映画ネタバレあらすじを4,376件掲載中です

タイタンの戦い(2010年)の紹介:2010年に公開されたアメリカ映画。1981年のギリシャ神話を題材にした同名ファンタジー作品のリメイクで、旧作と同様に神話の怪物(タイタン)たちと、神の子ペルセウスの壮絶な死闘を描く物語である。監督は『トランスポーター』、『インクレディブル・ハルク』などで知られるフランス出身のルイ・レテリエ。日本公開の際は、大ヒットしたギリシャ神話をモチーフとした漫画『聖闘士星矢』とコラボしたポスターが作られたが、これは監督が同作品の熱烈なファンであったためとされている。

ネタバレを読む

砂漠の流れ者の紹介:1970年製作のサム・ペキンパー監督による西部劇。西部開拓期末期を舞台に、水場を開拓しながら復讐の時を待つ男の物語を描く。ジェイソン・ロバーズ、ステラ・スティーブンス、デビッド・ワーナーらがコミカルで愛らしいキャラクターを好演している。

ネタバレを読む

SING/シングの紹介:2016年製作のアメリカ3Dアニメーション映画。動物だけが暮らす、人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場が企てた世界最高の歌のオーディションに参加しようとする、ワケありな動物たちが繰り広げる騒動を描くアニメ。劇場支配人のバスター役のマシュー・マコノヒーをはじめ人気俳優が声優を務め、レディー・ガガやザ・ビートルズらの大ヒットナンバーが60曲以上も登場する。

ネタバレを読む

フライボーイズの紹介:2006年公開のアメリカ映画。第一次世界大戦中のフランスを舞台に、志願したパイロットたちの活躍を描いている。総製作費70億円をかけた実写アクションシーンに注目の作品。主演はジェイムズ・フランコで、ジャン・レノらも出演したアクション大作。

ネタバレを読む

モスキートマンの紹介:2012年製作のアメリカ映画。遺伝子操作により蚊の特性とずば抜けた身体能力を持つ怪物、モスキートマンと化してしまった男の復讐(ふくしゅう)劇。邪悪な科学者の実験台にされ翻弄(ほんろう)されながらも、愛する人のために戦う主人公を、監督と脚本なども手掛けるマイケル・マナッセリが怪演。

ネタバレを読む

ターミネーター・ソルジャーの紹介:2011年製作のアメリカ映画。ジャングルを舞台に、米軍特殊部隊とサイボーグ兵士との壮絶な戦いを描いている。姿を消すことができ、レーザー兵器をも使う無敵のサイボーグ兵士に、立ち向かう部隊の姿を映し出す。ケヴィン・ソーボ主演で贈るSFアクション。

ネタバレを読む

ダウン・イン・ザ・バレーの紹介:2005年公開のアメリカ映画。父親の束縛に息苦しさを感じている少女が、カウボーイ気取りの風変わりな男性と出会って、恋に落ちる様を描いている。エドワード・ノートン主演・製作で贈るラブ・ロマンス。彼の相手役を務めるのは、エヴァン・レイチェル・ウッド。17歳の少女を演じる彼女の演技にも注目の作品。

ネタバレを読む

LEGO(R)の紹介:アメリカ、オーストラリア、デンマーク合作のアニメーション映画。監督は「くもりときどきミートボール」のフィル・ロードと、クリストファー・ミラー。全編レゴブロックで構築されているが、全てCGで作られている。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

FRANK フランクの紹介:1980年代に活躍したイギリスのコメディアンのフランク・サイドボトムをモデルにしたコメディ作品。「それでも夜は明ける」などのマイケル・ファスベンダーが、どんなときでも被り物を脱がない奇妙な男を熱演する。日本公開は2014年。

ネタバレを読む

デイ・アフター・トゥモローの紹介:2004年公開のアメリカ映画。『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督作品。地球規模で発生した異常気象の脅威と極限状況下で展開する人間模様を、壮大なスケールで描くパニック大作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。