「アポロ18」のネタバレあらすじ結末

SF映画

アポロ18の紹介:2011年制作。月面で襲われる宇宙飛行士の恐怖を描いたSFホラー作品。ティムール・ベクマンベドフが制作に参加し、ゴンサーロ・ロペス=ガィエゴが監督を務める。秘密裏に存在したとされる「アポロ18号」の謎をドキュメンタリータッチで映し出す。

予告動画

アポロ18の主な出演者

ベン・アンダーソン(ウォーレン・クリスティー)、ネイト・ウォーカー「ネイサン」(ロイド・オーウェン)、ジョン・グレイ(ライアン・ロビンズ)

アポロ18のネタバレあらすじ

【起】- アポロ18のあらすじ1

1969年、アポロ11号のアームストロング船長が月面に初めて立ちました。18から20号は予算削減のために中止されました。
1972年12月7日、アポロ17号が最後の月面に着陸をします。2011年、84時間のNASAの秘蔵映像がネットの片隅で見つかります。
司令船操縦士のジョンは、国防総省から任務の電話を受けます。表向きは無人飛行で、PSD5というレーダーを設置するのが目的です。レーダーはソ連の監視を行います。
ネイサン船長、ジョン、ベンはアポロ18号に乗って月へと向かいます。無事に発進し、切り離しにも成功します。ジョンは司令船に残り、他二人は小型の宇宙船で月面に着陸を果たします。ネイサンとベンは宇宙服を着て、月の南極へ一歩を踏み出します。
月面にレーダーの装置を置くと、ノイズの異常が発生しますが、二人は設置作業を続けます。設置が完了し、起動しようとしますが、周波数が変更されていることに気づきます。起動すると、またもやノイズが入ります。
ネイサンとベンが眠っていると、変な音がしてきて目が覚めます。発信源を突き止めることにして、PSD5の装置が干渉しているかどうか、トミーが国防総省に連絡して調べることにします。
翌朝、トミーはノイズの問題が解消したと報告してきます。その後、袋にしまったはずの月の石が、床に散らばっていることに気づきます。
ネイサンとベンが装置を作動させていると、月面に足跡があることに気づきます。自分たちのものではありませんでした。
足跡をたどっていくと、ソ連の宇宙船を見つけます。ソ連が来ているとは聞いていませんでした。宇宙船の周りを調べていると、どうも様子がおかしいです。中を覗くと真っ暗でした。
飛行士が錯乱したのか、中は滅茶苦茶で、システムはネイサンたちと同じでした。システムは作動し、酸素もありましたが、飛行士はいませんでした。
注意深く船内を調べていると、大量の血が見つかります。外のクレーターの中に、ベンは何かあるのを見つけます。ネイサンがその宇宙服の耐寒性では無理だと言いますが、深くないからとベンは調べに向かいます。
中は石ばかりで何もないと思いますが、そこにはヘルメットがとれて、ミイラのようになった飛行士の死体がありました。ベンが飛行士の体を触ろうとすると石が出てきます。
地球にいるトミーに連絡すると、ソ連は69年に延期したとだけ言ってきます。ネイサンは知っていたのだろと追求します。トミーは国防総省に連絡すると言います。

【承】- アポロ18のあらすじ2

翌朝、目覚めると外に立てた国旗が消えていました。ヒューストンに連絡して、監視カメラに何か映ってないか聞きます。
ベンはソ連の飛行士ではないかと思います。もう一人いるとすれば、12時間も外にいることになります。それは不可能だと考えられます。
情報部によると、ソ連の飛行士は一人だったと言います。装置の設置が完了したので、ネイサンとベンは帰還するようにと言われます。すると再びノイズが入ります。
発進しようとすると、衝撃が起こって、どこからか酸素が漏れていきます。隔離した後、ヒューストンと連絡がとれなくなります。そしてまた不気味な音が響いてきます。
ネイサンは隕石かもしれないと、外に調べに行きます。通信ができなければ、帰還することはできません。
隕石らしきものは見つからず、断熱材が損傷していることが分かります。ネイサンは再び足跡を見つけます。その大きさなどから、飛行士ではなく、地球外生命体だと判断します。
国旗はズタズタにされていました。アンテナは使えそうなので、再度通信をしようとします。
ネイサンが直そうとすると、宇宙服の中、そしてヘルメットに何かが入ってきます。叫ぶ彼の姿を見て、ベンが外に出ます。ネイサンは倒れていました。
ベンは呼吸の乱れているネイサンを宇宙船の中に連れて帰ります。気がついたネイサンでしたが、何があったのか覚えてない様子です。ジョンは連絡のとれない二人を心配して、トミーに連絡をとります。
ネイサンはベンに聞かれても、勘違いだった、覚えてないと言います。胸の下辺りから出血をしていて、ベンは何か固いものがあることに気づきます。
ベンが道具を使って取り出します。中から石が出てきて、動き出します。石はどこかへ行ってしまいます。

