「アビス」のネタバレあらすじ結末

アビスの紹介:1989年に制作されたジェームズ・キャメロン監督による深海SFアドベンチャー。人類未到の深海に潜む謎と驚異を見事に描いたILMの特撮は、アカデミー視覚効果賞を受賞した。またキャメロンは本作の経験をもとに名作『タイタニック』を製作した。

この映画を無料で観る

アビスの主な出演者

ヴァージル・“バッド”・ブリッグマン(エド・ハリス)、リンジー・ブリッグマン(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)、ハイラム・コフィ大尉(マイケル・ビーン)、キャットフィッシュ・デ・ブリーズ(レオ・バーメスター)、アラン・“ヒッピー”・カーンズ(トッド・グラフ)、ジャマー・ウィリス(ジョン・ベッドフォード・ロイド)

アビスのネタバレあらすじ

【起】- アビスのあらすじ1

アメリカ海軍の原子力潜水艦が深海を航行中、謎の物体と遭遇し、遭難するという事件が発生します。近くにあった海底油田採掘用試作品住居「ディープコア」に、海軍の救出作業を補佐するよう指令が下され、コフィ大尉が率いる海軍特殊部隊と、ディープコアの設計者リンジーがやって来ます。
彼女はディープ・コアのリーダーであるパットの妻ですが、離婚間近でことあるごとに対立していました。そして座礁した原潜の救出作業が開始されますが、生存者はいませんでした。
折しも海上では台風が接近しつつあり、ディープコアは大波に備える必要がありましたが、謎の物体を敵と認識した海軍は安全性を無視し、コアの装備を勝手に使って核弾頭を回収します。そのため嵐の直撃を受けたディープ・コアは多大な被害を受けてしまいました。 この映画を無料で観る

【承】- アビスのあらすじ2

数人の犠牲者を出しつつ、なんとか被害を最小限にとどめたディープ・コアの乗組員でしたが、謎の物体が再び出現、被害状況を調べていたリンジーと接触します。最初はをバットや他の仲間たちも信じようとはしませんでした。しかし謎の物体は、水を操り彼らとコミュニケーションを試みます。
もはや深海に何か知性をもった正体不明の存在がいることを疑う余地はありません。コアの乗組員たちは相手と平和的に接触しようと主張しますが、コフィは反対します。
そんな中、コフィが原潜内から核弾頭を回収したことが発覚し、パッドたちと激しく対立します。潜水病とストレスからの緊張で狂気をおびていたコフィは、パッドたちに銃を突きつけた上、ディープ・コア近くの海溝で核弾頭を爆発させようという作戦を開始します。

【転】- アビスのあらすじ3

すぐ近くで核が爆発したら、ディープ・コアも無事では済みません。パッドは仲間たちとともに、コアの構造を生かして監禁場所から脱出、コフィを倒してコアの主導権を取り返します。
しかし、コフィは核弾頭を搭載した潜水艇で脱出します。パッドとリンジーも潜水艇で後を追い、激しいチェイスの末にコフィを倒しますが、時すでに遅く、核弾頭を搭載した無人艇は深海に向けて放出された後でした。
さらにチェイスによって破損した小型艇は行動不能になり、パッドとリンジーはディープ・コアまで戻れなくなります。唯一残された方法は、一個の酸素ボンベたけでディープ・コアまで泳いでいく方法しかありません。
リンジーはパッドに酸素ボンベを託し、自分は深海の冷温で仮死状態になることを選択します。必死の思いでパッドは力を失ったリンジーをコアに運び込み、蘇生作業を試みます。
最初、彼女の心臓は止まったままでしたが、パッドの必死の呼びかけに反応し、リンジーは無事に生き返ったのでした。

【結】- アビスのあらすじ4

残された問題は深海に沈んでいった核弾頭のみ。しかし、そこは膨大の水圧のかかる人類未到の地です。パッドは海軍の開発した新型潜水スーツを使って自ら海溝に潜っていくことを選択しました。
特殊な液体で肺まで満たすことで水圧に耐えられるスーツによって、声の出せないパッドは、小型キーパッドによってリンジーと会話しつつ、深海に潜っていきます。二度と再び地上に戻れないという覚悟でリンジーに別れを告げたパッドは、ついに核弾頭を発見し、無事に起爆装置の解除に成功します。
そして死を待とうとした時、彼の前に異星人が出現、自らの巨大宇宙船へと誘うのです。彼らはパッドとリンジーの通信を傍受し、二人が善良な人間であると理解していました。
一方、パッドを失い、悲しみにひたっていたリンジーとコアの仲間たちに、謎の通信が入ります。それは死んだと思われていたパッドからのものでした。さらに巨大な物体が深海から浮上し、ディープコアごと海上へと出現します。
呆然としつつ、外に出たリンジーたちの前に、パッドが無事に姿を現します。そして彼は、新たなる友人を紹介しようと言うのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アビス」の商品はこちら