分に浸ろうとするが…。

ネタバレを読む

ミミックの紹介:1997年製作のアメリカ映画。ニューヨーク市を舞台に、遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いを描くSFホラー。好評を博し、シリーズ作が3まで作られた。「ミミック」とは「擬態」という意味。被捕食者が捕食者に擬態することで難を逃れようとするさま。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ10の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第10作。同シリーズの番外編「~Special2」で市松人形の障りでは?と紹介された「白い足」の続報、激しい異臭を放つ下水道の不気味な物体など8本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ9の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2002年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第9作。打ち捨てられた廃村で録られた子供の声、学芸会で佇む老人、瑕疵物件で見た夢に現れた赤い蛇のような男など10本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ Special2の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオ「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの番外編で、2001年にビデオ版として発売され、後にDVD化された「ほんとにあった!呪いのビデオ Special」シリーズ第2作。シリーズ第1作目から続く「白い着物の女」の続報、合宿所や磨りガラスに浮かぶ不気味な顔、廃病院に現れる霊など13本を紹介する。構成/演出は「あんにょんキムチ」「山田孝之の東京都北区赤羽」などで数々の賞を受賞した松江哲明。撮影/編集は後に本シリーズの監督となる坂本一雪。監修/ナレーション/出演は中村義洋。

ネタバレを読む

メン・イン・キャットの紹介:2016年製作のフランス&中国合作映画。ケヴィン・スペイシーがネコと入れ替わってしまう傲慢な社長を演じるコメディ。ネコにのり移ってからはもちろん声のみの出演となるが、必死に妻子に自分の存在をアピールしようとする姿が笑いを誘う。

ネタバレを読む

ドライブ・アングリー3Dの紹介:2011年公開のアメリカ映画。カルト教団に愛する娘を殺された父親が、復讐する姿を描いた作品。ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクナーなど豪華な顔ぶれが出演。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。