【転】- アポロ18のあらすじ3

外に行くと、PSD5の装置が破壊され、足跡が残っているのを見つけます。通信がきますが、ベンとネイサンは外を調べていました。
装置がなくなっているのを確認して二人は戻ります。ネイサンの傷口に菌が入り、化膿してしまいます。ベンはどう治療していいか困ります。
ヒューストンはデータだけが来ていると通信してきます。こちらから連絡はできず、復旧作業に務めているとヒューストンは言いますが、生命維持装置は後12時間で切れます。ネイサンの目がかなり充血してきて、吸い込まれるなどおかしな言葉を話し出します。
ネイサンは眠りにつき、ベンは助からないと諦めていきます。最悪、酸素の残ってるソ連の宇宙船に行くことを考えます。
ネイサンの感染は広がり、ベンはソ連の飛行士と同じだと判断します。ネイサンは急に目を覚まし、殺させはしないと言ってきます。ベンは助けようとしただけと言います。
ベンが眠っていると、ネイサンはカメラを壊し始めます。カメラには何か生物が動いているのが映し出されます。ベンはネイサンを止めようとします。
しかし、宇宙船の中は警報が鳴り続け、ベンはネイサンを連れてソ連の宇宙船に行きます。月の極秘情報も持っていきます。
向かっている途中、ネイサンは彼らが自分を待っていると言い出し、暴れだします。ベンが気づくと、ネイサンはいなくなっていました。月面車はこわれてしまいます。
ベンが歩いていると、ネイサンを見つけます。ネイサンは自分が助からないから、ベンだけソ連の着陸船で逃げろと言います。
ベンはネイサンを連れて行くと言います。ネイサンはクレーターの中に引きずりこまれていきます。
ベンが助けに向かうと、クレーターの中の石が生物のように動き出します。走って逃げたベンは、ソ連の着陸船に逃げ込みます。

【結】- アポロ18のあらすじ4

ベンが通信をすると、ソ連がつないでくれて、国防副長官と話しができます。国防副長官は危険を冒せないことから、帰還できないと言ってきます。
汚染されてないと訴えますが、家族には勇敢に死んだと伝えると、国防副長官は言ってきます。
ベンは録音した家族の通信を聞きながら、最後を迎えようとしていました。そこへジョンから連絡がきます。
ジョンは彼を助けるため、発進するように求めます。ドッキングが無理なので、軌道にのせた後、宇宙遊泳で乗り込むようにと指示します。
ベンが発進しようとすると、ネイサンが窓越しにやってきます。自分も連れて行くようにトンカチで窓を叩いてきます。
二人とも死んでしまうことから、ベンは無理だと訴えます。その後、ネイサンのヘルメットの中から、大量の生物が動き出します。窓際にネイサンの血が飛び散ります。
ベンが離陸をすると、ヒューストンからジョンに連絡がきます、もしも感染したベンを救えば、帰還させないとヒューストンは言います。
離陸したベンの船内に、月の石が多数浮かび上がります。ベンは地球外生命体に侵食されていき、ジョンに一人で帰るように告げます。ジョンはこのままでは衝突してしまうと訴えます。
ジョンはフロリダで訓練中に墜落死と発表されます。遺体は見つかっていませんでした。
ネイサンは飛行中の墜落死として発表されます。彼もまた遺体は見つかってないと報道されます。
ベンは上空を飛行中に事故死と発表されます。ベンの遺体も見つかっていません。
アポロ計画により、381キロの月の石が持ち帰られます。そのうちの数百は海外の首脳に贈られました。けれども、その多くは盗まれて、行方不明となっていました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、実写映像を交えている点とドキュメンタリータッチなのがリアリティを高めています。主観のカメラワークにより、目の前で起きてるかのように感じます。
今作は、恐怖を掻き立てている瞬間的な映像の演出が際立っています。突然映し出される飛行士の死体や、ヘルメットの中の地球外生命体など、怖いもの好きな人にはたまらないかと思います。
感染したネイサンの異常ぶりも凄まじく、月に行くことが怖くなる作品に仕上がっています。宇宙という未知の恐ろしさをよく表現している映画で、面白くなっています。

映画の感想を投稿する

映画「アポロ18」の商品はこちら