映画ネタバレあらすじを3,337件掲載中です

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプランの紹介:2011年公開。不運続きの女性を中心に、結婚式に付き添う花嫁介添人達が巻き起こす騒動を描いた作品。アカデミー賞では脚本賞と助演女優賞にノミネートされた。監督は「アイ・アム・デビッド」のポール・フェイグ。脚本・主演は「ゴーストバスターズ(2016年)」のクリステン・ウィグ。撮影は「グランド・ブダペスト・ホテル」のロバート・D・イェーマン。

ネタバレを読む

沈黙の要塞の紹介:1994年に公開されたアメリカ映画。人気アクションスター、スティーブン・セガールの初監督作品である。名優マイケル・ケインを悪役に迎え、大作として製作された。大ヒットしたセガール主演作『沈黙の戦艦』に続けて、日本では「沈黙シリーズ」として公開されたが、特にストーリー上の繋がりはない。アクションスターとしては絶頂期のセガールの作品だが、監督としての評価はあまり芳しくなく、ゴールデンラズベリー賞の最低監督賞を受賞している。音楽は『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』などのペイジル・ポールドゥリス。

ネタバレを読む

スクービー・ドゥーの紹介:2002年の映画。スクービー・ドゥーなどミステリー社の面々が大活躍する姿を描いた作品。アメリカで大人気のテレビアニメ「スクービー・ドゥー」の実写映画1作目。監督は「スマーフ」シリーズのラジャ・ゴズネル。脚本は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のジェームズ・ガン。音楽は「102」のデヴィッド・ニューマン。出演は「Mr.ビーン」で知られるローワン・アトキンソンや「ラストサマー」シリーズのフレディ・プリンゼ・ジュニアら。

ネタバレを読む

ダンテズ・ピークの紹介:1997年公開。火山の噴火の脅威とそれに立ち向かう人々の姿を描いた作品。監督は「バウンティ/愛と反乱の航海」のロジャー・ドナルドソン。脚本は「デイライト」のレスリー・ボーム。制作には「アルマゲドン」のゲイル・アン・ハードが参加。音楽は「シックス・センス」のジェームズ・ニュートン・ハワードと「レギオン」のジョン・フリッゼル。主演は5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンと「ターミネーター」のリンダ・ハミルトン。

ネタバレを読む

劇場版 東京伝説 恐怖の人間地獄の紹介:2014年公開の日本映画。東京を舞台に、様々な人間の欲望が引き起こす恐怖に巻き込まれた女性を描いたオムニバス形式の作品。平山夢明の小説が原作。監督・脚本は「女忍 KUNOICHI」の千葉誠治。主演は「でーれーガールズ」の足立梨花。

ネタバレを読む

イベント・ホライゾンの紹介:西暦2047年。7年間行方不明となっていた最新鋭の重力推進エンジン搭載の超深宇宙探査船イベント・ホライゾン号が海王星付近に突如帰還し、その乗組員救助と調査のため派遣されたルイス&クラーク号のクルーたちが遭遇する恐怖を描いた1997年公開のアメリカのSF・ホラー映画。監督は「バイオハザード」「パンドラム」のポール・W・S・アンダーソン。視覚効果スーパーバイザーは「ブレードランナー」「スター・トレック」(1979年)などで知られ、1980年にはSFファンタジー&ホラー映画協会最優秀特殊効果賞に輝いたリチャード・ユーリチッヒ。

ネタバレを読む

ミラクル・ニール!の紹介:2015年製作のイギリス映画。モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズが監督を務め、他のパイソン・メンバーも声優として出演している。この作品はロビン・ウィリアムズの最後の出演作品となった。地球の破壊をもくろむ宇宙人によって全知全能のパワーを与えられた男が、様々なトラブルに巻き込まれながら奮闘する。

ネタバレを読む

ザ・ボーイ~人形少年の館~の紹介:2016年公開のアメリカ&カナダ&中国合作映画。老夫婦が人間として溺愛する奇妙な人形の世話をする事になったヒロインに降りかかる恐怖を描くホラー。“ブラームス”と呼ばれる8歳の少年の姿をした人形を世話する女性が、10のルールを破ってしまったために悪夢のような出来事に遭遇する。

ネタバレを読む

アサシン 暗・殺・者の紹介:1993年公開。死刑囚の少女が政府の工作員となる姿を描いた作品。フランス映画「ニキータ」のハリウッドリメイク版。監督は「ハード・ウェイ」のジョン・バダム。音楽は「ライオン・キング」のハンス・ジマー。主演は「ルームメイト」のブリジット・フォンダ。脇を固めるのは「奇跡の人」の大女優アン・バンクロフトや「レザボア・ドッグス」のハーヴェイ・カイテルら。

ネタバレを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃の紹介:2005年公開の日本映画。テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場作第13弾。現実の世界を守るために3分後の未来に行った野原一家が、悪い怪獣たちとバトルを繰り広げる。坂井真紀がテレビリポーター役で、波田陽区が怪獣役で登場!

ネタバレを読む

劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市の紹介:2014年公開の日本映画。東京を舞台に、様々な人間の欲望が引き起こす恐怖に巻き込まれた女性を描いたオムニバス形式のホラー作品。平山夢明の小説が原作。監督・脚本は「Red letters」の千葉誠治。出演は「学校の階段」の黒川芽以など。

ネタバレを読む

二重生活の紹介:2016年公開の日本映画。小池真理子の小説を、文化庁・芸術祭大賞に輝いたドラマ「ラジオ」などを手がけた映像作家の岸善幸が大胆に脚色し映画化したサスペンス。大学院の修士論文のため、見知らぬ男の尾行を始めた女子学生が、男の知られざる姿を知り、尾行にはまっていく姿を描く。

ネタバレを読む

クライヴ・バーカー ヘルゾンビの紹介:2006年の映画。原因不明の昏睡状態に陥った子供達が、長い月日が経って目覚め、大人達に襲い掛かる恐怖を描いた作品。製作総指揮には「ヘルレイザー」シリーズで知られるホラー&ファンタジー界の鬼才クライヴ・パーカーが参加。出演は「ドーソンズ・クリーク」のジェームズ・ヴァン・ダー・ビークや「E.T.」のディー・ウォレス、「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」のジョシュア・クローズら。

ネタバレを読む

神童の紹介:2007年公開の日本映画。孤高の天才ピアノ少女が、人とのつながりを通して、音楽の喜びや温かさに目覚めていく姿を描いた作品。さそうあきらの漫画が原作。監督は「帰郷」の萩生田宏治。脚本は「色即ぜねれいしょん」の向井康介。音楽はチボ・マットのハトリ・ミホ。撮影は「トイレのピエタ」の池内義浩。主題歌は原田郁子で「リプルソング」。主演は「武士道シックスティーン」の成海璃子と「うさぎドロップ」の松山ケンイチ。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。