映画ネタバレあらすじを3,337件掲載中です

ルパン三世 風魔一族の陰謀の紹介:1987年公開の日本長編アニメーション映画。テレビアニメでも人気の『ルパン三世』の劇場版第4作。墨縄家の家宝をめぐる、ルパン三世と風魔一族の戦いを描く。本作は声優陣がアニメ版と大幅に異なる。

ネタバレを読む

あの日のように抱きしめての紹介:2014年製作のドイツのヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦直後のドイツを舞台にした作品で、愛する夫への思いを断ち切れないユダヤ人女性の苦悩と葛藤を描いていく。原案となったのは、フランス人小説家ユベール・モンテイエによるサスペンス小説「帰らざる肉体」。

ネタバレを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

ネタバレを読む

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語の紹介:2012年公開。異世界に飛び込んだ女性が、不思議な人々と出会いながら旅をする姿を描いた作品。世界最高峰のエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマンスを映画化。監督・脚本は「ナルニア国物語」シリーズのアンドリュー・アダムソン。製作総指揮には「アバター」のジェームズ・キャメロンが参加。

ネタバレを読む

キューティ・ブロンド/ハッピーMAXの紹介:2003年公開。超ポジティブなブロンド娘の大活躍を描いた作品。「キューティ・ブロンド」シリーズの2作目。主演・制作総指揮は「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のリース・ウィザースプーン。音楽は「サイドウェイ」のロルフ・ケント。「プレイス・イン・ザ・ハート」のサリー・フィールドも出演。

ネタバレを読む

ピンクとグレーの紹介:2016年公開の日本映画。NEWSの加藤シゲアキが、芸能界の嘘とリアルを描き、衝撃を呼んだ同名小説を行定勲監督が映画化。亡き親友の伝記を書いた事で時の人となった主人公が、喪失感や偽りの名声に苦しみ、次第に自分を見失っていく姿がつづられる。

ネタバレを読む

サウンド・オブ・サンダーの紹介:2005年公開。近未来を舞台に、生態系の破壊による人類の滅亡危機を描いた作品。レイ・ブラッドベリの小説「雷のような音」が原作。監督は「エンド・オブ・デイズ」のピーター・ハイアムズ。音楽は「ワンス・アンド・フォーエバー」のニック・グレニー=スミス。主演は「コンフィデンス」のエドワード・バーンズ。

ネタバレを読む

ドミノ(2005年)の紹介:2005年公開。名優の父とモデルの母をもち、モデルとして将来を有望視されながらも、賞金稼ぎへの道を歩み始めた実在の女性の姿を描いた作品。監督は「デジャヴ」のトニー・スコット。音楽は「キングダム・オブ・ヘブン」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。撮影は「エネミー・オブ・アメリカ」のダニエル・ミンデル。主演は「つぐない」のキーラ・ナイトレイ。

ネタバレを読む

へんげの紹介:都内近郊のとある住宅地に、謎の発作に襲われ苦悶し絶叫する夫を懸命に介護する妻がいた。彼は発作のたび咆哮し、やがて人ならざるモノへと変貌し始めるが…という2011年公開のホラー映画。監督/脚本は「劇場版 稲川怪談 かたりべ」「鬼談百景(「一緒に見ていた」「赤い女」)」の大畑創。2012年第16回モントリオール・ファンタジア映画祭にて特別賞を獲得した。

ネタバレを読む

初恋(2006年)の紹介:2006年公開の日本映画。日本犯罪史上最大の未解決事件「府中三億円強奪事件」の実行犯は、女子高生だったという設定の元に切ない青春を描いた作品。中原みすずの小説が原作。監督は「死にゆく妻との旅路」の塙幸成。撮影は「八日目の蝉」の藤澤順一。編集は「壬生義士伝」の冨田伸子。主演は「きいろいゾウ」の宮崎あおい。兄の宮崎将と共演した作品。主題歌は元ちとせで「青のレクイエム」。

ネタバレを読む

FRIED DRAGON FISH THOMAS EARWING’S AROWANAの紹介:PCオペレーターのプーはあることをきっかけに時価数千万円する熱帯魚を探すことに。そんななか熱帯魚と暮らす不思議な少年夏郎と出会う。
岩井俊二監督作。深夜ドラマのスペシャル版として製作されたものを1996年に映画化。同じく岩井作品の『PiCNiC』と併映された。

ネタバレを読む

こわい童謡 表の章の紹介:2007年の日本映画。名門女子高の合唱部を舞台に、童謡が引き起こす事件を描いた作品。監督・脚本は「最後の晩餐-The Last Supper」の福谷修。主題歌は志方あきこで「Amnesia」。主演は「君に届け」の多部未華子。「運命じゃない人」の霧島れいかや「時空警察ハイペリオン」のしほの涼も出演。

ネタバレを読む

いつか眠りにつく前にの紹介:人生の最期を迎える老いた母を看る二人の娘。混濁した意識の母が呼ぶのは、娘たちも知らない男性の名前だった。老婦人の回想と、人生を見つめ直す娘たちの愛と救いを描いたヒューマンラブストーリー。スーザン・マイノットの小説『Evening』(映画原題と同じ)を映像化。2007年公開の米・独合作で、メリル・ストリープ、ヴァネッサ・レッドグレイヴが共に実の娘と共演し話題となった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。