「アントマン」のネタバレあらすじ結末

SF映画

アントマンの紹介:2015年9月19日公開のアメリカ映画。体長1.5センチのヒーロー、アントマンの活躍を描くアクション。なにもかも失った男がある博士に見出され、アントマン・スーツを着用し、ヒーローとなるべく奮闘するさまを描く。

予告動画

アントマンの主な出演者

スコット・ラング〔アントマン〕(ポール・ラッド)、ホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)、ダレン・クロス〔イエロージャケット〕(コリー・ストール)、ルイス(マイケル・ペーニャ)、ゲイル(ウッド・ハリス)、ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)

アントマンのネタバレあらすじ

【起】- アントマンのあらすじ1

1989年、平和維持組織S.H.I.E.L.D.に所属するピム博士は、物体を分子レベルで縮小&拡大するピム粒子を開発しましたが、悪用の危険性に気づいたピムは、ハワード・スターク(アイアンマンの父)に辞表を出し去ります。
…現在。
不法侵入と重窃盗罪で3年の刑期を終えたスコット・ラングは、家庭を失います。元妻・マギーは警官・パクストンと婚約しました。
前科者のスコットに世間は冷たく、再就職したサーティワン(アイス店)も前科がばれてクビになり、娘・キャシーの誕生パーティも追い返されます。
養育費のため、同居仲間・ルイスの提案でスコットは老人富豪宅の金庫破りをしますが、中身はスーツとヘルメットです。 この映画を無料で観る

【承】- アントマンのあらすじ2

持ち帰ったスコットがスーツを着用して親指の横のスイッチを押すと、アリサイズに小さくなりました。
スコットはスーツを返しに行き、逮捕されます。弁護士を騙ってスコットに面会したのはスーツ開発の当人・ピム博士で、通報したのはピム博士の娘・ホープでした。
警備が厳重なヴィスタ社から窃盗したスコットの腕前に目をつけたピム博士は、スコットの仲間に噂を流して窃盗を仕向け、スコットをテストしたのでした。
ピム粒子を用いたスーツを作り、アント(アリ)マンとしてピム博士は、世界平和に貢献しました。
娘・キャシーと会う手筈をつける条件で、ピム博士はスコットに協力を仰ぎます。任務はアントマンになり窃盗することでした。

【転】- アントマンのあらすじ3

同じ粒子を開発したピム博士の弟子・ダレンが作ったイエロージャケットを盗み、軍に売るのを阻止するのがスコットの任務です。
ダレンの右腕として働くホープはピム博士の娘で、ジャケットの危険性を理解しますが、妻(母)の死後確執があり親子で衝突します。スコットは仲介に入り、2人は和解しました。
スコットは耳に装着し電磁波でアリを操作する技術と、スーツの操縦方法を練習します。
計画に必要な装置を盗みにスタークの倉庫に行ったスコットはファルコンと鉢合わせし、ファルコンのスーツの中から破壊して装置を奪取しました。
デイヴらの協力で給水本管から忍び込んだスコットはジャケットに辿り着きますが、ダレンに捕まります。 この映画を無料で観る

【結】- アントマンのあらすじ4

ピム博士とダレンとホープが三つ巴になりピム博士が被弾し、スコットは脱出します。爆破した会社は縮小装置で小さくなります。
イエロージャケットになったダレンはスコットの娘・キャシーを狙って戦い、トーマス機関車とアリが巨大化します。
ダレンのジャケットに入ったスコットは、亜原子レベルになり破壊しました。量子世界に吸収されかけますが、娘・キャシーを強く思い生還しました。
キャシーは巨大アリを飼い、スコットはホープといい仲になります。
(エンド途中)ピム博士、女性用先進プロトタイプスーツをホープに見せる
(エンド後)キャプテン・アメリカに「いい奴がいる」とファルコンが言う
「アントマンは再び戻ってくる」

みんなの感想

ライターの感想

『アベンジャーズ』『アイアンマン』などの世界観を共有する映画作品群、《マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)》。この『アントマン』も、そのMCUシリーズ1つです。実は、アントマンは原作ではアベンジャーズの初期メンバーでした。
2012年の映画『アベンジャーズ』では強大な敵としてヒーロー達に立ちはだかったロキですが、原作で彼を倒したのは、なんとアントマンとそのトモダチの蟻さんだったのです。しかも、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で最大の敵となる《ウルトロン》を生み出してしまった人物は、映画ではトニー・スターク(=アイアンマン)となっていましたが、原作では初代アントマンであるハンク・ピム博士でした。
2018年にアベンジャーズシリーズの3作目『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の制作も決定していますし、2016年公開予定のMCUシリーズ『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』にアントマンが参戦することは確定しています。それらの映画では原作通り重要なポジションを与えられるのでしょうか。期待が膨らむところです。

ライターの感想

エドガーライトというイギリスの脚本家は、昔からアントマンの大ファンで、彼が、2013年にマーベルコミックにアントマンの映画化を提案。そしてアントマンについて脚本をかき俳優のキャスティングもして撮影に入る予定でした。
しかし、ディズニーと制作上折り合いがつかなくなり、結局2014年に彼はアントマンの脚本家をおりています。
でも、彼のアイデアは多少いかされているし、クレジットにも名前は残ったままになっています。

映画の感想を投稿する

映画「アントマン」の商品はこちら