映画ネタバレあらすじを3,909件掲載中です

スーパーバッド 童貞ウォーズの紹介:2007年のアメリカのコメディ映画。童貞の冴えない高校生3人組が、卒業パーティーで意中の女の子との初体験を目指す青春コメディ。全米で初登場1位となり大ヒットしたが、日本では劇場未公開作品。

ネタバレを読む

箱入り息子の恋の紹介:2013年製作の星野源、夏帆主演のラブロマンスコメディ。人づきあいを極度に避ける35歳独身男性と、目に障害を抱えた若い女性とのドタバタ恋愛劇を描いていく。監督を務めたのは漫才グループ「髭男爵」の元メンバーで、「隼」、「無防備」などの作品で国際的な評価を得た市井昌秀。

ネタバレを読む

愛とセックスとセレブリティの紹介:2009年公開のアメリカ映画。女性たちを騙し続けてきたルックス抜群の男性が、真実の愛を求めて苦悩する姿を描いている。デヴィッド・マッケンジーが監督を務め、アシュトン・カッチャー主演で贈る作品。

ネタバレを読む

溺れるナイフの紹介:2016年11月公開の日本映画。青春漫画の傑作と言われるジョージ朝倉による同名作を、小松菜奈&菅田将暉主演で映画化した青春ラブストーリー。田舎町へ引っ越してきた人気モデルと、容姿端麗な青年との出会いと運命の恋の行方がつづられる。

ネタバレを読む

四月は君の嘘の紹介:2016年9月公開の日本映画。テレビアニメ化もされた新川直司の人気コミックを、広瀬すず&山崎賢人主演で実写映画化したラブストーリー。母親の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまった少年が、ひとりのヴァイオリニストとの出会いを機に再生していく姿が描かれる。

ネタバレを読む

バースデーカードの紹介:2016年10月公開の日本映画。橋本愛と宮崎あおいが共演し、母娘の愛を描く人間ドラマ。亡き母親から毎年届く、バースデーカードの内容に戸惑いつつも成長していくヒロインを橋本愛が透明感のある演技で魅せ、宮崎あおいが家族を大きな愛で包む母親を演じる。

ネタバレを読む

THE WAVE ウェイヴの紹介:2008年制作のドイツ映画。独裁について学ぶ実習に参加した高校生が、洗脳されていく姿を描いている。実話に基づいた物語で、デニス・ガンゼルが監督を務め、ユルゲン・フォーゲル主演で贈る作品。

ネタバレを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜の紹介:2016年11月に劇場公開された日本のアニメ作品。『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインを担当した安彦良和によるコミカライズ作品『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の映像化で、『THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』 から始まる「シャア・セイラ編」の最終作であり、初代ガンダムの背景となっている「一年戦争」が始まる前夜を描く物語。監督は『GUNDAM EVOLVE』『機動戦士ガンダム MS IGLOO』など、数々のガンダムシリーズに携わってきた今西隆志。安彦良和自身も総監督を務め、キャラクターデザインも担当している。

ネタバレを読む

サイコパス 地下戦慄の紹介:2015年製作のイギリス映画。「The OC」シリーズのミーシャ・バートン主演によるサスペンススリラー。婚約者の浮気を疑うエラは、彼が借りている町外れの倉庫に親友・モリーとやって来る。そこで暗闇に潜む“何か”にモリーを殺されたエラは、逃げ場も出口も見失ってしまう。

ネタバレを読む

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:原作は韓国の映画「殺人の告白」。藤原竜也と伊藤英明のW主演のサスペンス。時効を迎えた殺人犯が告白本を出版し、メディアや被害者遺族を巻き込んでいくというストーリー。どんでん返しのあるストーリーと、藤原竜也の狂気に満ちた演技が見もの。

ネタバレを読む

最前線物語の紹介:1980年製作のアメリカ映画で、オスカー俳優のリー・マービンと「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル主演の第二次世界大戦を題材にした作品。北アフリカ、シチリア、ノルマンディーと最前線を渡り歩くアメリカ軍の老軍曹と若き兵士たちの戦いを描いていく。監督を務めたのは、実際に第二次世界大戦で激戦を経験したサミュエル・フラー。

ネタバレを読む

ベロニカは死ぬことにした(2005年)の紹介:2005年制作の日本映画。精神科病院を舞台に、自分の人生を取り戻そうとする人々を描いている。パウロ・コエーリョの小説が原作で、日本を舞台に置き換えている作品。堀江慶が監督を務め、真木よう子主演で贈る。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。