「アバター(AVATAR)」のネタバレあらすじ結末

SF映画

アバターの紹介:戦争で足が動かなくなった主人公(地球人)が双子の兄弟が死亡し代理としてアバターになる。アバターとは異星人の体を遠隔操作すること。異星人の星には大量の有用資源が眠る。アバターを操作し現住民(異星人)と交渉にあたる。しかし地球乱暴なやり方に不満を持つ主人公はやがて反抗していく。

予告動画

アバター(AVATAR)の主な出演者

サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)、スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)、ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン)、ジョヴァンニ・リビシ(パーカー・セルフリッジ)

アバター(AVATAR)のネタバレあらすじ

【起】- アバター(AVATAR)のあらすじ1

人類は有用資源を求め、惑星パンドラを見つけそこに住む原住民ナヴィと交流を始める。地球との環境の違いからマスクが必要な世界、ナヴィとの交渉にもより親近感の持てるナヴィの身体を使った遠隔操作アバターの技術が良い方法となっていた。
当初アバターとして選任された主人公の双子の兄弟のジェイクは事故で死亡、代理として限りなく近いDNAが必要な代理として主人公の戦争で足が動かなくなったジェイクが選ばれる。そこでナヴィの身体を操作しナヴィとの交渉の大役をすることになる。

【承】- アバター(AVATAR)のあらすじ2

ジェイクはアバターとして健全な足を手に入れ、惑星パンドラを仲間と共に探査中、獣に襲われ仲間とはぐれてしまう。そこで原住民ナヴィのネイティリと出会う。当初は受け入れがたい存在として扱われていましたが、やがて少しずつ馴染んでいきます。
エイワというナヴィが信仰する大きな木のしたに大量の有用資源を発見した人類はジェイクに交渉を期待するものの交渉は難航。しびれを切らした人類は強行手段にでる。

【転】- アバター(AVATAR)のあらすじ3

主人公のジェイクはネイティリの教育を経て自然に対する愛情や考え方をかえていきます。そして教育役ネイティリと恋に落ちていきます。ジェイクはナヴィと地球人の狭間で葛藤していましたが、やがて地球人の強引なやり方に反発的になっていきます。大規模な侵略をもくろむ地球人にまっこうから戦いを挑みます。伝説の巨鳥グレイト・レオノプテリックスを飼いならすことに成功し、ナヴィの信頼を獲得することに成功する。

【結】- アバター(AVATAR)のあらすじ4

ナヴィの信頼を得たジェイクは各民族をまとめ、地球人を迎えうちます。地球人の科学攻撃に対し、原始的なナヴィはゲリラ的な戦法で挑み見事に勝利をおさめ地球人を追い出す事に成功します。
そしてジェイクはエイワの力を借りて心身共にナヴィになります。ジェイクは健康な足を手に入れナヴィとして惑星パンドラで生活することにしたのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アバター(AVATAR)」の商品はこちら